光回線のおすすめ4選

iPhone/スマホはSIMカードなしでもWi-Fiがあれば使える?仕組みをわかりやすく解説!

解約してSIMカードを挿入していないiPhoneやスマホは使い道がないと思われがちです。

しかし、SIMカードしていないiPhoneやスマホも、Wi-Fiに接続すれば意外な使い道が見つかります。

万が一の予備としても活躍するかもしれないので、あらゆる使い道を知ってから手放すかを決めましょう。

 

ここでは、解約してSIMカードを挿入していないiPhoneやスマホの使い方を紹介します。

機種変更をしてSIMカードがないiPhoneやスマホを持っている人は是非ご覧ください。

iPhone/スマホはSIMカードなしで使えるのか知ろう!Wi-Fiは必須?

iPhoneやスマホは解約してからも、SIMカードがなしで使い続けられます。

しかし、携帯電話としての機能はなくなるので、用途は制限されます。

 

Wi-FiがあればSIMカードがないiPhone/スマホは活用できる

先に結論から言うと、iPhoneやスマホは解約してSIMカードがない状態になってもWi-Fiさえ接続すれば利用できます。

iPhoneとスマホは、4G回線とWi-Fi接続の2つの通信が利用できる端末だからです。

 

Wi-Fiに接続してiPhoneやスマホをSIMカードなしで使える仕組みを理解するために、SIMカードと4G回線やWi-Fiの仕組みを見てみましょう。

 

SIMカードとはiPhone/スマホを4G回線の利用を可能にするアイテム

最初に、iPhoneやスマホに挿入するSIMカードの役割を見てみましょう。

 

SIMカードは携帯電話キャリアの回線を契約すると発行されるカードで、iPhoneやスマホに挿入して4G回線が利用できるようになります。

 

 

解約するとSIMカードは機能しなくなり、挿入しても4G回線が利用できません。

ただ、新しく購入するスマホで同じ種類のSIMカードが利用できる場合、引き続き同じカードを使い続けられます。

(機種変更をする際に新しいSIMカードを発行してもらうこともできます)

 

4G回線とWi-Fiは全く異なる通信

4G回線はiPhoneやスマホにSIMカードを差し込んで利用できる回線で、携帯電話キャリアが提供しています。

Wi-Fiに接続していないiPhoneやスマホは、SIMカードを差し込んで4G回線を使わないとインターネット通信ができません。

また、音声通話は4G回線がなければ利用できません。

 

Wi-Fiは4G回線とは別のインターネット回線を無線に変換した電波です。

 

Wi-Fiに接続すれば、4G回線とは別の回線でインターネット通信が行えます。

 

iPhoneやスマホでインターネット回線通信だけを行うなら、4G回線かWi-Fiのどちらがあれば可能です。

つまり、解約してSIMカードがないiPhoneやスマホでも、Wi-Fiさえあれば使い続けられるわけです。

 

Wi-Fiがあれば幅広い用途でスマホを利用できる

Wi-Fiがあれば、SIMカードのないiPhoneやスマホでもインターネットサイトやYouTubeなどの動画を見ることができます。

インストールしているアプリでゲームをすることもできるので、Wi-Fiに接続すれば解約する前と同じ感覚でiPhoneやスマホを使えると言えます。

しかし、LINEだけは例外で、機種を買い替えた状況によってはSIMカードがないiPhoneやスマホで利用できない場合があります。

LINEが利用できない状況は後で詳しく説明します。

 

カメラ機能とダウンロードした音楽の再生はWi-Fiと4G回線がなくても使える

SIMカードがないiPhoneやスマホでは、一部の機能をWi-Fiがなくても利用できます。

 

カメラ機能を使った写真撮影や、カメラで撮影した写真や動画の閲覧は4G回線とWi-Fiのどちらがなくても可能です。

予め端末に取り込んである音楽や動画も、4G回線とWi-Fiのどちらがなくても視聴できます。

ただ、月額配信サイトでダウンロードした動画や音楽は、今も継続して会員登録していないと視聴できません。

今も月額配信サイトの会員だとしても、SIMカードがない端末を定期的にインターネットに接続しなければ再生できなくなるので注意が必要です。

 

SIMカードがない端末はテザリングを使ってもネットに接続できる

SIMカードがないiPhoneやスマホは、Wi-Fiだけでなくテザリング機能を使ってインターネットに接続することもできます。

 

※SIMカードがないiPhoneで他の端末のテザリング機能を使う際の設定画面。

 

テザリング機能が活用できれば、SIMカードがないiPhoneやスマホを外でも使えるようになります。

買い替えたスマホでテザリングを頻繁に使う機会があれば、SIMカードがないiPhoneやスマホをインターネットに接続してみましょう。

 

SIMカードがなしのiPhoneやスマホで出来ないことを知っておこう

SIMカードがないiPhoneやスマホは携帯電話キャリアの回線が利用できないので、携帯電話の趣旨となる機能が利用できません。

といっても、携帯電話の趣旨となる機能は新しいメイン端末で利用するので、大きな問題にはなりません。

 

従来の通話機能が利用できなくなる

iPhoneやスマホで利用する音声通話の機能は、携帯電話キャリアの4G回線でしか利用できないので、SIMカードがない端末ではインターネット回線を介す機能しか使えなくなります。

といっても、音声通話の機能は買い替えたメイン端末で利用する人がほとんどだと思うのでは、大きなデメリットにはならないでしょう。

 

機種変更をする場合はLINEが使えない

何とかしかSIMカードがないiPhoneやスマホで音声通話を利用した場合、LINEの通話機能を使えばいいと思いますよね?

