光回線のおすすめ4選

ピカラ光の引越し時の手続きガイド!解約はお得か工事費用/キャンペーンを踏まえ解説!

ピカラ光を利用しているなかで引越しの予定が入ると、どんな手続きをすればいいのかわからず困りますよね。

 

ピカラ光は移転に対応しているので、引越し先が提供エリアであれば契約を続けられます。引越し先がピカラ光の提供エリア外だと他の光回線に乗り換えなければいけませんが、費用を抑える方法があるので安心してください。

 

ここではピカラ光の契約中に引越しする際の手続き方法を解説していきます。引越しを控えているピカラ光ユーザーの人は、ぜひご覧ください。

目次

ピカラ光の引越し時の契約の扱い

ピカラ光を利用している場合、引越し先が提供エリア内であれば解約する必要がありません。ピカラ光は移転手続きに対応していて、引っ越してからも契約を継続できるからです。

 

ピカラ光では契約の継続が可能

引越し先がピカラ光の提供エリア内であれば、移転の手続きをして契約の継続が可能です。移転手続きをすれば解約扱いにはならないので、違約金が請求されません。しかし、工事費用がかかる可能性があるので、申し込む前に確認しておきましょう。

 

移転を申し込む場合の費用

移転を申し込む場合、引越し先の工事費は基本的に無料となっています。ただ、退去する家で行われる撤去工事の費用は作業内容で変わります。

 

「戸建てでの撤去工事の内容と費用」

撤去工事の内容費用
屋内残置宅内配線と端末設備のみ撤去。引込線と光コンセントは残置。無料
軒下残置宅内配線と端末設備を撤去し、引込線は軒下に丸めて残置。5,000円
全撤去すべての設備を撤去。10,000円

 

「マンションでの撤去工事の内容と費用」

撤去工事の内容費用
屋内残置宅内配線と端末設備のみ撤去。引込線と光コンセントは残置。無料
全撤去すべての設備を撤去。10,000円

 

宅内配線や端末設備だけの撤去になれば費用はかかりません。宅内の配線や端末設備だけでなく、屋外の引込線まで撤去すると5,000円から10,000円もの費用がかかります。

 

賃貸の住居から引っ越す場合、引込線線を残せるかは大家さんや管理会社の判断に委ねられます。大家さんや管理会社から許可が出なければ、宅内設備や引込線をすべて撤去しなければいけません。

 

持ち家から退去する場合も、管理会社に連絡して引込線の撤去が必要か確認しておきましょう。

 

ピカラ光は引越し時に解約すべきか

引越し先でピカラ光を使う続けるべきなのかは撤去工事費を許容できるかと、移転先が提供エリア内かで変わります。撤去工事費を許容できないのであれば、他社回線への乗り換えを検討してみましょう。

 

引越し先がピカラ光の提供エリア外であれば、他社へ乗り換えるしかありません。

 

撤去工事費を許容できるなら移転申し込みが無難

撤去工事費がかからない、もしくは撤去工事費がかかるのを許容できるのなら、移転手続きをしてピカラ光を使い続けるのが無難です。移転を申し込んでピカラ光の契約を続けたほうが楽に手続をできるからです。

 

他社への乗り換えも選択肢

撤去工事費がかかる場合やピカラ光よりも良い回線がないか気になるのであれば、他社回線への乗り換えも検討してみましょう。キャンペーンを実施している他社へ乗り換えれば、キャッシュバックなどの特典をもらって撤去工事による負担をなくせます。

 

他社へ乗り換えてもらえるキャッシュバックは高額なので、特典を目当てに違う回線へ移行するのも悪くありません。

 

ピカラ光から他社回線に乗り換える場合、下記の4種類がおすすめです。

 

・auひかり

・ビッグローブ光

・So-net光

・nifty光

 

上記3つの光回線サービスに乗り換えれば、高額キャッシュバックをもらってピカラ光の解約費用による負担を大幅に軽減できます。さらに、auスマートバリューに対応しているので、ピカラ光でセット割を受けているauユーザーの人でも安心です。

 

再契約にはメリットがない

「ピカラ光を再契約すればキャンペーン特典が受けられてお得なのでは?」と考える人もいると思います。

 

ピカラ光は不定期でキャッシュバックや家電製品のプレゼントキャンペーンを実施しています。しかし、同じ名義で再契約するとキャンペーンが受けられない恐れがあるので、特典を目当てにするなら他社へ乗り換えたほうが確実です。

 

再契約は名義を変えられる場合の選択肢と考えておきましょう。

 

引越し先が提供エリア外なら他社へ乗り換えるしかない

ピカラ光の提供エリアは限られていて、下記の地域以外に引っ越すと契約を続けることができません。

 

