光回線のおすすめ4選

無線LANと有線LANは併用できる?速度に影響が大きい?!

複数のデバイスを持っていると、無線LANと有線LANを併用したいと思いますよね?1つのパソコンで無線LANと有線LANを同時に使えないか気になっている人もいるのではないでしょうか?

 

無線LANと有線LANは併用できますが、意味あいが少し異なるので注意しなければいけません。また、同時に接続する台数が多いと通信速度に影響が出るので注意しなければいけません。

 

ここでは、無線LANと有線LANは併用できるのか詳しく解説していきます。デバイスの種類ごとに接続方式を使い分けたい人はぜひご覧ください。

1つのデバイスで無線LANと有線LANは併用できるのか

パソコンを持っていると無線LANと有線LANの併用ができると思うものです。併用ができるという解釈に間違いはありませんが、併用の意味が少し違います。

 

無線LANと有線LANは使い分けができると捉えるべき

無線LANに接続した状態のパソコンを有線でルーターとつなぎ、画面右下の接続設定アイコンをクリックすると両方の形式でネットに接続している状態だと表示されます。

 

 

しかし、コントロールパネルで通信状態を見てみると、有線接続しかしていないことがわかります。

 

 

つまり、無線LANと有線LANの両方に同時接続する方法での併用はできないわけです。(ちなみに、パソコンを無線LANと有線LANの両方に接続すると、自動的に通信状態が安定しやすい形式を利用する習性があります)

 

有線接続をしておけば無線LANとの切り替えができる

上記の仕組みを見ると、無線LANに接続したパソコンをわざわざ有線でルーターとつなぐ必要がないと思いますよね?しかし、常に有線でパソコンとルーターをつないでおけば、設定画面を開いてワンクリックで無線LANと有線LANの切り替えができます。

 

簡単に切り替えができる状態にしておけば、ネットサーフィンをするときは無線LANを、容量が大きいファイルを送るときは有線LANを使うといった切り替えがスムーズにできるので、用途にあわせて接続方式を変えたい人にはおすすめです。

 

別々のデバイスで無線LANと有線LANの併用はできるのか

1台のデバイスで無線LANと有線LANの同時併用はできませんが、複数のデバイスを持っていれば話は変わってきます。

 

別々のデバイスを使って無線と有線の併用は可能

複数のデバイスを持っていれば1つのデバイスは無線LAN、もう1つのデバイスは有線LANといった感じの同時併用が可能になります。ただ、無線LANルーターにLANポートが付いていなければ同時併用はできないので気をつけてください。

 

 

別々のデバイスで無線LANと有線LANを併用するメリット

デバイスごとに無線LANと有線LANを使い分けて併用するメリットは、デバイスの用途別に接続方式を割り振れる点です。

 

無線LANと有線LANを併用できる環境を作れば、ネットサーフィンをメインで利用するデバイスでは無線を、大容量のデータ送信やオンラインゲームを行うデバイスで有線をいった感じの割り振りが可能になります。

 

回線契約が1つだけでも複数のデバイスで無線LANと有線LANが併用でき、追加料金がかからない点もポイントです。

 

別々のデバイスで無線LANと有線LANを併用するデメリット

デバイスごとに無線LANと有線LANを使い分けるデメリットは以下の2点です。

 

・契約している回線の種類によっては通信速度が遅くなる

・ルーターのキャパシティを超えると通信速度が遅くなる

 

インターネットに同時接続できるデバイスの台数は回線の種類ごとに違います。

 

「光回線サービス別の同時接続台数」

サービス種別最大同時接続台数
フレッツ光・光コラボ無線限
auひかり6台
NURO光提供されるONUで変動する
eo光無制限

 

フレッツ光や光コラボ、eo光は無制限と公表しているので何台でも同時接続できるように思えます。しかし、10台以上のデバイスを同時に接続すると通信速度が低下する可能性があるので気は抜けません。

 

ルーターに同時接続できるデバイスの台数にも注意しなければいけません。無線LANルーターは種類ごとに同時接続できるデバイスの台数が限られています。

 

 

同時接続できるデバイスが10台までのルーターに11台のデバイスをつなぐと通信速度が低下するか、通信ができない状態になってしまいます。

 

別々のデバイスで無線LANと有線LANを併用する方法

デバイスごとに無線LANと有線LANを併用する方法は簡単に行えます。ただ、ルーターにルーターをつなぐ方法は通信状態が不安定になるので避けるべきです。

 

LANポートが付いた無線LANルーターを用意する

無線LANと有線LANを併用するときは、最初にLANポートがついた無線LANルーターを用意しましょう。装備されているLANポートの数は種類ごとに違うので、有線LANを利用するデバイスの台数にあわせてルーターを選んでください。

 

すでにLANポートが付いた無線LANルーターを設置している人は、今の環境で無線LANと有線LANを併用できます。

 

