光回線のおすすめ4選

VDSLのモデムが故障した場合の対処法!自分で購入して交換できる?

VDSL方式を利用していて通信状態が不安定になると、モデムが故障したのか不安になりますよね。

 

モデムはVDSL方式を使ううえで不可欠な機器で故障するとインターネットが使えなくなりますが、通信状態が安定しない原因は他にも考えられます。VDSLモデムが故障したと断定できれば、サポート窓口に連絡しましょう。

 

ここではVDSLのモデムが故障したときの対処法を解説していきます。インターネットに接続できなくて悩んでいるVDSLユーザーの人はぜひご覧ください。

VDSLのモデムの仕組み

VDSLモデムはVDSL方式で光回線を利用するときに不可欠な機器で、パソコンやスマホをインターネットに接続させる役割をしています。

 

VDSLモデムはアナログ信号をデジタルに変換する

VDSL方式でインターネットを利用するには、アナログ回線を介して光回線から受信する信号をデジタルに変換しなければいけません。VDSLモデムはデバイスをインターネットに接続させるために信号をデジタルに変換する働きをします。

 

VDSL方式ではモデムがなければインターネットを利用できません。VDSL方式を契約すると、必ずモデムが貸し出されます。どの回線事業者でVDSL方式を契約しても、VDSLモデムの利用料金は無料なのは気にする必要はありません。厳密には月額料金にVDSLモデムのレンタル料が含まれています。

 

VDSLモデムに無線LAN機能はない

光配線方式の光回線を契約する場合、無線LAN機能が搭載されたONUが貸し出される場合があります。VDSLモデムには無線LAN機能が搭載されていないので、VDSL方式でWi-Fiを利用するには無線LANルーターを用意する必要があります。

 

無線LANルーターを用意するときは市販品を購入するのが一般的ですが、契約している回線事業者から有料でレンタルすることも可能です。

 

VDSLモデムが故障したかを確認する方法

VDSLモデムが故障しているかは、以下3つの方法で確認できます。

 

  • VDSLモデムを再起動させる
  • 有線でデバイスとVDSLモデムをつないで通信状態を確認する
  • VDSLモデムのランプを確認する

 

VDSLモデムを再起動させてもインターネットが利用できない場合、ランプの点灯状況を見てみましょう。

 

最初にVDSLモデムを再起動させてみる

インターネットがつながらないときは、最初にVDSLモデムを再起動させてみましょう。VDSLモデムを長く使っていると、不具合を起こして通信状態が不安定になるときがあります。VDSLモデムの不具合は再起動させると解消される場合が多いです。

 

無線LANルーターやデバイスが不具合を起こしている可能性もあるので、VDSLモデム以外の周辺機器やデバイスも再起動させておきましょう。再起動をさせてインターネットが利用できるようになるパターンは意外とよく見かけます。

 

VDSLモデムに有線で接続して通信状態を確認してみる

Wi-Fiを利用している場合だとVDSLモデムではなく、無線LANルーターが故障している可能性もあります。Wi-Fi環境下で再起動を試してもインターネットが使えない場合、有線でデバイスとVDSLモデムをつないで通信状態を確認してみましょう。

 

デバイスとVDSLモデムを有線でつないでインターネットが利用できれば、無線LANルーターに問題があります。

 

VDSLモデムのランプの点灯状況を確認してみる

再起動を試してもインターネットを利用できない場合は、VDSLモデムのランプの点灯状況を見てみましょう。機種ごとに違いはありますが、VDSLモデムには以下5種類のランプがあります。

 

  • LINK(LINEと表記されている場合あり)
  • RX
  • TX
  • LAN
  • POWER

 

LINKランプが消灯や点滅している場合はインターネットが接続できない状態なので、契約している回線の事業者やプロバイダに連絡して障害が起きていないか確認してみましょう。LINKランプが消灯しているのに回線やプロバイダに障害が起きていない場合、VDSLモデムが故障している可能性があります。

 

POWERランプが付いていない場合は電源が入っていないので、VDSLモデムのコンセントが差し込んであるか確認してください。コンセントが差し込まれているのにPOWERランプが点灯しないのであれば確実に故障なので、回線事業者のサポート窓口に連絡して交換を依頼しましょう。

 

他のランプの挙動がおかしいときは、VDSLモデムや無線LANルーター、デバイスを再起動させれば問題を解消できる場合が多いです。

 

VDSL方式を契約して間もなければ設定の再確認を

VDSL方式で光回線を契約してまだ間が経っていない場合、設定に間違いがないか確認してみましょう。設定する際に入力したIDやパスワードを間違えてインターネットに接続できないパターンは意外とよく見かけます。