ピカラ光の提供エリア
徳島、香川、愛媛、高知

 

ピカラ光を解約すると、引越しが理由であっても更新月でない限りは10,000円から35,000円もの違約金が発生します。撤去工事費として5,000円から10,000円も請求される可能性があります。

 

しかし、先ほど紹介したおすすめの他社回線に乗り換えれば、キャンペーンを受けてピカラ光の解約費用を軽減できます。

 

ピカラ光の引越し時の流れ

移転を申し込んでピカラ光の契約を続けるのであれば、下記の通りに手続きをしましょう。

 

①窓口で移転を申し込む

②退去する家で回線の撤去工事をしてもらう

③引越し先で回線の導入工事をしてもらう

 

上記の流れを把握しておけばスムーズに移転の手続きを進められますが、申し込むタイミングには注意が必要です。

 

①窓口で移転を申し込む

移転手続きをしてピカラ光の契約し続けるのであれば、最初に移転の申し込みをしてください。

 

移転を申し込む際は、当日か1週間以内に退去する家で行う撤去工事と引越し先で行う宅内調査や導入工事の日にちを決めます。

 

撤去工事と導入工事は申し込みをしてから最短で2週間後に行ってくれますが、予約が混雑していると1ヶ月ほど待たされる恐れがあります。引越しシーズンの1月から5月に申し込むと1ヶ月以上も待たされる可能性があるので、移転手続きをする際は早めに申し込みをしてください。

 

②退去する家で回線の撤去工事をしてもらう

移転の申し込みが完了したあとは、指定した日付に退去する家で撤去工事をしてもらいます。撤去工事が行われるときは契約者か家族の立ち会いが必要ですが、1時間ほどで終わります。

 

レンタルしているルーターなどの機器を返却するかは、移転を申し込むときにピカラ光側が教えてくれます。返却が必要な場合は下記の住所に発送してください。

 

ピカラ光 レンタル機器の返却先
〒761-0195

香川県高松市春日町1735番地3

株式会社 STNet お客さまセンター

 

返却が必要ない場合は、レンタル機器を引越し先に持っていきましょう。

 

③引越し先で回線の導入工事をしてもらう

回線の撤去工事が終われば、あとは引越し先で宅内調査と導入工事をしてもらうだけです。宅内調査と導入工事が行われる際も契約者か家族の立ち会いが必要です。

 

といっても、宅内調査は30分以内に終わります。導入工事は戸建てでは40分から1時間半、マンションでは30分ほどで終わるのでストレスは感じません。

 

導入工事の内容は契約した当時と同じですが、念のために思い出しておきましょう。戸建てに住んでいる場合、電柱から自宅へ光ファイバーが引き込まれ、宅内に新しい回線終端装置が設置されます。

 

ピカラ光の対応マンションではすでに光ファイバーが導入されているので、宅内で壁のなかから通信ケーブルを引き込んで光コンセントと回線終端装置を設置するだけで終わります。ただ、一部のマンションでは、戸建てと同じ形式の工事が行われる場合があるので注意してください。

 

引越し先での導入工事が終われば、移転の手続きはすべて完了です。

 

他社へ乗り換える場合も流れは同じ

引越しを機に他社へ乗り換える場合も、同じ流れで手続きを進めます。ただ、最初にほぼ同時でピカラ光の解約と他社回線の申し込みをしておきましょう。そして、引っ越す日までにピカラ光の撤去工事を、引っ越す当日以降に宅内調査と導入工事をしてもらえるようにしてください。

 

ピカラ光を解約する際は、ルーターなどレンタル機器の返却が必要ないか確認しておきましょう。周辺機器をレンタルしている場合、解約してから返却しないと弁済金が請求されてしまいます。

 

ピカラ光の引越し時の手続き方法

ピカラ光の契約者が引っ越す際に行う手続きの流れは、移転を申し込むか他社へ乗り換えるかで少し変わります。といっても、基本的な流れはほとんど同じです。

 

移転手続きをする場合

移転を申し込んでピカラ光の契約を継続する場合は、下記の流れで手続きを進めます。

 

①窓口で移転を申し込む

②退去する家で回線の撤去工事をしてもらう

③引越し先で回線の導入工事をしてもらう

 

ピカラ光では下記2種類の窓口で移転を申し込めます。

 

・契約者用サイトのMyピカラ

・電話窓口のピカラサービスセンター

 

ピカラサービスセンターの電話番号は以下の通りです。

 

ピカラサービスセンター
0800-100-3950

受付時間:平日/9時~21時、土日祝/9時~19時

 

Myピカラではログインが、ピカラサービスセンターでは本人確認が必要なので、契約した当時に送付された書類を用意しておきましょう。契約書類に記載されたIDなどを使って、Myピカラへのログインやサービスセンターでの本人確認をするからです。

