光回線のおすすめ4選

NURO光で工事が不要なパターン2つ!仕組みをわかりやすく解説!

NURO光では基本的に宅内と屋外での工事をしてもらわなければいけませんが、状況によってはどちらかの工事が不要になる場合があります。可能性は極めて低いですが、宅内と屋外工事のどちらも不要な場合があります。

 

ここではNURO光を契約するときに宅内や屋外の工事が不要になる2つのパターンを紹介します。工事が必要な理由も解説するので、ぜひご覧ください。

NURO光を契約するときに工事が必要な理由

フレッツ光を契約するときに工事が必要な理由は、光ファイバーの導入にあります。他社の回線から乗り換える場合でも、利用する光ファイバーの種類が違うので工事が必要になります。

 

工事が必要な理由は光ファイバーの利用

NURO光を契約するには宅内に光コンセントとONUを設置して、電柱から自宅へ光ファイバーを引き込まなければいけません。

上記の図を見て気づいた人もいると思いますが、光コンセントとONUの設置や光ファイバーの引き込みは専門の業者じゃないとできません。

 

集合住宅に住んでいる場合、運が良ければ光ファイバーの引き込みが不要ですが、専門の業者に宅内で光コンセントとONUを設置してもらう必要があります。

 

他社からNURO光へ乗り換える場合でも必ず工事が行われます。NURO光は他社のどの回線とも種類が異なるからです。他社の回線はNURO光では利用できないので、乗り換えで契約する場合でも工事は必須と思ってください。

 

フレッツ光から乗り換える場合でも工事は必須

NURO光はフレッツ光のダークファイバーを使ってサービスを展開しているので、フレッツ光からの乗り換えなら工事が不要と思いますよね。フレッツ光のダークファイバーは現在のフレッツ光で利用されている回線とは別ものなので、フレッツ光から乗り換えでNURO光を契約する場合でも工事をしてもらわなければなりません。

 

ダークファイバーとはフレッツが光信号を疎通させていない状態の回線を指します。光ファイバーは事業者が光信号を疎通させている回線なので、敷設した事業者が同じフレッツでも細かな種類は異なります。

 

再契約する場合でも工事が行われる

NURO光を再契約する場合でも、基本的に工事が必要だと考えてください。NURO光を解約するときは回線設備を撤去せずに残しておけますが、再契約するときは光コンセントなどの宅内設備しか再利用できず、光ファイバーの再導入工事が行われます。

 

光コンセントの劣化具合では宅内工事も行われるので、再契約する場合でも工事が必要と考えてください。

 

NURO光を契約するときに工事が不要になるパターン

先ほど説明した通り、NURO光を契約するときは必ず工事が行われますが、公式サイトをよく見てみると環境によっては屋外工事のみで開通して宅内工事が不要の場合があると記載されています。マンションによっては屋外工事をする必要がない場合もあります。

 

宅内に光コンセントがあれば宅内工事が不要になる可能性が

可能性は高くありませんが、自宅にNURO光の光コンセントが設置されていると宅内工事が不要になる場合があります。運が良ければ、賃貸の引っ越した賃貸物件に前の住人が利用していたNURO光の光コンセントが残されている場合があります。

 

ただ、光コンセントには種類があります。設置されていても、フレッツ光などの他社回線で利用されていた光コンセントである可能性は低くありません。設置されている光コンセントが他社のものだと、NURO光を契約するときに宅内工事が必要になるので注意してください。

 

設置されている光コンセントがNURO光専用のものだったとしても、劣化具合では宅内での工事が行われます。

 

NURO光 for マンション対応物件では屋外工事が不要

NURO光 for マンションの対応したマンションやアパートに住んでいる場合、屋外工事をする必要がなくなります。NURO光 for マンションに対応した物件には、すでに光ファイバーが導入済みだからです。

 

すでに光ファイバーが導入されていれば、宅内で光コンセントとONUを設置してもらうだけで工事が終わります。

 

NURO光 for マンションに住んでいて前の住人が利用していたNURO光専用の光コンセントが設置されていると、屋外と宅内工事のどちらも不要になる可能性がありますが、可能性はかなり低いので期待しないでおきましょう。

 

NURO光 for マンションに対応していない集合住宅に住んでいる場合は、従来通り屋外と宅内工事をしてもらわないといけません。

 

工事が完全に不要になる可能性は低い

知ってもらいたいのは、NURO光を契約するときの工事が完全に不要になる可能性は低いという点です。

 

戸建てに住んでいる場合、専用の光コンセントが設置されていても光ファイバーを引き込む屋外工事が行われます。NURO光 for マンション対応の集合住宅に住んでいれば屋外工事は不要ですが、よほど運が良くない限り宅内にNURO専用の光コンセントは設置されていません。

