光回線のおすすめ4選

インターネットを無制限で使う4つの方法!今は安く使えます!

今や、スマートフォンが普及したことで、パソコンがなくても快適にネットができるようになりました。

さらに、LTE回線が出てきたことで、YouTubeなどのインターネット動画もスムーズに見れるようになりましたね。

しかし、スマホは料金プランごとに一ヶ月にネットが利用できる量に上限があり、上限を超えてしまうと速度制限がかかってしまいます。

このことが不満で、スマホのネットを無制限にできないかと思う人は多いのではないでしょうか?

以前なら、スマホのネットを無制限にするには、自宅に光回線を引いてWi-Fiを飛ばすしかありませんでした。

しかし、今は光回線よりも魅力的な方法があります。

そこで、ここではスマホでインターネットを無制限で使う方法を紹介し、その中でも使いやすいものを詳しく解説します。

スマホの速度制限に悩んでいる人は、参考になるので読んでみてくださいね。

インターネットに制限がある理由は回線の整備が不足しているから

スマートフォンとデジタルジャパン

ガラケーの時代や、iPhoneが4Sまでの頃は通信速度が遅くても、ネットが使い放題でした。

しかし、今主流になっているLTE回線が出てきたことで、スマホのネットは料金プランごとに利用できる量が制限されるようになりました。

多くの人は「光回線はネットが使い放題なのに、どうしてスマホの回線は利用できる量に制限があるのだろう?」と疑問に思っているでしょう。

利用量が制限されている理由は、LTE回線を提供する設備にあります。

スマホの回線は混雑を緩和するために制限を設けている

スマホのネットはLTE回線になってから、光回線にも引けを取らないほど通信速度が速くなりました。

softbank-4glte

しかし、LTE回線を提供する設備は、ネットを使い放題として提供できるまでの整備ができていないのが現状です。

携帯電話キャリアとしては、昔のようにスマホの通信回線を定額料金の使い放題で提供したいと考えています。

しかし、現状の設備で使い放題にしてしまうと、一部のユーザーが大量のデータを消費することで他のスマホユーザーの速度が低下してしまう恐れがあります。

このことが原因で、全ての人が平等に高速通信でネットができるために制限を設けているわけです。

もし今の状態でスマホの回線が無制限になったときを想像してみよう

もし、現状の設備でスマホのネットが使い放題になった場合を想像してみましょう。

スマホのネット回線が使い放題になると、データ量の上限や速度制限に対する不安はなくなります。

しかし、現状の設備のままで使い放題にすると、スマホで大量にネットを使う人で溢れてしまい、通信を管理するサーバーがパンクします。

サーバーがパンクすると通信速度が著しく遅くなり、最悪の場合はネットに接続することもできません。

LTE回線にある通信容量の制限は、このようなことが起こらないように設けられているわけです。

インターネットを無制限で使う方法を全て教えます!

明日があるさ部長

スマホWi-Fiに接続すれば、無制限でネットが使えるようになります。

しかし、Wi-Fiを利用するには大もととなるインターネット回線が必要です。

Wi-Fiを使うためには、自宅に光回線を引かなければいけないと思う人は多いでしょう。

しかし、今は光回線の他にもWi-Fiを利用できる方法があります。

光回線を使う場合の料金を知ろう!

光回線以外でWi-Fiを使う方法を知る前に、光回線を利用する場合の料金を知っておきましょう。

光回線はインターネット回線の中でも最も料金が高くなっており、他のWi-Fiを利用する方法と比較する対象になります。

光回線が比較の対象になる理由は、後ほど解説する「無制限でインターネットができる回線の選ぶ方法」で説明します。

光回線の月額料金は戸建てで5,000円から、マンションで3,500円から

光回線はインターネット回線の中で最も通信速度が最も速く、最大で1Gbpsの速さを誇ります。

しかし、通信速度が速い代わりに月額料金も戸建てで5,000円から6,000円、マンションで3,500円〜4,500円とネット回線の中では高い部類に入ります。

光回線は初期費用が高い!

光回線をもとにWi-Fiを使うには、自宅に光ファイバーを引くための工事が必要です。

この工事にかかる費用は、18,000円から24,000円と、決して安くありません。

どこでもネットが無制限になるモバイルWi-Fiルーターを使う!

ワイマックス2

スマホでネットを無制限にしたい人の多くが利用している方法はモバイルWi-Fiルーターです。

モバイルWi-Fiルーターは、自宅に回線を引かずにWi-Fiが利用できるので初期費用はほとんどかかりません。

そのうえ、自宅だけなく外でもWi-Fiが利用できる優れものです。

以前のモバイルWi-Fiルーターは、スマホと同じように利用できる通信容量が7GBまでの制限がありました。

しかし、現在は使い放題プランが出たことで、通信容量の制限がなくなりました。

月額料金も、戸建てで光回線を利用するよりも安くなっています。

光回線・モバイルWi-Fiルーター 料金比較表

回線種別月額料金
光回線戸建て:5,000〜6,000円

マンション:3,500〜4,500円

モバイルWi-Fiルーター4,380円

マンションで光回線と使う場合とでは、料金があまり変わらないように見えます。

しかし、モバイルWi-Fiルーターは条件を満たすことができれば、さらに安い料金で利用することができます。

料金を安くできる条件については、後半で詳しく説明します。

簡単に自宅をWi-Fi環境にできるSoftBank Air!

