光回線のおすすめ4選

無線LANコンバーター/イーサネットコンバーターとは?おすすめも紹介!

無線LANコンバーター、イーサネットネットコンバーターと呼ばれる機器は、有線接続が利用できるスペースを広げてくれる、もしくは無線LANに対応していないデバイスでのWi-Fi接続を可能にしてくれるアイテムです。

 

しかし、コンバーターと呼ばれるアイテムはスペックが低いので、コンバーターとして活用できる中継器やルーターを導入したほうが無難です。

 

ここでは、無線LANコンバーター・イーサネットコンバーターはどんな機器なのか解説しています。おすすめの無線LANコンバーターの紹介もしているので、有線接続を利用できるスペースを拡大したい人はぜひご覧ください。

無線LANコンバーター/イーサネットコンバーターの仕組み

無線LANコンバーター・インターネットコンバーターと呼ばれるアイテムは、無線LANに対応していないデバイスでWi-Fiを使うツールの1つです。

 

通称は無線LANイーサネットコンバーター

最初に、無線LANコンバーターとイーサネットコンバーターが違う機器と考えている人への誤解を解かなければいけません。

 

無線LANコンバーターとイーサネットコンバーターは同じ機器で、通称は無線LANイーサネットコンバーターと呼びます。ここでは、名前が長いので無線LANコンバーターと呼称します。

 

ちなみに、無線LANはWi-Fi、イーサネットはLANケーブルを指す言葉です。

 

無線LANコンバーターがあれば無線未対応のデバイスでWi-Fiが使える

一言でいうと、無線LANコンバーターとは、LANポートが搭載されていて無線LANが使えないデバイスをWi-Fi対応機器に変えるアイテムです。

 

無線LANコンバーターは無線LANルーターが発信するWi-Fiを受信します。無線LANコンバーターにはLANポートがあり、LANケーブルでデバイスとつなぐとWi-Fiに接続してインターネットが利用できます。

 

※無線LANコンバーターの利用イメージ。

 

つまり、無線LANコンバーターがあれば、無線LANに対応していないデバイスでもWi-Fi通信が可能になるわけです。

 

無線LANコンバーターと無線LAN子機の違い

無線LANコンバーターとイーサネットコンバーターは、無線LAN子機と何が違うのか気になりますよね?無線LANコンバーターと無線LAN子機の仕組みには違いがありませんが、使い方が少し異なっています。

 

無線LANコンバーターと無線LAN子機は兄弟みたいな関係

無線LANコンバーターと無線LAN子機は、どちらも同じ役割をするアイテムです。先ほど説明した通り、無線LANコンバーターは無線に対応していないデバイスでのWi-Fi通信を可能にする機器です。

 

無線LAN子機もルーターからWi-Fiを受信して、デバイスに接続すれば無線に対応していいないパソコンやテレビでWi-Fiを使えるようにしてくれます。

 

デバイスとの接続方法に違いがある

ただ、無線LANコンバーターと無線LANの子機には、デバイスと接続する方式に違いがあります。

 

無線LANコンバーターとデバイスをつなぐときは、LANケーブルを使わなければいけません。無線LAN子機にはUSB端子があるので、デバイスにUSBポートがあれば直接差し込めます。

 

USBポートが搭載されていて無線LANに対応していないパソコンやテレビをWi-Fiにつなぎたいときは、無線LAN子機を使ったほうが手軽です。無線LANコンバーターはLANポートでの接続が利用できるパソコンやテレビ、ゲーム機におすすめのアイテムといえます。

 

無線LANコンバーターとしても使える中継器やルーターがある

無線接続に対応していないデバイスでのWi-Fi通信を可能にするアイテムは、無線LANコンバーターや子機だけではありません。Wi-Fiの発信範囲を広げる中継器にはLANポートが装備されているモデルがあり、LANケーブルを使ってデバイスとつなげばコンバーターとして活用できます。

 

中継器機能がありLANポートが搭載されているルーターもあり、親機となる無線LANルーターと連携させれば無線LANコンバーターとして活用できます。

 

無線LANコンバーターとしての機能しか利用できない製品はスペックが低いので、中継器やルーターをコンバーターとして活用する方法は意外とおすすめできます。

無線LANコンバーターの価格相場

無線LANコンバーターの販売価格は種類ごとに異なりますが、おおよそで2,000円から5,000円が相場です。振れ幅が3,000円もあると値段が安い無線LANコンバーターを選びたくなりますよね?

