光回線のおすすめ4選

無線LANカードとは?価格は?購入とレンタルどっちがいいかまで解説!

無線LANカードはインターネットの利便性を高めるアイテムですが、種類ごとに利用する用途が異なります。無線LANカードは某光回線サービスでWi-Fiを利用するアイテムと捉えるのが一般的ですが、必要であるかは人それぞれの考え方や状況で変わります。

 

ここでは、無線LANカードの使い道や利用料金を解説しています。他の無線LANカードと呼ばれるアイテムも触れるので、回線環境の快適化を図ろうと思っている人はぜひご覧ください。

無線LANカードの仕組み

無線LANカードと呼ばれるアイテムは3種類あり、それぞれ利用用途が異なります。

 

無線LANカードと呼ばれるアイテムは3種類

無線LANカードと呼ばれるアイテムは以下の3種類あります。

 

・フレッツ光の無線LANカード

・デバイスに挿す無線LANカード

・パソコンのマザーボードに組み込む無線LANカード

 

フレッツ光の無線LANカードはWi-Fiを飛ばす機器で、パソコンに接続する無線LANカードは飛んでいるWi-Fiを受信する機器です。

 

フレッツ光の無線LANカード

3種類のなかでもっとも一般的なのはフレッツ光の無線LANカードです。フレッツ光の無線LANカードは、レンタルで提供されるホームゲートウェイに差し込むとWi-Fiを飛ばしてくれます。

フレッツ光を契約してWi-Fiを使う場合、一部の例外を除いて無線LANカードをレンタルするか、家電量販店やAmazonで家電量販店を購入しなければいけません。つまり、フレッツ光の無線LANカードは、フレッツ光でWi-Fiを使うツールの1つというわけです。

 

デバイスに挿す無線LANカード

パソコンに挿す無線LANカードはフレッツ光の無線LANカードと形状が似ていますが、利用する目的はまったく違います。

フレッツ光の無線LANカードはホームゲートウェイに差し込んでWi-Fiを飛ばす機器でしたが、パソコンに挿す無線LANカードは周りに飛んでいるWi-Fiを受信する機器です。

※パソコンに挿す無線LANカードの利用イメージ。

 

しかし、今は無線LANカードの差し込み口を搭載したデバイスが販売されておらず、Wi-Fiを受信するならUSBポートに無線LAN子機を挿す方法が一般的になりました。現在はほとんどのメーカーがパソコンに挿す無線LANカードの製造を終了しているので、使う機会はありません。

 

パソコンのマザーボードに組み込む無線LANカード

マザーボードに組み込む無線LANカードは、パソコンを自作するときや改造するときに活用できるアイテムです。

 

マザーボードに組み込む無線LANカードも周りのWi-Fiを受信するアイテムです。しかし、パソコンに挿すタイプと違って本体のなかにあるマザーボードのPCIスロットに差し込んで使います。

※囲っている箇所がマザーボードのPCIスロット(位置はマザーボードの種類によって異なります)。ちなみに、上記のマザーボードはデスクトップパソコン向けです。

 

マザーボードに組み込む無線LANカードはパソコンの内部で利用するので、パソコンを自作するときに利用するのが一般的です。

 

Wi-Fiに未対応のノートパソコンに無線LANカードを組み込む方法や、無線LANアダプタを交換して通信速度を向上させる方法もありますが、誤って壊れてしまっても自己責任になるのでおすすめできません。

 

AIR-EDGEは無線LANカードではない

過去にさまざまなプロバイダが提供していたAIR EDGEは無線LANカードと形が似ていますが、機能はまったく違います。

 

AIE-EDGEはパソコンに挿せばPHS用の回線を使ってインターネットに接続できるアイテムです。

 

パソコンにAIR-EDGEを挿しても周りに飛んでいるWi-Fiは受信できません。

 

ちなみに、AIR-EDGEは通信速度が最大512Kbpsの旧型サービスなので、ほとんどのプロバイダがサービスの終了を予定しています。

 

無線LANカードと無線LANルーターの違い

無線LANカードと無線LANルーターの違いは、どの種類の無線LANカードと比べるとかで変わります。

 

フレッツ光の無線LANカードと無線LANルーターの違い

フレッツ光の無線LANカードと無線LANルーターはどちらもWi-Fiを発信する機器なので、役割は同じといえます。しかし、仕組みに若干の違いがあります。

 

フレッツ光の無線LANカードは、ホームゲートウェイに差し込まなければWi-Fiを飛ばせません。無線LANルーターは単体でWi-Fiを飛ばせます。

 