ソフトバンクエアー端末

利用できる場所は自宅に限られますが、モバイルWi-Fiルーターの他にもお手頃なネット回線があります。

それは、携帯電話キャリアのソフトバンクが提供している「 SoftBank Air」です。

SoftBank Airは、一言で言えば「モバイルWi-Fiルーターの自宅専用バージョン」です。

SoftBank Airとは自宅専用のWi-Fiルーターで、端末を自宅のコンセントに差すだけでWi-Fi環境ができあがります。

なので、工事をする必要がなく、初期費用もほとんど発生しません。

無制限でネットができる場所は自宅に限られるので、自宅でネットを使うことが多い人におすすめの方法と言えるでしょう。

月額料金はモバイルWi-Fiルーターより高いので、光回線とそこまで変わりません。

光回線・ SoftBank Air 料金比較表

回線種別月額料金
光回線戸建て:5,000〜6,000円

マンション:3,500〜4,500円

SoftBank Air4,880円

しかし、 SoftBank Airにも利用料金を安くできる方法があります。

後ほど、モバイルWi-Fiルーターの料金を安くする条件と一緒に解説します

格安SIMにも無制限のプランがあるが、速度が遅い⁈

列をなす亀さん

あまり知られていませんが、LTE回線のままでネットの通信容量を無制限にする方法があります。

それは、「格安SIMの使い放題プラン」です。

格安SIMの中で人気の高い「U-mobile」は、通信容量に制限がない「LTE使い放題プラン」を提供しています。

月額料金は2,980円と、ここで紹介している方法の中では最も安くなっています。

しかし、実際に出る通信速度が遅いという口コミが多く、お世辞にも魅力的なサービスとは言えません。


なので、格安SIMの使い放題サービスは、選択肢の中に入れないほうがいいでしょう。

無制限でインターネットができる回線の選ぶ方法を解説!

不正経理は見逃さない!

インターネットを無制限で利用するための回線を選ぶときは、

  • ネットを使うことが多い場所はどこなのか?
  • スマホとセットで割引が受けられる回線を選ぶ!
この2つが最も大切なポイントになります。

通信速度は、そこまで重要視する必要がありません。

スマホでネットを使うなら、通信速度の速さはこだわる必要なし!

ここで、光回線を他のネット回線と比較する対象にした理由は、スマホでネットするときに必要な通信速度です。

今、ここを読んでいる人の中には

「通信速度が速いなら、高い料金を払ってでも光回線を使ったほうがいい」

と思った人がいるでしょう。

また、「光回線は料金が高いから、他のネット回線をもとにWi-Fiを使いたい」と思う人もいるでしょう。

しかし、スマホのためにWi-Fiを用意する場合、光回線ほどの通信速度は必要ありません。

確かに、光回線はネット回線の中で最も通信速度が速いので、どの回線よりも快適にネットが使えるように見えるでしょう。

回線別通信速度

回線種別対応通信速度
光回線下り、上りともに最大1Gbps
モバイルWi-Fiルーター下り速度:最大440〜612Mbps

上り速度:15〜37.5Mbps

SoftBank Air下り速度:最大261Mbps

上り速度:最大7Mbps

しかし、LTE回線の下り速度は平均値が50Mbps程度、最速でも200Mbps前後です。

Speedtest

※SpeedtestアプリでソフトバンクのLTE回線の速度を計測した場合の数値(滋賀県東近江市で計測)

ほとんどの人は、LTE回線でネットをするときは体感で通信速度が速いと思いますよね。

スマホでネットをするときは、50Mbps前後の実効速度が出ていれば問題がないわけです。

もし、最大速度が1Gbpsの光回線でネットを利用しても、体感ではLTE回線と違うがあるように思わないでしょう。

ネットを使うことが多い場所はどこなのか?

スマホで使うネットを無制限にするときは、光回線ほどの通信速度は必要ないことがわかりました。

そうなると、自動的に選択肢はモバイルWi-Fiルーターか SoftBank Airのどちらかになります。

モバイルWi-Fiルーターは家でも外でもネットが無制限で使えるようになり、 SoftBank Airは自宅でスマホのネットが無制限になります。

なので、このどちらかを選ぶときは、ネットの使うことが多い場所が家か外のどちらなのかを知ることが大切です。

スマホでネットをすることが多い場所はどこなのか、思い出してみましょう。

スマホとセットで割引が受けられる回線を選ぶ!

