光回線のおすすめ4選

OCN光の引越し時の手続きガイド!解約はお得か工事費用/キャンペーンを踏まえ解説!

OCN光を利用しているなかで引っ越す予定が入ると、どのような手続きをすればいいのか混乱しますよね。OCN光では移転の手続きができるので、引っ越してからも契約の継続が可能です。しかし、移転工事費がかかるので、他社への乗り換えも検討してみましょう。

 

ここではOCN光の契約中に引っ越す際の手続き方法を解説していきます。引越しを控えているOCN光ユーザーの人は、ぜひご覧ください。

OCN光の引越し時の契約の扱い

OCN光を契約している場合、引越しをするときでも契約を継続できます。OCN光は移転手続きに対応しているからです。

 

OCN光では移転手続きをして契約を続けられる

引越し先がOCN光の提供エリアであれば、移転の手続きをして契約を続けることができます。移転の手続きをすれば解約扱いにはならないので、違約金が請求される心配がありません。しかし、工事費用が発生するので、申し込む前に確認しておきましょう。

 

移転を申し込む場合の費用

移転手続きをしてOCN光の契約を続ける場合、退去する家で撤去工事が、引越し先で導入工事が行われます。撤去工事は無料で行われますが、導入工事は費用がかかります。

 

工事費は引越し先の環境ごとに異なりますが、最大で15,000円から18,000円なので安くはありません。

 

「OCN光の移転工事費」

住居タイプ環境費用
戸建てすべての設備なし18,000円
屋内配線あり7,600円
すべての設備あり2,000円
マンションすべての設備なし15,000円
屋内配線あり7,600円
すべての設備あり2,000円

 

ただ、移転工事費は30ヶ月間の分割で支払えます。

 

OCN光は引越し時に解約するべきなのか

引っ越すときにOCN光を解約するべきなのかは、移転工事費を許容できるかで決まります。移転工事費を負担したくないのであれば、他の光回線への乗り換えを考えてみましょう。

 

他社への乗り換えを検討する余地がある

結論からいうと、引っ越すときは他の光回線への乗り換えを検討するべきです。移転を申し込んでOCN光の契約を続けると、回線設備が引き込まれていない限り最大で15,000円から18,000円もの移転工事費が発生するからです。

 

キャンペーンを実施している他の光回線へ乗り換えれば、工事費を負担せずに引越し先でもインターネット回線を利用できます。他社へ乗り換える際はOCN光を解約するので違約金が気になりますが、キャンペーンを実施している回線を選べばキャッシュバックをもらって負担をなくせます。

 

なので、引越しをするときは、移転工事費を許容できない限り他社回線への乗り換えを優先して検討しましょう。

 

おすすめの他社回線

引越しを機に他の光回線へ乗り換えるのであれば、下記の4種類がおすすめです。

 

・NURO光

・auひかり

・ソフトバンク光

・ドコモ光

 

上記の光回線サービスに乗り換えれば工事費無料などの特典が受けられるうえに、代理店で申し込めばキャッシュバックまでプレゼントしてくれます。

 

さらに、スマホとのセット割が受けられるメリットもあります。下記の表に従って利用している携帯会社にあわせて回線を選べば、500円以上の割引が受けられるので、OCN光よりも利用料金を安くできます。

 

携帯会社セット割を適用できる回線
ソフトバンクNURO光、ソフトバンク光
auauひかり
ドコモドコモ光

 

ちなみに、auひかりは提供エリアが限られていますが、引越し先で利用できなくてもビッグローブ光に乗り換える方法があります。ビッグローブ光もauスマートバリューに対応しているので、auひかりの代わりになります。

 

OCN光の再契約はおすすめできない

「OCN光を再契約すれば、キャンペーン特典がもらえてお得なのでは?」と考える人もいると思います。

 

確かに、OCN光は不定期に工事費無料やキャッシュバックといったキャンペーンを行っていますが、再契約だと特典の対象外になる恐れがあるのでおすすめできません。確実にキャンペーンを受けたいのなら、他の光回線へ乗り換えたほうが無難です。

 

OCN光の引越し時の流れ

移転を申し込んでOCN光の契約を維持する場合は、下記の流れに沿って手続きをしましょう。

 

①窓口で移転を申し込む

②退去する家で回線の撤去工事をしてもらう

③引越し先で回線の導入工事をしてもらう

 

