光回線のおすすめ4選

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドとは?速度は遅いか評判と実態を解説!

ソフトバンク光ではIPv6高速ハイブリッドが利用できますが、どんな機能なのかわからないですよね?

 

IPv6高速ハイブリッドはソフトバンク光の通信速度を安定させられる機能で、今のネット回線に不満がある人にオススメです。ソフトバンクユーザーであれば利用料金もさほどかかりません。

 

ここではソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドについて解説していきますので、ぜひご覧ください。

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドとは

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドはより通信速度を安定させられるツールです。基本的な機能の内容を見れば、ソフトバンク光を契約するときにIPv6高速ハイブリッドを使う価値があると感じられます。

 

IPv6高速ハイブリッドの基本コンセプト

ソフトバンク光がIPv6高速ハイブリッドを展開している理由は、IPv4のIPアドレス不足問題にあります。

 

IPv4で発行できるIPアドレスの数には約43億個までと限られていて、2011年11月31日の時点で(アメリカの国政調査局の推測だと2012年3月12日頃)では世界の人口が70億人に達したことで不足が問題視されています。

 

IPv6高速ハイブリッドはIPアドレスの不足問題を回避するために展開されているIPv6が利用できるサービスです。IPv6では約340澗個までのIPアドレスが発行できるので、ユーザーに浸透すればIPアドレスが不足しません。

 

IPv6高速ハイブリッドはIPv4のIPアドレス不足問題を回避するために展開されているわけです。

 

IPv6高速ハイブリッドには他の機能がある

IPv6高速ハイブリッドではIPv6が利用できるだけでなく、以下2つの機能も備わっています。

 

  • IPoE接続
  • IPv6 IPoE+IPv4

 

①は名前の通りIPoE方式でインターネットに接続できる機能です。IPoE方式を使うとプロバイダを経由せずにインターネットに接続できるので、時間帯を問わず通信速度が安定します。

 

IPv4ではプロバイダを経由するPPPoE方式しか利用できず夜に通信速度が不安定になりがちだったので、より快適にインターネットを使いたい人はIPoE方式を利用する傾向が出ています。

 

※IPoE方式とPPPoE方式のイメージ。

 

②は切り替えをせずに自動でIPv6とIPv4が利用できるうえに、どちらの方式でもIPoE接続が可能にしてくれる機能です。従来のIPv4だとPPPoE接続しか利用できず通信速度が不安定になりがちなので、IPv6高速ハイブリッドはIPv4での速度も安定させられます。

 

IPv6に対応していないウェブサイトやオンラインゲームを使うときはIPv4で接続する必要があるので、IPv6高速ハイブリッドを利用する状態にすればネット環境が快適にできます。

 

以上の点を踏まえると、IPv6高速ハイブリッドはソフトバンク光の通信速度を向上させられるツールといえるでしょう。

 

IPv6高速ハイブリッドと普通のIPv6の違い

IPv6高速ハイブリッドと普通のIPv6は根本的な仕組みが違います。IPv6は単なる通信プロトコルの一種ですが、IPv6高速ハイブリッドには付加価値が加えられています。

 

IPv6は通信プロトコルでしかない

そもそもIPv6は通信速度を速くするツールではなく、インターネット通信のプロトコルでしかありません。よりわかりやすくいうと、IPv6はIPアドレスを発行する方式にすぎません。

 

IPv6を使えば通信速度が安定すると思っている人は少なくありませんが、あくまでIPアドレスを発行する方式でしかないので間違えないように注意してください。

 

IPv6高速ハイブリッドはIPoE接続で高速なうえにIPv4と併用できる

IPv6高速ハイブリッドには従来のIPv6方式に加えて、先ほど説明したIPoE接続とIPv6 IPoE+IPv4が利用できます。

 

IPoE接続を利用すると通信速度が安定するうえに、IPv6 IPoE+IPv4を使えばIPv4でもIPoE接続が可能になります。

 