ONUにルーターをつなぐ

無線LANルーターを購入すればONUに接続しましょう。無線LANルーターをONUにつなぐときの設定方法は契約している回線の種類で異なります。

 

フレッツ光や光コラボを契約している場合、デバイスをルーターに接続してから設定ツールを起動してユーザー名とパスワードの入力が必要な場合があります。入力するユーザー名とパスワードはプロバイダから発行されたものです。

 

その他の光回線を契約していると、ルーターをONUに接続して設定が完了する場合があります。

 

すでに有線接続も利用できる無線LANルーターを設置している場合は、設定をする必要はありません。

 

無線LANルーターとONUをつなぎ設定が完了すれば、従来通りデバイスをルーターに接続するだけです。

 

ルーターにルーターをつなぐ方法はおすすめできない

すでに有線LANルーターを利用している人は、無線LANルーターを追加で設置すればいいと思いますよね?しかし、有線LANルーターに無線LANルーターをつなぐと、無線LANの通信速度が落ちるのでおすすめできません。

 

ONUと無線LANルーターの間に有線LANルーターを挟むと、ONUから無線LANルーターまで情報が伝送される時間が長くなるからです。ONUと有線LANルーターの間に無線LANルーターを挟んでも、有線LANの速度が低下します。

 

なので、ONUに接続するルーターは1台だけにしてください。

 

おすすめの無線LANと有線LANの使い分け方

最後にデバイス別に無線LANと有線LANのどちらを使うべきか見てみましょう。

 

デスクトップパソコンは有線LAN・ノートパソコンは無線LAN

複数のパソコンを持っている場合、デスクトップパソコンを有線LANに、ノートパソコンを無線LANへといった感じの使い分けがおすすめです。

 

デスクトップパソコンは模様替えをしない限り置き場所が変わらないので、有線LANだけで利用しても不便に感じません。ノートパソコンは自宅のさまざまな場所で利用できるアイテムなので、無線LANに接続したほうが便利です。

 

オンラインゲームは有線LANがおすすめ

オンラインゲームで遊ぶためにゲーム機をインターネットに接続するなら有線LANを使いましょう。

 

無線LANの電波は状態が安定しにくいので、オンラインゲームで利用すると遅延が起きやすくなります。有線LANは通信状態が安定しやすいので、オンラインゲームで利用しても遅延が起きません。

 

スマホやタブレットは無線LAN

スマホやタブレットは無線LANでの接続がおすすめです。スマホやタブレットを使う用途はネットサーフィンがメインだからです。無線LANはオンラインゲームで利用すると遅延を感じる方式ですが、ネットサーフィンをする分には十分快適です。

 

無線LANと有線LANを併用したい人におすすめのルーター

無線LANと有線LANを併用するときは、導入するルーター選びが大切です。無線LANと有線LANの併用におすすめのルーターを見てみましょう。

 

Buffaloの定番モデルWHR-1166DHP3

 

無線LANと有線LANを併用したいと思ったときは、最初にBuffaloの定番モデルWSR-1166DHP3をチェックしてみましょう。WSR-1166DHP3は無線LANの最大速度が866Mbps、有線LANの最大速度が1Gbpsなので、無線と有線を併用したい人にもおすすめです。

 

LANポートの数も4つあるので、有線LANを利用するデバイスが複数あっても安心です。

 

より通信速度が優れたELECOMのWRC-1900GHBK-S

 

無線LANの速度も最大1Gbpsに対応させたい人は、ELECOMのWRC-1900GHBK-Sがおすすめです。WRC-1900GHBK-Sを使えば最大1300Mbpsまでの速度に対応した無線LANが使えるからです。

 

有線LANも最大1Gbpsに対応しているので、無線LANと有線LANどちらの速度も求めたい人には適しています。

 

ゲーム向けのNETGEAR製Nighthawk R7800-100JPS

 

オンラインゲームをするために無線LANと有線LANを併用するなら、NETGEAR製のNighthawk R7800-100JPSを検討してみましょう。

 

Nighthawk R7800-100JPSはオンラインゲームに特化したルーターで、限りなく遅延がない状態にしてくれる優れものです。無線LANの最大速度も1733Mbpsと高速なので、1Gbps以上のスピードが出せるNURO光やauひかりの回線との相性も抜群です。

 

値段は他のルーターと比べて高めですが、コストをかけた分の性能を実感できます。

 

まとめ

1つのデバイスで無線LANと有線LANの同時併用はできませんが、別々のデバイスを使った同時併用はできます。ただ、10台以上のデバイスを同時にインターネットにつなぐと通信速度が遅くなるので使い過ぎは禁物です。

 

無線LANと有線LANを併用してデバイスの台数が増える場合は、スペックが高いルーターを導入しましょう。