上記の流れを把握しておけばスムーズに移転の手続きができますが、申し込むタイミングに注意してください。

 

①窓口で移転を申し込む

移転手続きをしてOCN光の契約を継続するのなら、最初に移転の申し込みをしましょう。

 

移転を申し込む際は、当日か1週間以内に退去する家で行う撤去工事と引越し先で行う導入工事の日にちを決めます。

 

撤去工事と導入工事は申し込みをしてから最短で2週間後に行ってくれますが、予約が混雑していると1ヶ月ほど待たされる場合があります。引越しシーズンの1月から5月に申し込むと1ヶ月以上待たされる可能性もあるので、移転手続きをするのなら早めに申し込んでおきましょう。

 

②退去する家で回線の撤去工事をしてもらう

移転の申し込みが完了したあとは、指定した日付に退去する家で撤去工事をしてもらいます。撤去工事が行われるときは契約者か家族の立ち会いが必要ですが、1時間ほどで終わります。

 

なお、レンタルしている周辺機器は、基本的に契約者が引越し先へ持っていきます。NTTから提供されているONUやホームゲートウェイが交換される場合は、引越し先での導入工事の際に業者が新しい機器を設置してくれます。

 

撤去工事が行われる場合、業者が古い機器を回収してくれます。撤去工事を行わない場合は、後日送付される回収キットを利用して返却してください。ONUやホームゲートウェイの返却する際の費用はかかりません。

 

③引越し先で回線の導入工事をしてもらう

回線の撤去工事が終われば、あとは引越し先での導入工事が行われるだけです。導入工事でも契約者か家族の立ち会い必要ですが、戸建てでは40分から1時間半、マンションでは30分ほどで終わります。

 

導入工事の内容は契約した当時に行われたものと同じですが、念のためにおさらいしておきましょう。戸建てに住んでいる場合、電柱から自宅へ光ファイバーが引き込まれ、宅内にONUかホームゲートウェイのどちらかと光コンセントが設置されます。

 

マンションではあらかじめ光ファイバーが引き込み済みである場合が多いので、宅内で壁の中から通信ケーブルを引き込んで光コンセントを設置するだけで終わることがほとんどです。ただ、一部のマンションでは戸建てと同じ形式の工事が必要な場合があります。

 

工事が不要な場合もある

可能性は低めですが、撤去工事や導入工事を行う必要がない場合もあります。

 

たとえば、退去する家の大家さんや管理会社から許可をもらえると、撤去工事をする必要はありません。引越し先が回線導入済みで光コンセントが設置されていれば、導入工事をせずに2,000円だけの費用を払って移転手続きを完了させられます。

 

他社へ乗り換える場合も流れは同じ

引越しを機に他社へ乗り換える場合も、流れはほとんど同じです。ただ、最初にほぼ同時

でOCN光の解約と他社回線の申し込みをしておきましょう。そして、引越し日までOCN光の撤去工事を、引越し日の当日以降に導入工事がしてもらえるようにしてください。

 

OCN光を解約するときは、必ずレンタルしていた機器を返却しましょう。OCN光の契約を解除する場合、ONUやホームゲートウェイは撤去工事を行う業者が回収します。

 

撤去工事が不要な場合は、後で送られてくる回収キットにONUやホームゲートウェイを梱包して返却してください。回収キットを利用して返却する際の料金はかかりません。

 

OCN光の引越し時の手続き方法

OCN光の利用者が引越し時に行う手続きの方法は、移転を申し込むか他社へ乗り換えるかで少し違います。といっても、基本的な流れは同じです。

 

移転手続きをする場合

移転を申し込んでOCN光の契約を続けるのであれば、先ほど紹介した下記の流れに沿って手続きを進めましょう。

 

①窓口で移転を申し込む

②退去する家で回線の撤去工事をしてもらう

③引越し先で回線の導入工事をしてもらう

 

OCN光は電話窓口のカスタマーズフロントで移転の申し込みを受け付けています。

 

OCN カスタマーズフロント
0120-506506

受付時間:10時~19時(日、祝、年末年始を除く)

 

東日本や西日本のエリア内で引越しをする場合、会員用サイトのOCNマイページでも移転手続きができます。

 