 

サポートセンターで移転を申し込む場合はIDなどがわからなくても手続きができますが、本人確認に手間取る可能性があります。

 

他社の回線に乗り換える場合

引越しを機に他の光回線へ乗り換える場合は、下記の流れで手続きをしてください。

 

①ピカラ光の解約と乗り換え先回線の契約を申し込む

②ピカラ光の撤去工事をしてもらう

③引越し先で乗り換え先回線の導入工事をしてもらう

④ピカラ光で利用していたレンタル機器を返却する

 

ピカラ光を解約する場合は、電話窓口でしか申し込みができません。ただ、申し込む電話窓口の番号は移転手続きをする場合と同じです。

 

解約を申し込むときも本人確認が行われるので、契約した当時に送られてきた書類を手もとに置いておきましょう。

 

乗り換え先の回線はオンラインや店舗で申し込みを受け付けていますが、代理店のキャンペーンサイトでの契約がおすすめです。代理店のキャンペーンサイトで申し込めばキャッシュバックなどの特典がもらえるので、乗り換え費用を大幅に減らせます。

 

ピカラ光の解約と他社回線の契約を申し込んだあとの流れは、移転手続きをする場合と同じです。ただ、ピカラ光からルーターをレンタルしている場合、解約後に返却する必要があるので注意してください。

 

ピカラ光の引越し時の手続きのタイミング

引越しを機に移転や他社へ乗り換える手続きをするときは、早めに申し込みをすませてください。早めに申し込まないと、引越し日までに撤去工事や導入工事が入らないからです。

 

申し込むタイミングの目安は引っ越しの1ヶ月前

移転や他社への乗り換え手続きをする際は、最低でも引越し日の1ヶ月前までに申し込みを済ませてください。撤去工事や導入工事をしてもらう日にちは、申し込んでから2週間以上も先になるからです。

 

予約状況によっては申し込んでから工事が入るまで2週間以上かかる事例は珍しくないので、余裕を持って引越し日の1ヶ月前に手続きを始めておくのが無難です。

 

引越しシーズンはより早めの申し込みを

引越しをする人が急増する1月から5月は、より早めに申し込みをしておくべきです。引越しシーズンの1月から5月はピカラ光に限らず移転や解約、他社への乗り換えの申し込みが殺到して、工事が入るまで1ヶ月以上待たされる危険があるからです。

 

引越し日までに工事が行われないと後処理が面倒になるので、1月から5月に引越しするなら早めに申し込みを済ませて最低でも引越し日に撤去工事をしてもらえる状態にしておきましょう。

 

引越し先がピカラ光の提供エリア外だった場合の対処法

ピカラ光は四国地方でしか提供されていないサービスなので、引越し先で利用できない可能性があります。引越し先がピカラ光の提供エリア外だと他社へ乗り換えるしかなく、高額なコストがかかります。

 

しかし、方法を知っておけば、他社へ乗り換える際の費用を大幅に減らせます。

 

引越し先が提供エリア外であっても違約金はかかる

引越し先がピカラ光の提供エリア外だと、解約して他社の回線へ乗り換えざるを得ません。しかし、引越し先が提供エリアという理由でピカラ光を解約しても、更新月ではない限り

違約金が発生します。

 

ピカラ光の違約金は状況ごとに異なりますが、10,000円から35,000円はかかります。5,000円から10,000円もの撤去費用が発生する可能性があるので、ピカラ光の解約費用は安くありません。

 

引越しが理由でやむを得ず解約するのに、違約金や撤去費用が請求されるなんて納得できないですよね。しかし、引越しを機に他社の回線へ乗り換えれば、解約費用による負担を大幅に軽減できます。

 

ピカラ光の代わりとしておすすめの他社回線

引越し先でピカラ光を利用できないのであれば、キャンペーンを行っている他社の光回線へ乗り換えてしまいましょう。他社の光回線にはさまざまな種類がありますが、ぴかり光から乗り換える場合は下記の4つがおすすめです。

 

・auひかり

・ビッグローブ光

・So-net光

・nifty光

 

auひかりはピカラ光の解約費用をキャンペーン特典で全額フォローくれるうえに、代理店で申し込めばキャッシュバックまでもらえるので、乗り換える際の費用がほとんどかかりません。

 

回線の品質も高いうえにauスマートバリューにも対応しているので、ピカラ光でセット割を受けているauユーザーの人でも安心です。

 

ビッグローブ光とSo-net光、nifty光も、代理店で申し込めばキャッシュバックをもらってピカラ光の解約費用による負担を軽減できるうえに、auスマートバリューに対応しています。

 

