光回線のおすすめ4選

NURO光の工事費を徹底解剖!無料じゃなく高い?分割、一括支払は可能かまで全て解説!

NURO光を利用したいと思っても、工事費が高くないか不安になりますよね。

 

NURO光の工事費は安くありませんが、公式キャンペーンによる割引で相殺されるので安心です。代理店で申し込めばキャッシュバックも受けられるので、他社から乗り換える際の費用もかかりません。

 

ここではNURO光の工事費を詳しく解説していきます。工事費の負担をなくせるキャンペーンも紹介するので、NURO光を契約しようか悩んでいる人はぜひご覧ください。

NURO光の工事費

NURO光の工事費は他社と比べて高めですが、契約するときに全額を支払う必要はありません。

 

NURO光の基本的な工事費

NURO光の基本的な工事費は40,000円となっていて、戸建てとマンションのどちらに住んでいても金額は変わりません。

 

他社では15,000円から24,000円が相場なので、NURO光の工事費は高額といわざるをえません。

 

「NURO光と他社の工事費比較表」

回線種別戸建てマンション
NURO光40,000円40,000円
フレッツ光18,000円15,000円
ソフトバンク光24,000円24,000円
ドコモ光18,000円15,000円
ビッグローブ光3年プラン:30,000円

2年プラン:18,000円

3年プラン:27,000円

2年プラン:15,000円

OCN光18,000円15,000円
auひかり37,500円30,000円

 

上記の表を見て他社の回線を選ぶべきと感じる人もいると思いますが、NURO光では工事費を30ヶ月の分割で支払えるので、契約するときに高額な出費をする心配はありません。

 

分割での月々の支払い額も1,440円(税込)と安いうえに、あとで紹介する月額割引で実質無料になるので安心です。

 

マンションでは物件ごとに工事費が異なる

マンションに住んでいる場合、「NURO光 for マンション」を契約するかで工事費が微妙に変わります。

 

今住んでいるマンションにNURO光 for マンションを導入する場合、物件への設備導入工事費の60,000円と宅内工事費の40,000円が発生します。

 

あわせると10,000円もの工事費が発生しますが、設備導入工事費の60,000円は月額料金と一緒に支払うHands-up会費で賄えるので、さほど気にする必要はありません。

 

「NURO光 for マンションの月額料金」

加入者数月額料金Hands-up会費合計
4人1,600円900円2,500円
5人1,600円900円2,500円
6人1,600円900円2,500円
7人1,600円800円2,400円
8人1,600円700円2,300円
9人1,600円600円2,200円
10人以上1,600円300円1,900円

 

40,000円の宅内工事費も36ヵ月での分割支払いができるので、NURO光 for マンションを契約する場合も初期費用を気にしなくて大丈夫です。分割での月々の支払い額も1,200円(税込)と安いうえに、あとで紹介する月額割引で実質無料になるので安心です。

 

土日祝に工事をしてもらうと3,000円アップ

NURO光を契約するときは土日や祝日でも工事をしてもらえますが、平日以外では休日料金として3,000円が加算されます。初期費用を少しでも安くしたいのであれば、平日に工事をしてもらいましょう。

 

光電話に加入すると追加で工事費がかかる

光電話に加入する場合、先ほど紹介した工事費とは別で費用がかかります。費用の値段は利用している番号を引き継ぐかで変わります。

 

利用している電話番号を引き継ぐ場合、合計で5,000円の費用がかかります。5,000円の内訳は下記の通りです。

 

「利用している番号を引き継ぐ場合の費用」

内容費用
回線工事費3,000円
NTT回線休止工事費2,000円
合計5,000円

 

光電話に加入する際に新しい電話番号を発行する場合はNTT回線休止工事費がかからないので、費用は3,000円になります。

 

CS放送視聴オプションに加入しても追加工事費は不要

他社ではCS放送などが視聴できるテレビオプションに加入すると、10,000円ほどの追加工事費が発生します。他社の回線では、地デジやBS放送を光回線で見るための工事をしてもらわないとCS放送の視聴オプションが利用できないからです。

 

NURO光では地デジやBS放送の工事をせずにひかりTVに加入できるので、CS放送を見るための初期費用はかかりません。その代わりにNURO光には地デジやBS放送の視聴オプションがないので、新築に引っ越す場合は従来型のテレビアンテナを設置する必要があります。

 

他社から乗り換える場合も同様の工事費がかかる

他社のネット回線からNURO光へ乗り換える場合でも、必ず工事が行われるので先ほど紹介した通りの費用が発生します。NURO光は独自の回線でサービスを提供していて、他社から乗り換える際は違う回線を導入しなければいけないからです。

 

厳密にはフレッツ光のダークファイバーでサービスを提供していますが、現在NTTで運用されている回線とは別種なので、フレッツ光からNURO光へ乗り換える場合でも工事と費用が必要と思ってください。

 