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドのメリット

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドには以下3つのメリットがあります。

 

  • IPoE接続で通信速度が安定する
  • 切り替え不要でIPv6とIPv4が併用できる
  • 面倒な設定が不要
  • おうち割光セットを適用できれば利用料金が安い

 

上記のメリットを受けるとネット環境が快適になるので、ソフトバンク光を契約する場合はIPv6高速ハイブリッドを使う価値があります。

 

IPoE接続で通信速度が安定する

IPv6高速ハイブリッドではIPoE接続ができるので、通信速度が安定した状態でIPv6を利用できます。IPv6が利用できてもIPoE接続ができないプロバイダは意外と多いので、IPv6高速ハイブリッドは魅力的なサービスといえます。

 

切り替え不要でIPv6とIPv4が併用できる

IPv6高速ハイブリッドにはIPv6 IPoE+IPv4機能が備わっているので、IPv6とIPv4が併用できるうえに切り替えが必要ありません。さらにIPv4を利用するときもIPoE方式で接続できるので、アクセスするウェブサイトがIPv6に未対応でも通信速度が安定します。

 

面倒な設定が不要

IPv6高速ハイブリッドには面倒な設定が必要ないメリットもあります。IPv6高速ハイブリッドを使う方法は光BBユニットをレンタルして設置するだけで、プロバイダ情報などを入力する必要がありません。

 

おうち割光セットを適用できれば利用料金が安い

IPv6高速ハイブリッドを使うには月額467円で光BBユニットをレンタルする必要がありますが、おうち割光セットに加入する場合は加入必須のオプションパックに含まれているので、ソフトバンクユーザーの人なら気にする必要はありません。

 

加入必須のオプションパックは月額500円ですが、おうち割光セットの割引金額はスマホ1台あたり500円から1,000円なので実質無料で光BBユニットをレンタルできます。

 

必須加入オプションの内容は下記の3つです。

 

  • 光BBユニットレンタル
  • 光電話
  • Wi-Fiマルチパック(光BBユニットの無線LAN機能)

 

上記のオプションを利用すると従来なら1,924円の月額料金がかかりますが、おうち割光セットを適用すれば月額500円になります。

 

光BBユニットからWi-Fiを飛ばすこともできるので、ソフトバンクユーザーにとってIPv6高速ハイブリッドの利用条件は悪くありません。

 

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドのデメリット

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドには以下2つのデメリットがあります。

 

  • 光BBユニットをレンタルしないと使えない
  • おうち割光セットを適用しないと利用料金が高い

 

おうち割光セットを適用しないと利用料金が高くなるので、ソフトバンクユーザーではない人は他社回線でのIPv6の利用を検討する必要があります。

光BBユニットをレンタルしないと使えない

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドを使うには光BBユニットをレンタルしなければならず、市販のルーターでは利用できません。ソフトバンク光でIPv6対応の市販ルーターを利用しても、接続方式はIPv4でのPPPoEになるので夜に通信速度が不安定になります。

 

おうち割光セットを適用しないと利用料金が高い

おうち割光セットを適用できないと光BBユニットのレンタル料金の毎月467円をそのまま負担しなければいけません。

 

さらに光電話やWi-Fiマルチパックの利用料金も従来通りの金額で請求されるので、ソフトバンクユーザーでない人は他社回線でのIPv6の利用を検討する必要があります。ソフトバンクユーザー以外の人は他社の回線を契約したほうが低料金か無料でIPv6の高速サービスを利用できるからです。

 

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドの口コミ・評判

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドの評判は良好ですが、光BBユニットのレンタルがネックと感じる人は少なくありません。

 

通信速度が安定すると評判

IPv6高速ハイブリッドを利用した場合の通信速度は評価が高く、口コミを見れば使い心地が抜群なのがわかります。実効速度が100Mbpsを超えた事例がいくつもあるからです。

 

 

100Mbpsを下回っても90Mbpsは出るので通信速度の評価は申し分ありません。

 