パソコンに挿す無線LANカードと無線LANルーターの違い

パソコンに挿す無線LANカードと無線LANルーターは、Wi-Fiを使ううえでの役割が違います。

 

パソコンに挿す無線LANカードは周りに飛んでいるWi-Fiを受信してインターネットに接続するツールです。無線LANルーターはインターネット回線をもとにWi-Fiを飛ばす機器です。

 

パソコンに挿す無線LANカードを使って自宅からインターネットに接続するには、インターネット回線を導入して無線LANルーターを置かなければいけません。

 

マザーボードに組み込む無線LANカードと無線LANルーターの違い

マザーボードに組み込む無線LANカードもパソコンに挿す無線LANカードと同じ役割していて、周りに飛んでいるWi-Fiを受信してインターネットに接続してくれるアイテムです。

 

無線LANルーターはWi-Fiを発信する機器なので、マザーボードに無線LANカードを組み込んだパソコンにとって必要不可欠な存在といえます。

 

無線LANカードの必要性

無線LANカードが必要なのかは、種類や考え方で変わります。とくに、フレッツ光の無線LANカードが必要なのかはよく考える必要があります。

 

フレッツ光の無線LANカードの必要性は人それぞれ

フレッツ光の無線LANカードが必要なのかは、人それぞれの考え方とひかり電話を利用するかで変わります。

 

フレッツ光の無線LANカードはスマホをWi-Fiに接続した場合で最大866Mbps、パソコンをWi-Fiに接続した場合で最大1.3Gbpsまでの速度が出せる高性能なアイテムです。

 

電波が飛ぶ範囲も広く、2階の戸建てや3LDKのマンションであれば満遍なくWi-Fiが届くので、無線LANアイテムとしての性能は申し分ありません。

 

しかし、3階の戸建てや4LDKのマンションといった拾い家に住んでいる場合は、市販で無線LANルーターを購入する方法と比較しなければいけません。3階建ての戸建てや4LDKのマンションで無線LANカードを使うと、Wi-Fiが届かないスペースができるからです。

 

といっても、無線LANカードを使用して電波が届かないスペースがあったとしても、家電量販店やAmazonで中継器を買えば問題を対処できます。無線LANカードは有料レンタルで利用するので、1度使ってみて性能に不満を感じれば解約して、市販のルーターを購入する方法もあります。

 

無線LANカードを使うべきなのかは、固定電話が必要と感じているかにも左右されます。後で説明しますが、東日本ではひかり電話に加入しないと無線LANカードが利用できません。

 

西日本もひかり電話に加入しないと無線LANカードの利用コストが高くなるので、固定電話を使う予定がない人も市販で無線LANルーターを購入したほうがお得になります。ひかり電話に加入するつもりがある人や、すでに加入している人なら、無線LANカードを利用するコストが安いのでレンタルしてみる価値があります。

 

パソコンに挿す無線LANカードは必要性がない

パソコンに挿す無線LANカードは必要性がまったくないと思っていいでしょう。ほとんどのメーカーは無線LANカードの販売を終了しているうえに、中古で販売されている製品を見つけても性能が低いからです。

 

また、無線LANカードが挿せるパソコンも見かけなくなりました。Wi-Fiに対応していないパソコンで無線接続が使いたい場合は、無線LANカードではなくUSBポートに挿す無線LAN子機を選びましょう。

 

マザーボードに組み込む無線LANカードは自作パソコン向け

マザーボードに組み込む無線LANカードは、自作したパソコンでWi-Fi接続を利用したい人向けのアイテムです。Wi-Fi接続を利用したい人がパソコンを自作するときは、マザーボードに組み込む無線LANカードを使わなければいけません。

 

自作したパソコンはデスクトップタイプになるので、有線接続しか利用するつもりがない人もいると思います。有線接続しか利用しない場合は、わざわざマザーボードに無線LANカードを取り付ける必要がありません。

 

無線LANカードを手に入れる方法

無線LANカードを手に入れる方法は、無線LANカードの種類ごとに違います。フレッツ光の無線LANカードはレンタルして利用する方法が一般的ですが、他の種類は市販購入しかできません。

 

フレッツ光の無線LANカードはレンタルか市販購入

フレッツ光の無線LANカードは基本的に有料オプションとしてレンタルするのが一般的ですが、利用料金は東日本と西日本に住んでいるかと、ひかり電話に加入しているかで変わります。

 