引っ越す際に契約を続ける場合も工事費がかかる

すでにNURO光を利用している状態で引越しをしてからも契約を続ける場合、新居で工事をしてもらう必要があるので40,000円もの工事が発生しますが、契約したときと同様に30ヵ月の分割で支払えるうえに月額割引で実質無料になります。

 

引越し先でもNURO光が使えるのであれば、安心して移転手続きができますね。

 

NURO光の工事費のキャンペーン

NURO光はあらゆるキャンペーンを実施しているので、工事費を気にする必要がありません。工事費を心配する必要がないどころか、キャッシュバックなどの特典までもらえます。

 

公式の工事費無料キャンペーン

NURO光では、公式で工事費を実質無料にするための月額割引キャンペーンが実施されています。

 

月額割引キャンペーンを適用すれば、毎月工事費の分割支払いと同額の割引が受けられます。月額割引キャンペーンはほぼ絶え間なく行われているので、NURO光を契約するときは初期費用がかからないと思っていいでしょう。

 

キャンペーンの適用方法もNURO光のネット回線を契約するだけなので簡単です。

 

キャッシュバックキャンペーンも実施中

代理店でNURO光を申し込めば、30,000円以上のキャッシュバックも受けられます。

代理店のキャッシュバックは公式の月額割引キャンペーンと併用できるので、他社から乗り換える際に発生する違約金が心配する人にとって嬉しい特典といえます。

 

代理店のキャッシュバックキャンペーンも絶え間なく実施されているので、申し込むタイミングを気にする必要もありません。

 

優良な代理店で申し込めばNURO光のネット回線だけ契約すればキャッシュバックをもらえますが、良くない代理店ではオプション加入などの条件があるので注意してください。

 

代理店によってはゲーム機プレゼントも選択できる

代理店によっては、PS4やNintendo Switchなどのゲーム機がもらえる場合もあります。NURO光の導入を機にオンラインゲームで遊びたいと考えている人は、ゲーム機プレゼントを実施している窓口での申し込みを検討してみましょう。

 

ゲーム機プレゼントを行っている代理店を選ぶ場合も、オプション加入といった条件がないか気をつけてください。良い代理店を選べば、オプションに加入しなくてもプレゼントを受けられます。

 

NURO光の工事費の支払い方法

NURO光では工事費の支払い方法を選択できませんが、契約するときに高額な出費をする心配はありません。

 

NURO光では分割支払いが可能

NURO光の工事費の支払い方法は、基本的に30ヶ月間の分割のみです。NURO光 for マンションを契約する場合は、36ヵ月間での分割でのみ支払えます。一括での支払いはできませんが、分割で支払っても金利は発生しないので安心してください。

 

解約するときは残債に注意

NURO光を解約するときは、工事費の分割支払いが途中ではないか確認してください。工事費の支払い途中にNURO光を解約すると、残債を一括で精算しなければいけません。たとえば、契約してから1年でNURO光を解約すると、残りの25,920円(税込)を一括で支払うことになります。

 

NURO光の工事費残債がある状態で他社への乗り換えを検討する場合は、キャンペーンを実施している光回線サービスに移行しましょう。キャンペーンを実施している光回線サービスに乗り換えれば、キャッシュバックなどの特典をもらってNURO光の工事費残債を相殺できます。

 

NURO光の工事費に関するよくある疑問

NURO光を検討するときは、工事費の細かな点に疑問を抱いて申し込むべきか迷うものです。そんな悩みを解消するために、NURO光の工事費にまつわる疑問への答えをまとめました。

 

①オプションなどでスカパーに入る場合、工事は別に必要なのか

NURO光はスカパーに対応していないので、スカパーを利用するには別で契約してアンテナの設置工事をしてもらなければいけません。スカパーの導入工事は面倒なので、NURO光を契約してCS放送を見るのなら「ひかりTV」に加入しましょう。

 

ひかりTVならNURO光のONUにチューナーをつなぐだけなので、別で工事をしてもらう必要がありません。

 

②東日本と西日本で工事費に違いはあるのか

東日本と西日本のどちらに住んでいてもNURO光の工事費は変わらず、月額割引キャンペーンで実質無料になります。NURO光 for マンションの工事費も住んでいる場所では変わらず、同じキャンペーンが受けられるので安心してください。

 

代理店が実施しているキャッシュバックやゲーム機プレゼントの内容も、すべてのエリアで共通しています。

 

③工事費に関して起きやすいトラブルはあるのか

NURO光の基本工事費は40,000円で統一されているので、申し込んでからトラブルが起きる可能性は低いです。

 

光電話に加入する際に使っている番号を引き継ぐ場合、申し込む窓口のスタッフが費用を間違える場合があります。利用している番号を光電話へ引き継ぐ際の費用は5,000円ですが、誤って3,000円と伝えられる可能性があるので注意してください。

 

評判が良くない代理店でNURO光を申し込むと、キャッシュバックがもらえないトラブルに発展する恐れがあります。キャッシュバックがもらえないと他社から乗り換える際の費用をすべて負担しなければいけないので、代理店選びは慎重にしてください。