ピカラ光の引越し時の契約に関するよくある疑問

ピカラ光の移転や他社への乗り換えを検討するときに疑問が浮かぶと、申し込むのをためらいますよね。そんな人のために、ピカラ光の契約中に引越しする場合の手続きの疑問に対する答えをまとめました。

 

①引越しするときに手続きをするのが遅れたらどうなるのか

引越しをするときに移転や乗り換えの手続きが遅れてしまうと、引越し日までに撤去工事と導入工事をしてもらえない可能性が生じます。

 

導入工事だけが間にあわないのであればインターネットが使えない期間ができるだけなので大きな被害は受けませんが、引越し日までに撤去工事をしてもらえないと後処理が厄介です。撤去工事が行われるときは、基本的に契約者か家族の立ち会いが必須だからです。

 

引越し日までに撤去工事をしてもらえないと、引越しをした後で撤去工事に立ち会うために退去した家に出向かなければいけない場合があります。

 

②引越し後の工事などが遅い場合、回線がない期間はどうすればいいか

ピカラ光で移転を申し込む場合、引越し先で宅内調査をしてから導入工事が行われるので、インターネットが使えない期間が発生します。なので、1日でも導入工事の日程を早めるために、早めに申し込みをしてください。

 

インターネットが使えない間は、スマホのテザリング機能を活用して対処しましょう。スマホのテザリング機能を使えば、自宅に回線がなくてもパソコンやスマホをインターネットに接続できます。

 

しかし、スマホのインターネット回線ではプランごとに利用量の上限が設けられているので、使い過ぎに注意しましょう。

 

③アパート、マンション、戸建てで契約や工事の違いはあるのか

アパートやマンションから戸建て、戸建てからアパートやマンションに引っ越す場合、月額料金が変わる可能性があるので気をつけておきましょう。

 

戸建てとマンションのどちらも月額料金は加入するプランで変わります。戸建てでの月額料金は4,200円から5,200円です。

 

「ピカラ光 月額料金(戸建てタイプ)」

プラン1〜2年目3〜5年目6〜8年目9年目以降
ステップコース5(5年契約)4,500円4,400円4,300円4,200円
プラン1〜3年目4〜6年目7〜9年目10年目以降
ステップコース(3年契約)4,600円4,500円4,400円4,200円
プラン永年
フラットコース(3年契約)4,900円
プラン永年
通常プラン5,200円

 

マンションでの月額料金は3,280円から4,000円です。

 

「ピカラ光 月額料金(マンションタイプ)」

プラン1〜5年目6年目以降
ステップコース3(3年契約)3,400円3,280円
フラットコース(3年契約)3,700円
通常プラン(2年契約)4,000円

 

上記の表を見るとわかりますが、戸建てからマンションへ引っ越すと月額料金は安く、マンションから戸建てへ引っ越すと月額料金は高くなります。

 

ただ、マンションへ引っ越す場合でも戸建て向けプランを利用する場合があるので、注意してください。

 

引越し先が戸建てと集合住宅のどちらかであるかは、導入工事にかかる時間も左右します。戸建てでは必ず契約者の立ち会いが必要な工事が行われ、40分から1時間半ほどの時間がかかります。

 

アパートやマンションへ引っ越す場合も、基本的に契約者の立ち会いが必要な工事が行われます。しかし、すでに回線が導入済みの物件では30分以内に工事が終わります。

 

まとめ

ピカラ光は移転手続きに対応しているので、引越し先が提供エリア内であれば契約を継続できます。ただ、撤去工事と導入工事をしてもらう必要があります。導入工事は基本的に無料でしてもらえますが、撤去工事をしてもらうと5,000円から10,000円もの費用がかかる場合があります。

 

撤去工事費がかかる場合は、キャンペーンを実施している他社回線への乗り換えも検討してみましょう。キャンペーンを行っている他社回線へ乗り換えれば、特典をもらって費用をなくせます。

 

移転を申し込んでピカラ光の契約を続ける場合は、以下の流れで手続きをしてください。

 

①窓口で移転を申し込む

②退去する家で回線の撤去工事をしてもらう

③引越し先で回線の導入工事をしてもらう

 

撤去工事と導入工事は申し込んでから2週間以上先に行われます。なので、最悪でも引越し日までに撤去工事をしてもらうために、1ヶ月前には手続きをはじめておきましょう。引越し日までに撤去工事をしてもらえないと、後々の処理が面倒です。

 

引越しシーズンの1月から5月は移転や解約の申し込みが急増するので、より早めに移転や乗り換えの手続きをはじめましょう。

 

他社回線へ乗り換える場合も基本的な流れは同じですが、ピカラ光を解約したあとにレンタル機器の返却が必要ではないか確認してください。