 

NURO光を契約するときは、最低でも宅内か屋外のどちらかでの工事が行われると考えたほうがいいでしょう。

 

NURO光を契約するときに工事が不要なときの対処法

NURO光を契約するときに「宅内か屋外の工事が不要かな?」と思ったときの対処法は、状況ごとに異なります。

 

NURO光専用の光コンセントが設置されている場合

自宅にNURO光専用の光コンセントが設置されていると思われる場合、申し込むときにその旨を伝えましょう。NURO光専用の光コンセントが設置されている旨を伝えれば、それを踏まえたうえでSo-netが手続きを進めてくれます。

 

光コンセントが他社専用の場合もあるので、設置されていても宅内工事が行われる可能性があることは踏まえて申し込みましょう。

 

NURO光 for マンション対応物件に住んでいる場合

集合住宅に住んでいる場合、下記のサイトでその物件がNURO光 for マンションに対応しているのか確認してみましょう。

 

NURO光 for マンション対応有無確認ページ
https://nuro.jp/mansion/service/neworder/

 

上記のページで住んでいる集合住宅がNURO光 for マンション対応物件だとわかれば、画面の指示に従うだけでOKです。電話窓口や取扱店での申し込みも可能です。

 

宅内にNURO光専用の光コンセントが設置されている可能性があれば、申し込むときにその旨を伝えておきましょう。

 

NURO光以外で工事をせずに契約できる回線

NURO光に限らず、光回線を契約する場合は基本的に工事が必要ですが、フレッツ光を利用しているなら工事をせずに契約できる回線があります。ネット回線を利用する目的がネットサーフィンぐらいであれば、光以外の回線もチェックしてみましょう。

 

フレッツ光を利用しているなら光コラボ

フレッツ光を利用しているのであれば、光コラボへ乗り換えると工事をする手間がなくなります。光コラボはフレッツ光の回線でサービスを提供しているので、フレッツ光からの乗り換えなら回線環境を変えずに契約が可能です。

 

厳密にはNTTの局舎で工事が行われますが、自宅での工事は不要なので安心です。申し込みをしてから開通するまでの期間も1週間から2週間と短いので、フレッツ光から他社への乗り換えを検討しているなら光コラボもチェックしてみるといいでしょう。

 

光コラボにはさまざまな種類がありますが、ドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光がおすすめです。ドコモ光ではドコモの、ソフトバンク光ではソフトバンク、ビッグローブ光ではauのスマホ代が安くなるセット割が受けられるのでおすすめです。

 

利用している回線の高速プランへ変更する方法もある

NURO光のような高速回線を利用したい場合、契約している光回線サービスに高速プランが用意されていないか確認してみるのも1つの方法です。

 

関東の一部エリアに住んでいる人がauひかりを契約している場合、工事をせずに5Gbpsや10Gbpsなどの高速通信に対応したプランへ変更できる可能性があります。

 

東海エリアではコミュファ光が、関西ではeo光が5Gbpsや10Gbpsの高速通信に対応したプランの提供を開始していて、契約者であれば工事をしなくても利用が可能です。

 

ネットの利用目的によってはWiMAXやSoftBank Airも選択肢

WiMAXのモバイルルーターやSoftBank Airを契約するのも1つの方法です。モバイルルーターとSoftBank Airは端末を受け取った日から回線が開通するので、工事をする手間がありません。

 

ウェブサイトや動画を見るぐらいなら十分な速度が出るので使い心地も悪くありませんが、Ping値が安定しないのでオンラインゲームには不向きです。モバイルルーターは3日間で10GB消費すると速度制限がかかるデメリットがあるので、1人暮らしの人でなければおすすめしにくいです。

 

モバイルルーターとSoftBank Airはネットサーフィンをメインにネット回線を使う人向けで、モバイルルーターは1人暮らし向けの回線と考えてください。

 

マンションに完備されている回線

まれに住んでいるマンションに特定のインターネット回線が完備されている場合があります。住んでいる物件に特定の回線が完備されていると、工事をせずにインターネットに接続できるので便利です。

 

利用料金を管理費用で賄って物件や、契約するときに手続きをする必要がない物件もあるので、住んでいるマンションやアパートに特定の回線が完備されていれば使ってみるといいでしょう。しかし、マンションに完備されている回線の通信速度は賛否が分かれているので、引っ越す際にネット回線完備の物件を選ぶかは慎重に考えてください。

 

マンションに完備されている回線の種類はフレッツ光であることが多いですが、UCOM光が導入されている場合もあります。