 

夜になっても通信速度は低下しないので、IPv6高速ハイブリッドを使えば快適なネット環境ができあがると思っていいでしょう。

 

光BBユニットのレンタルがネックと感じる声も

通信速度の評判とは裏腹に、光BBユニットのレンタルが必要な点に不満を感じている人もいます。光BBユニットを使うとレンタル料金が発生するからです。

 

 

おうち割光セットが受けられれば光BBユニットのレンタル料金は気になりませんが、ドコモやauでスマホを使っていると料金がそのまま請求されてしまいます。ソフトバンクでスマホを利用していない場合、他社でIPv6を使ったほうが金銭的におトクです。

 

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドは契約すべき?

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドを使うべきかは、ソフトバンクでスマホを使っているかで決まります。ソフトバンクでスマホを使っているならIPv6高速ハイブリッドを使うべきですが、地域によっては他社を使うべき場合があります。

 

ソフトバンク以外の携帯会社でスマホを利用している場合、他社回線でIPv6を使うべきです。

 

おうち割光セットを受けられるなら使うべき

おうち割光セットが受けられるソフトバンクユーザーなら、ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドを使うべきです。おうち割光セットを受けられれば、IPv6高速ハイブリッドを実質無料で利用できるからです。

 

さらに光BBユニットの無線LAN機能も利用できるので、これからWi-Fi環境を作りたい人にもソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドはオススメです。

 

ソフトバンクユーザーでもNURO光の提供エリアなら話は別

NURO光の提供エリアに住んでいる場合、ソフトバンクでスマホを利用していてもソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドを使うべきとはいい切れません。おうち割光セットはNURO光でも受けられるからです。

 

NURO光は最大2Gbpsまでの速度が出せるだけでなく、IPv6 IPoE+IPv4対応なので実効速度の安定性は抜群です。IPv6を利用するために専用ルーターをレンタルする必要もありません。さらに戸建てでの月額料金もソフトバンク光よりも安くなっています。状況次第ではマンションに住んでいる場合もNURO光のほうがおトクです。

 

ソフトバンク光とNURO光の月額料金比較表
回線種別戸建てマンション
ソフトバンク光5,200円3,800円
NURO光4,743円4,743円(NURO光 for マンションを契約できる場合は1,900~2,500円)

 

通信速度の数値もNURO光のほうが優れていて、数百Mbpsもの実効速度が出たとの口コミがいくつも挙がっています。

 

 

自宅がNURO光の提供エリアであれば、ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドではなくNURO光の高速回線のほうがオススメです。

 

ソフトバンク以外のスマホユーザーは他社のIPv6がおすすめ

ソフトバンク以外の携帯会社でスマホを利用しているのなら、ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドはオススメできません。ソフトバンク以外のスマホユーザーがソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドを使うと、光BBユニットのレンタル料金をそのまま負担しなければならないからです。

 

ソフトバンク以外のスマホユーザーの人は他社の回線を契約してIPv6を使いましょう。IPv6に対応している回線やプロバイダはいろいろありますが、通信速度を向上させるのならIPv6 IPoE+IPv4が利用できる下記の事業者を選んでください。

 

IPv6 IPoE+IPv4対応事業者
ドコモ光(GMOとくとくBB)、OCN光、ビッグローブ光、ぷらら光、So-net光、@nifty光、auひかり(プロバイダごとに異なる)、NURO光、コミュファ光(プロバイダごとに異なる)、eo光、ピカラ、メガエッグ

 

IPv6 IPoE+IPv4に対応していない回線やプロバイダを契約すると、PPPoEでの接続になるので通信速度が向上しません。

 

ドコモユーザーの人にはドコモ光、auユーザーの人にはauひかりやビッグローブ光がオススメです。ドコモ光ではドコモのスマホ代が、auひかりやビッグローブ光ではauのスマホ代が安くなるセット割が受けられるうえに、キャンペーンを受けて初期費用を大幅に軽減できます。