無線LANカードだけの月額料金は東日本で300円、西日本で100円です。

 

「フレッツ光 無線LANカードの月額料金」

エリア東日本西日本
ひかり電話有ひかり電話無ひかり電話有ひかり電話無
無線LANカードの月額300円利用不可100円100円
ひかり電話の月額500円500円0円
ホームゲートウェイレンタル料金0円0円250円
合計月額料金800円600円350円

※集合住宅でフレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ以外の品目を利用して、レンタルで提供されるひかり電話対応機器を使っている場合は別途450円かかります。

 

しかし、東日本ではひかり電話に加入しなければ無線LANカードがレンタルできません。東日本に住んでいて固定電話が必要ない人が無線LANカードを利用すると、合計で800円の月額を支払わなければいけません。

(なお、東日本では利用する品目がフレッツ 光ネクスト ギガファミリータイプかギガマンション・スマートタイプになると、無線LANカードをレンタルせずにWi-Fiが利用できます)

 

西日本では、ひかり電話に加入していなくても無線LANカードが利用できホームゲートウェイをレンタルできます。しかし、ホームゲートウェイのレンタル料金をあわせると、合計の350円の月額を支払わなければ無線LANカードを利用できません。

 

東日本に住んでいて固定電話が必要ない人からすると、無線LANカードをレンタルするコストは月額800円なので高く感じるかもしれません。西日本に住んでいて固定電話が必要ない人から見ても、350円の月額料金は余分なコストと感じる可能性があります。

 

ホームゲートウェイの月額が高く感じると、無線LANカードの市販購入を検討したくなりますよね。Amazonではフレッツ光の無線LANカードが6,980円からで販売されています。しかし、市販で無線LANカードを購入しても、東日本ではひかり電話に加入しなければ機能しません。西日本でもホームゲートウェイをレンタルしなければ使い道がありません。

 

ですので、固定電話が必要ない人は、市販で無線LANルーターを購入したほうが無難です。

レンタルした無線LANカードは解約時の返却が必須

フレッツ光の無線LANカードはオプションサービス扱いなので、契約していれば好きなときに下記の窓口に連絡してレンタルできます。無線LANカードの解約も下記の窓口で可能です。

 

フレッツ光 サービス窓口(東日本・西日本共通)
0120-116116

営業時間:9時~17時

 

しかし、解約するときは、無線LANカードを返却しなければいけません。無線LANカードの返却は、上記の窓口で手続きをしてから送付されるキットを利用します。キットに無線LANカードを入れて発送すれば返却手続きは完了です。

 

解約してから無線LANカードを返却しないと弁済金が請求されるので、送り忘れをしないように気をつけてください。無線LANカードの返却はフレッツ光自体を解約するときも必要なので、忘れないように注意してください。

 

パソコンに挿す・マザーボードに組み込む無線LANカードは市販購入のみ

パソコンに挿すタイプとマザーボードに組み込むタイプの無線LANカードを手に入れる方法は、家電量販店やAmazonでの市販購入のみになります。ただ、パソコンに挿すタイプの無線LANカードは出回っている数が少ないので、Amazonでしか購入できない可能性が高いです。

 

マザーボードに組み込むタイプの無線LANカードも、自作用のパソコンパーツを取り扱っている量販店でなければ手に入りません(ソフマップやドスパラ、パソコン工房など)。

 

パソコンに挿すタイプとマザーボードに組み込むタイプのどちらも2,000円代で購入できます。

 

まとめ

無線LANカードとは、フレッツ光でWi-Fiを利用するアイテムと考えるのが一般的です。フレッツ光ではホームゲートウェイに無線LANカードを差し込んでWi-Fiが利用できます。

 

しかし、無線LANカードを使うべきなのかは、光電話も必要なのかで変わります。東日本ではひかり電話に加入しなければ無線LANカードが利用できず、西日本もホームゲートウェイをレンタルしなければ使えないからです。

 

無線LANカードを市販で購入してもひかり電話やホームゲートウェイの利用料金がかかるので、ひかり電話が必要ない人は無線LANルーターの市販購入を検討してみましょう。

 

パソコンに挿してWi-Fiを受信するカード型の機器や、マザーボードに組み込んでWi-Fiを受信するアイテムと無線LANカードと呼ばれています。といっても、パソコンに挿してWi-Fiを利用する無線LANカードは製造が終了しているうえに性能が低いので必要性はありません。

 

マザーボードに組み込む無線LANカードは、自作したパソコンでWi-Fiが使いたい場合に必要になります。