 

VDSLモデムが故障した場合の対処法

VDSLモデムが故障したときは、すぐに交換の依頼をしましょう。VDSLモデムを交換する手順は難しくありませんが、設定で入力したIDとパスワードを知っておく必要があります。

 

交換するときは契約書類を用意しておく

VDSLモデムを交換するときは、契約したときに回線の事業者やプロバイダから送られてきた書類をそばに置いておきましょう。VDSLモデムを交換するときは、再度設定をする必要があるからです。

 

設定をするときは契約書類に記載されたIDとパスワードが必要になります。契約書類が見当たらない場合、契約している回線事業者やプロバイダに連絡して書類を再発行してください。

 

①契約している回線事業者に連絡する

VDSLモデムを交換するときは、最初に契約している回線の事業者に連絡してください。主要の回線事業者のサポート窓口の電話番号を表にまとめたので、VDSLモデムが故障したときは活用してください。

 

「主要回線事業者のサポート窓口一覧」

回線事業者電話番号・受付時間
フレッツ光(東日本)0120-000113

24時間受付

フレッツ光(西日本)0120-248995

24時間受付

ドコモ光ドコモの携帯から:113

一般電話などから:0120-800-000

24時間受付

ソフトバンク光0800-111-2009

10時~19時

ビッグローブ光0120-68-0962

(IP電話からは03-6328-0962)

9時~18時

OCN光0120-047-540

24時間受付

So-net光0120-80-7761

9時~21時

@nifty光0570-03-2210

03-5860-7600

10時~19時

auひかり契約しているプロバイダへ連絡する。
コミュファ光0120-086-538

24時間受付

eo光0120-919-151

9時~21時

Pikara0800-100-3810

平日:9時~21時

休祝日:9時~19時

MEGA EGG0120-050-157

10時~19時

BBIQ0120-986-016

9時~20時

 

サポート窓口に連絡するときはスタッフが交換意外の対処法を教えてくれますが、すでに試した方法を提案された場合はすでに行った旨を伝えてください。

 

提案したすべての対処法を試しても問題が改善されないことをスタッフが確認すれば、交換の申し込みを進められます。

 

②新しいVDSLモデムを送ってもらう

サポート窓口で交換の申し込みをすれば、最短で翌日から翌々日に新しいVDSLが送られてきます。

 

交換を依頼せずにAmazonなどで販売されているVDSLモデムを購入する方法もありますが、市販製品は利用している回線に対応しているのかが不透明なのでおすすめできません。

 

ショッピングサイトで運良く契約している回線に対応したVDSLモデムを見つける場合もありますが、使用済み製品である場合が多いので、新しいモデムを長く使いたいであればサポート窓口に交換を依頼しましょう。

 

③新しいVDSLモデムを接続する

新しいVDSLモデムが届けば、さっそく設置しましょう。VDSLモデムの設置方法は簡単で、ケーブルを使ってモジュラージャックに接続するだけです。

 

※VDSLモデムの接続イメージ。

 

交換を依頼するときに申請をすれば、業者にVDSLモデムの取りかえをしてもらえますが、経年劣化でない限り5,000円以上の費用がかかります。交換方法は難しくないので、自分で取りかえたほうが無難です。

 

④接続設定をやり直す

VDSLモデムの接続が終われば、回線事業者によって再設定をする必要があります。フレッツ光や光コラボを契約している場合、回線に接続しているデバイスのブラウザで専用ツールを起動します。VDSLモデムに市販の無線LANルーターを利用している場合、ルーターの専用ツールからでも設定が可能です。

 

専用ツールを起動すると設定画面が表示されるので、プロバイダから発行されたIDとパスワードを入力してください。以上で再設定は完了です。

 

回線事業者の専用ツールを起動すると、機器設定用パスワードの初期設定が必要な場合があります。パスワードは好きな文字にできますが、設定を変えるときに必要なのでメモに控えておきましょう。

 

フレッツ光や光コラボ以外の回線でも、設定の基本的な流れは同じです。

 

⑤故障したVDSLモデムを返却する

VDSLモデムの交換と再設定が終われば、故障したモデムを返却してください。

 

故障したVDSLモデムの返却方法は事業者ごとに少し異なりますが、郵送する点は共通しています。異なる点は故障したVDSLモデムの梱包方法です。フレッツ光や光コラボでは送付される回収キットに梱包します。その他の回線事業者を契約している場合、契約した当時にVDSLモデムが梱包されていた箱を利用します。

 

AmazonなどでVDSLモデムを購入して対処した場合は、解約するまで故障したモデムを返却する必要はありません。