移転を申し込むときは、契約したときに送られてきた会員登録証を用意しておきましょう。移転の手続きをするときは、最初に会員登録証に記載されているお客さま番号などを使って本人確認を行うからです。

 

カスタマーズフロントではお客さまIDがわからなくても移転手続きができますが、本人確認に手間取る可能性があります。

 

他の光回線へ乗り換える場合

引越しを機に他の光回線に乗り換えるのであれば、下記の流れで手続きをしましょう。

 

①OCN光の解約と乗り換え先回線の契約を申し込む

②OCN光の撤去工事をしてもらう

③引越し先で乗り換え先回線の導入工事をしてもらう

 

OCN光を解約する場合は、電話窓口のカスタマーズフロントでしか手続きができないので気をつけてください。解約する際に連絡するカスタマーズフロントの電話番号は、移転をする場合と同じです。

 

解約を申し込むときもお客さまIDがあればスムーズに本人確認ができるので、会員登録証を用意しておくといいでしょう。

 

乗り換え先の光回線の契約手続きはオンラインや店舗で行えますが、代理店のキャンペーンサイトでの申し込みがおすすめです。代理店が運営するWebサイトで申し込めばキャッシュバックなどの特典を受けて、乗り換え費用を減らせます。

 

OCN光の解約と他社回線の契約の申し込みをしたあとの流れは、移転手続きをする場合と同じです。

 

OCN光の引越し時の手続きをするタイミング

引越しを機に移転や他社へ乗り換える手続きをするときは、早めに申し込みをすませてください。早めに申し込まないと、引越し日までに撤去工事や導入工事が入らないからです。

 

申し込むタイミングの目安は引っ越しの1ヶ月前

移転や他社への乗り換え手続きをする際は、最低でも引越し日の1ヶ月前までに申し込みを済ませてください。撤去工事や導入工事をしてもらう日にちは、申し込んでから2週間以上も先になるからです。

 

予約状況によっては申し込んでから工事が入るまで2週間以上かかる事例は珍しくないので、余裕を持って引越し日の1ヶ月前に手続きを始めておくのが賢明です。

 

引越しシーズンはより早めの申し込みを

引越しをする人が急増する1月から5月は、より早めに申し込みをしておくべきです。引越しシーズンの1月から5月はOCN光に限らず移転や解約、他社への乗り換えの申し込みが殺到して、工事が入るまで1ヶ月以上待たされる危険があるからです。

 

引越し日までに工事が行われないと後処理が面倒になるので、1月から5月に引越しするなら早めに申し込みを済ませて最低でも引越し日に撤去工事をしてもらえる状態にしておきましょう。

 

引越し先がOCN光の提供エリア外だった場合の対処法

OCN光はフレッツの回線でサービスを提供しているので、幅広い地域の人が契約できます。しかし、引越し先によっては提供エリア外の場合があります。引越し先でOCN光が提供されていないと、解約して他の光回線に乗り換えなければいけません。

 

他の光回線に乗り換えるときはOCN光の違約金がネックですが、方法を知っていれば負担をなくせます。

 

引越し先が提供エリア外なら他社回線へ乗り換える

引越し先がOCN光の提供エリア外だと解約しなければいけませんが、更新月ではない限り11,000円の違約金が請求されます。工事費を分割で支払っている途中だと、残りの金額を一括で精算しなければいけません。

 

やむを得ず解約するのに違約金が請求されるなんて腑に落ちないですよね。しかし、キャンペーンを実施している他社へ乗り換えれば、OCN光の解約費用はなくなります。

 

おすすめの他社回線

引越し先が提供エリア外でOCN光から他社へ乗り換えるのであれば、下記の2つがおすすめです。

 

・NURO光

・auひかり

 

上記2つの光回線は工事費無料の特典が受けられるうえに、代理店で申し込めば高額キャッシュバックがもらえるので、OCN光の解約費用も気になりません。

 

ソフトバンクユーザーならNURO光を、auユーザーならauひかりを契約すればセット割が受けられるので、利用料金を安くしたい人にもおすすめです。

 

OCN光の引越し時の契約に関するよくある疑問

OCN光の移転手続きや他社への乗り換えを検討するときに疑問を抱くと、申し込むのをためらいますよね。そんな人のために、OCN光の契約中に引越しするときの手続きの疑問に対する答えをまとめました。