 

しかし、振れ幅が3,000円ある理由は性能の違いなので、一概に値段の安さだけで購入するコンバーターを選んではいけません。

 

2,000円代で購入できるモデルはスペックが低い

2,000円代で買える無線LANコンバーターはとても魅力的ですが、値段が安い理由はスペックが低い点なので注意しなければいけません。

 

無線LANコンバーターは種類ごとにスペックが異なっていて、性能が低くなるほど通信速度が遅くなってしまいます。運が良ければ値段が安くてスペックが高いお買い得品に巡りあえる場合もありますが、基本的に値段の安さだけで選ばないようにしましょう。

 

5,000円ほど出せば高性能モデルが買える

値段が高い無線LANコンバーターは購入するコストがかかる分、出せる通信速度が速いので快適にインターネットが利用できます。

 

といっても、1万円や2万円といった高額なコンバーターを買う必要はありません。5,000円も出せば、十分な性能を兼ね備えた無線LANコンバーターが手に入るからです。無線LANコンバーター機能がある中継器やルーターも5,000円ほどで買えます。

 

無線LANコンバーターの選び方やおすすめのモデル

無線LANコンバーターを買うときは、ポイントを押さえたうえで製品を選ぶ必要があります。

 

対応している無線LAN規格をチェック

無線LANコンバーターを選ぶときは、どの無線LAN規格に対応しているのか確認しなければいけません。無線LANコンバーターに限らず、ルーターが飛ばすWi-Fiを受信する機器の通信速度は、どの無線LAN規格に対応しているかで左右されるからです。無線LAN規格には、以下の5種類があります。

 

「無線LAN規格別の最大速度」

無線LAN規格最大速度
IEEE802.11ac433~1,300Mbps
IEEE802.11a54Mbps
IEEE802.11b11Mbps
IEEE802.11g54Mbps
IEEE802.11n150~450Mbps

 

最大で1Gbpsまでの速度が出せる光回線を導入している場合、快適にインターネットを使うにはIEEE802.11acに対応した無線LANコンバーターが必要になります。

 

LANポートの規格も要チェック

無線LANコンバーターを買うときは、装備されているLANポートの規格も確認しましょう。LANポートにも以下4つの規格があり、どれに対応しているかで通信速度が左右されます。

 

「有線LANポートの規格別最大速度」

規格最大通信速度
10GBASE-T10Gbps
1000BASE-T1Gbps
100BASE-T100Mbps
10BASE-T10Mbps

 

光回線を導入している場合、最低でも1Gbpsまでの速度が出せる1000BASE-Tに対応したLANポートが装備された無線LANコンバーターが必要です。

 

無線LANコンバーターを使うときはLANケーブルの種類にも注目

無線LANコンバーターはLANケーブルでデバイスと接続するアイテムなので、導入するときは利用するLANケーブルの種類もチェックしてください。LANケーブルには、以下6種類の規格があるからです。

 

「LANケーブル 種類別対応速度早見表」

規格通信速度伝送帯域
CAT5100Mbps100MHz
CAT5e1Gbps100MHz
CAT61Gbps250MHz
CAT6A10Gbps500MHz
CAT710Gbps600MHz
CAT840Gbps2000MHz

 

上記の表を見るとわかりますが、光回線を導入している場合、デバイスと無線LANコンバーターをつなぐ際に最低でもCAT5eに対応したケーブルを使わなければいけません。値段の安いという理由だけで規格がCAT5のLANケーブルを購入すると、通信速度が遅く感じるので注意してください。

 

コンバーターとしてしか使えないアイテムはおすすめできない

無線LANコンバーターを選ぶ前に、コンバーターとしてしか使えないアイテムは買うべきではない点を知っておかなければいけません。コンバーター機能しか利用できないアイテムはスペックが低いからです。

 

コンバーター機能しか使えない機器を買うと通信速度が遅く感じる恐れがあるので、快適にインターネットできるとはいえません。しかし、今から紹介するコンバーター機能が備わった無線LAN中継器やルーターを導入すれば、通信速度の不安を解消できます。

 

以上の点を踏まえて、おすすめの無線LANコンバーターを見てみましょう。

 

もっともおすすめはコンバーターとして使える中継器

一番おすすめできるアイテムは、コンバーターとしても活用できる無線LAN中継器です。中継器ならIEEE802.11acに対応した種類があり、快適にインターネットができるからです。中継器にもさまざまな種類がありますが、なかでもBuffaloのWEX-1166DHPはおすすめです。

 

WEX-1166DHPはLANポートが装備されているので、中継器としてだけでなくコンバーターとしても活用できます。

 