モバイルWi-Fiルーターと SoftBank Airは、それぞれ対象の携帯電話キャリアを利用している人へ割引特典を用意しています。

なので、コストを抑えてWi-Fiを使うには、自分がどの方法を使うとネットが安く使えるのかを知る必要があります。

このあと、モバイルWi-FiルーターとSoftBank Airで割引が受けられる対象を解説するので、自分に見合ったネット回線はどこなのか知ってくださいね。

業界人が無制限のネット回線でおすすめを紹介!

スマホWi-Fi

複数のネット回線を取り扱う窓口にいる人間や私のようなガジェット系ライターは、人から「スマホのネットを無制限で使えるようにする方法はある?」と聞かれると、モバイルWi-FiルーターかSoftBank Airを勧めています。

この2つのネット回線は、工事が必要ないうえに、スマホでネットを使う分には十分な通信速度があるからです。

ただ、それぞれ特徴が異なるので、ネットを使う場所などによっておすすめできるネット回線は違います。

外でもネットを使うことが多いならWiMAXがおすすめ!

家だけでなく、外でもスマホで思う存分ネットがしたい人は、WiMAXがおすすめです。

WiMAXは持ち歩きができるモバイルWi-Fiルーターを利用するので、どこでもネットが無制限で利用できます。

3日間で10GBを使い切らないように注意!

ただ、WiMAXは3日で消費した通信容量が10GB以上になると、翌日の18時から26時まで速度制限がかかるデメリットがあります。

制限がかけられると下り速度が1Mbpsになるので、動画を読み込むとストレスに感じます。

なので、動画の視聴が多い人は、このあと紹介するSoftBank Airを選んだほうがいいかもしれません。

自宅での利用がメインならSoftBank Air!WiMAXもアリ!

外出先よりも自宅でネットを使う時間のほうが長い人は、SoftBank Airを選びましょう。

SoftBank Airには

SoftBank Airには速度制限がかかる条件がない!

SoftBank Airには、先ほどのモバイルWi-Fiルーターのような速度制限がかかる条件がありません。

なので、動画を大量に見る人でも安心して使うことができます。

地域によっては夜に通信速度が低下することがありますが、ネットができなくなるほどではありません。

WiMAXはauと、 SoftBank Airはソフトバンクのスマホとセットで安くなる!

WiMAXとSoftBank Airには、それぞれ割引が受けられる条件があります。

WiMAXは、auのスマホを持っている人に「auスマートバリューmine」を用意しており、毎月スマホの利用料金を割引してくれます。

auスマートバリューmine

割引される金額はスマホの料金プランによって違いますが、WiMAXとauスマホを使い続ける限り最低でも500円、最大で1,000円の金額は割引され続けます。

auスマートバリューmine 割引金額

プラン割引金額
auピタットプラン(シンプル)
:1GBまで
割引対象外
(スーパーカケホ/カケホ)
:2GBまで
(シンプル)
:1GB以上、2GB未満
500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)
:2GB以上、20GB未満
1,000円
auフラットプラン20/30GB1,000円
データ定額5/20/30GB

LTEフラット(7GB)

ISフラット

934円
データ定額2/3GB

ジュニアスマートフォンプラン

シニアプラン

743円
データ定額1GB500円

なお、「auスマートバリューmine」の割引が受けられるスマホは1台までです。

SoftBank Airは名前の通りソフトバンクのサービスなので、ソフトバンクスマホを使っている人に「おうち割光セット」という割引サービスを展開しています。

おうち割光セット

割引される金額の振れ幅は、WiMAXの「auスマートバリューmine」よりも広くなっています。

おうち割光セット 割引金額

プラン2年間3年目以降
データ定額50GB1,000円1,000円
データ定額30GB1,852円934円
データ定額5/20GB1,410円934円
データ定額1/2GB463円463円

さらに、家族が使っているものであれば、最大で10台のソフトバンクスマホがこの割引を受けることができます。

割引を受けることができるネット回線を選べば、光回線よりも安い料金でネットが無制限で利用できます。

自分が契約している携帯電話キャリアに合わせて、月々の料金が節約できるサービスを選びましょう。

まとめ

スマホのインターネットを無制限にするには、

  • 光回線
  • モバイルWi-Fiルーター
  • SoftBank Air
  • 格安SIMの使い放題プラン
この4つの方法があります。

光回線は工事が必要なうえに初期費用と月額料金が高く、格安SIMの使い放題プランはあまりにも通信速度が遅いので、魅力的な方法とは言えません。

モバイルWi-FiルーターとSoftBank Airは初期費用が安く、スマホでネットを使うには十分な速度が出ます。

また、割引の対象になる携帯電話キャリアを契約してれいば、光回線よりも料金が安くなるのでおすすめな方法と言えるでしょう。