 

①引越しするときに手続きをするのが遅れたらどうなるのか

引越しをするときに手続きが遅れると、引越し日までに撤去工事と導入工事をしてもらえないリスクが生じます。

 

導入工事が間にあわないぐらいならインターネットが使えない期間ができるだけなので対処は面倒ではありませんが、引越し日までに撤去工事が行われないと後処理が厄介です。撤去工事が行われるときは、基本的に契約者か家族が立ち会う必要があるからです。

 

物件によって対処法はさまざまですが、引越し日までに撤去工事が間にあわないと引越しをした後に撤去工事に立ち会うため、退去した家に出向かなければいけない恐れがあります。

 

大家さんや管理会社にお願いすれば対応してくれる可能性もありますが、OCNが契約者や家族以外の立ち会いを拒否する可能性があるので、引越し日までに手続きが完了するようにしておきましょう。

 

②引越し後の工事などが遅い場合、回線がない期間はどう対処すればいいのか

引越し日までに移転や乗り換えの手続きが完了しないと、導入工事が入るまでインターネットが使えなくなります。なので、引越しをするときは、当日に導入工事が完了するようにしましょう。

 

引越しの当日に導入工事をしてもらえない場合、スマホのテザリング機能を活用して立ち回ってください。スマホのテザリング機能を使えば、自宅に回線がない状態でもパソコンやスマホをインターネットにつなげられます。

 

しかし、スマホのインターネット回線にはプランごとに利用量の上限が設けられているので、使い過ぎないように注意してください。

 

③アパート、マンション、戸建てで契約や工事の違いはあるのか

アパートやマンションから戸建て、戸建てからアパートやマンションに引っ越すと、月額料金が変わるので注意してください。

 

OCN光の月額料金は戸建てで5,100円、マンションで3,600円です。戸建てからマンションへ引っ越すと月額料金は安く、マンションから戸建てへ引っ越すと月額料金は高くなります。

 

引越し先が戸建てと集合住宅のどちらかであるかは、導入工事の内容も左右します。戸建てでは必ず契約者の立ち会いが必要な工事が行われ、40分から1時間半ほどの時間がかかります。

 

アパートやマンションへ引っ越す場合も、基本的に契約者の立ち会いが必要な工事が行われます。しかし、すでに回線が導入済みの物件では30分以内に工事が終わります。引越し先が回線と宅内設備がある物件であれば、立ち会いが必要な工事は行われません。

 

導入工事の費用も戸建てとマンションのどちらへ引っ越すかで変わります。

 

「OCN光の移転工事費」

住居タイプ環境費用
戸建てすべての設備なし18,000円
屋内配線あり7,600円
すべての設備あり2,000円
マンションすべての設備なし15,000円
屋内配線あり7,600円
すべての設備あり2,000円

 

すべての設備を導入する場合、戸建てへ引っ越すほうが工事費は高くなります。すでに配線や設備がある場合は戸建てとマンションのどちらも工事費は同じですが、すべての設備を導入する場合が多いです。

 

まとめ

OCN光は移転に対応しているので、引越し先が提供エリアであれば契約を継続できます。しかし、移転の手続きをする際は、撤去工事と導入工事をしてもらわないといけません。撤去工事は無料ですが、導入工事をしてもらうと最大で15,000円から18,000円ものコストがかかります。

 

導入工事の費用が負担に感じるのであれば、他の光回線への移行を考えてみましょう。キャンペーンを行っている他社へ乗り換えれば、費用を負担せずに引越し先にインターネット回線を導入できます。

 

引越し先でもOCN光を使い続けるのであれば、下記の流れで手続きをしましょう。

 

①窓口で移転を申し込む

②退去する家で回線の撤去工事をしてもらう

③引越し先で回線の導入工事をしてもらう

 

撤去工事と導入工事は申し込んでから2週間以上先に行われます。なので、最悪でも引越し日までに撤去工事をしてもらうために、1ヶ月前には手続きをはじめておきましょう。引越し日までに撤去工事をしてもらえないと後処理が面倒です。

 

引越しシーズンの1月から5月は移転や解約の申し込みが急増するので、より早めに移転や乗り換えの手続きをはじめましょう。

 

なお、他社回線へ乗り換える場合も、手続きの流れはほとんど同じです。