対応している無線LAN規格もIEEE802.11acなうえに、LANポートの規格も1000BASE-Tなので、快適にインターネットが使える通信速度を出してくれます。

 

コンバーターとして使えるルーターもおすすめ

無線LANルーターから離れた部屋で複数のデバイスを有線で接続したいのなら、中機機能が使えるルーターがおすすめです。中継機能がある無線LANルーターには、複数のLANポートが搭載されているからです。

 

中継機能が使える無線LANルーターにもさまざまな種類がありますが、おすすめはBuffaloのWSR-1166DHP3です。

BuffaloのWSR-1166DHP3は無線LANルーターとして定番のモデルですが、中機機能も備わっているのでコンバーターとしても活躍してくれます。LANポートも4つ装備されているので、複数のデバイスを有線でインターネットに接続させたい人におすすめです。

 

対応している無線LANとLANポートの規格も申し分ないので、使い心地は文句なしです。

 

テレビで使うならコンバーターより子機がおすすめ

テレビ向けの無線LANコンバーターはパソコン向けより遥かに種類が少なく、おすすめできるモデルもBuffaloのWLI-UTX-AG300ぐらいしかありません。

WLI-UTX-AG300はUSB端子を経由してテレビから受け取る電気で動くので、導入するときにコンセント周りが散らかる心配がありません。しかし、IEEE802.11acに非対応なうえに、LANポートの規格も1000BASE-Tに対応していないので通信速度が遅いと感じる可能性が高いです。

 

先ほど紹介したコンバーター機能が使える中継器やルーターを使う方法はありますが、ただでさえあらゆるケーブルが混在するテレビの裏側がさらに散らかるので、一概におすすめできません。

 

しかし、テレビにUSBポートがある場合、無線LAN子機を使う方法があります。子機はコンパクトサイズでスペースを占拠しないからです。無線LAN子機にもさまざまな種類がありますが、テレビで使うならELECOMのWDC-867DU3Sがおすすめです。

WDC-867DU3Sは超小型の無線LAN機器なうえにコンセントに差す必要もないので、テレビにつないでもコンセント周りに影響を与えません。さらに、無線LAN規格もIEEE802.11acに対応しているので、通信速度を心配する必要もありません。

 

PS4で使うならコンバーター機能がある中継器

PS4でオンラインゲームをするためにコンバーターを導入するなら、先ほど紹介したBuffaloの中継器WEX-1166DHPがおすすめです。WEX-1166DHPは数ある中継器のなかでもハイスペックモデルなので、ある程度は通信スピードの速さが期待できます。

 

ただ、無線LANコンバーターを購入したからといって、必ずPS4のオンラインゲームが快適にできるわけではありません。PS4と無線LANコンバーターを有線で接続しても、コンバーターと無線LANは無線でつながっているからです。

 

無線接続は有線と比べて通信状態が不安定になりやすいので、オンラインゲームで利用すると遅延(ラグ)が起きる可能性が高くなります。PS4を有線で無線LANコンバーターに接続しても、コンバーターとルーターの間が無線でつながっているのでラグが起きる可能性は低くできません。

 

どうしても遅延をなくしたいのであれば、長いLANケーブルを使ってPS4を直接ルーターやONUに接続したほうがいいでしょう。

 

PS4と無線LANルーターとの距離が遠すぎて有線接続が難しいのであれば、無線LANルーターをゲーム向けのモデルに変える方法があります。NETGEARはゲーム向けのNighthawkシリーズを販売しています。

Nighthawkシリーズは1GHzデュアルコアプロセッサーが搭載されているので、Wi-Fi接続でゲームをする場合でも遅延を最小限に抑えてくれます。ただ、あくまで遅延を最小限にするアイテムなので、必ずラグが発生しないわけではない点を承知したうえで購入しなければいけません。

 

まとめ

無線LANコンバーターはルーターが飛ばしているWi-Fiを受信して、離れた部屋でも有線接続の利用を可能にしてくれるアイテムです。といっても、無線LANコンバーターと呼ばれる機器はスペックが低いので、LANポートが利用できる中継器や中継機能が備わったルーターをコンバーターとして使うべきです。

 

コンバーターとして利用する中継器やルーターも種類ごとに性能が違うので、購入するときは以下の以下2つの条件をクリアしているモデルを選びましょう。

 

・無線LAN規格はIEEE802.11ac

・LANポートの規格は1000BASE-T

 

また、デバイスをつなぐLANケーブルの規格にも注意して、最低でもCAT5eに対応している製品を選んでくださいね。