 

機種変更をして他の機種にLINEのアカウント情報を引き継いだ場合、SIMカードなしになったiPhoneやスマホではLINEが使えなくなります。

ただ、機種変更をする際に電話番号を変えて新しいLINEのアカウントを作成した場合は、SIMカードがないiPhoneやスマホに古いアカウントを残してLINEを利用できます。

 

iPhoneはSIMカードがないとアクティベートができない

解約したiPhoneに残ったデータを消去するために初期化をして、再度利用する場合はアクティベートをしなければいけません。

アクティベートとは、初期設定する際にAppleのサーバーから認証を得てiPhoneを利用可能な端末にする作業です。

※アクティベート中のiPhoneの画面。

 

アクティベートは回線を契約しているSIMカードを端末に挿入しないと行えないので、解約したiPhoneを初期化させてしまうと利用不可能な状態になってしまいます。

ただ、機種変更をした後に利用しているSIMカードを解約したiPhoneに挿入できれば、初期化をしてもアクティベートが行えます。

SIMなしのiPhoneやスマホのいろんな活用方法を紹介!

SIMなしのiPhoneやスマホをWi-Fiに接続すると、あらゆるシーンで活用できます。

使用目的が見つからなくても、機種変更で購入したスマホをお得に使うための役目を果たしてくれます。

 

音楽/動画プレイヤーとして活用する

SIMカードがないiPhoneやスマホは、Wi-Fiに接続すれば月額配信サイトの音楽や動画を再生できるので、自宅専用のエンタメ再生プレイヤーとして活用できます。

スマホを自宅専用の動画プレイヤーにするには画面サイズが小さく感じますが、HDMI端子に変換するケーブルを使えばテレビに接続すれば大画面での視聴が可能になります。

端末をスピーカーに繋げて、解約したiPhoneやスマホを高音質音楽プレイヤーに変えることも可能です。

 

 

また、iTunesやGoogle Play Musicで購入した音楽は、Wi-Fiない場所でも再生できます。

 

スマホゲームのサブアカウント専用機にして使う

新しい端末にゲームアプリの引き継ぎを行った後は、解約したiPhoneやスマホで新しい同じゲームのサブアカウントを立ち上げることができます。

新しい端末に引き継いだアカウントはアイテム課金をするメインに指定して、解約したiPhoneやスマホでは課金を行わないサブアカウントを利用する人は珍しくありません。

 

写真や動画を保存する予備倉庫にする

今利用しているiPhoneやスマホに写真や動画を保存し過ぎてストレージ容量に余裕がない状況では、SIMカードがないiPhoneやスマホが予備端末として活躍してくれます。

SIMカードがない端末には、メインで利用しているiPhoneやスマホに保存した写真や動画を移せるからです。

 

iPhoneでは、AirDropを使って他のiPhoneやiPadに写真や動画を簡単に送信できます。

 

 

AirDropを使って解約したiPhoneに写真や動画を送信して、メインで利用しているiPhoneのデータを削除すればストレージ容量の消費を削減できます。

 

SIMカードがない端末と新しく購入した端末がどちらもAndroidの場合は、SDカードかAndroidビームを使ってデータを行き来させ、ストレージ容量の圧迫を軽減できます。

 

解約したiPhoneやスマホのストレージ容量に空きがある場合、利用しているメイン端末のストレージに余裕を持たせるための予備端末としての活用を検討してみましょう。

 

災害用の予備端末としても活用できる

北海道胆振東部地震による大規模停電が起きた際に、停電が起きてスマホのバッテリーが持たなくなった話は記憶に新しいのではないでしょうか?

北海道胆振東部地震による停電発生時には、モバイルバッテリーの必要性を認識させられましたが、SIMカードがないiPhoneやスマホを定期的に充電しておいても災害時に役立ちます。

 

機種変更をした端末と解約した端末で利用するSIMカードが同じ種類であれば、解約済みの端末を災害時の予備端末として利用できます。

 

既に解約したiPhoneやスマホでも、回線を契約しているSIMカードを差し込めば、以前のように携帯電話として利用できるからです。

ただ、解約した際に他のキャリアへ乗り換えている場合、端末のSIMロックを解除しなければ予備端末として利用できません。

災害時の予備端末として備えておく際は、SIMロックを解除しておきましょう。

 

解約した端末に挿入できるSIMカードがない場合でも、Wi-Fiに接続すればインターネットに接続できるので、災害が起きた際の情報収集に利用できます。

 

使用用途が見つからない場合は機種変更時に下取りに出す

解約したiPhoneやスマホを音楽プレイヤーや予備端末として利用する必要がない場合は、機種変更をするときに下取りに出しましょう。

 

ドコモ・ソフトバンク・auでは、機種変更をする際に解約する端末を下取りに出すと、24ヵ月間の利用料金を割り引いてくれます。

割引金額は解約する機種によって異なりますが、2年間のスマホ代が500円から1,000円ほど安くなるので、下取りに出して損はありません。

 

中古販売店に売って現金に替える

解約したiPhoneやスマホを中古販売店に買い取ってもらい現金を手に入れるのも1つの方法です。

ただ、機種変更をする際に下取りに出したほうがお得な場合もあるので、下取りに出すよりも還元額が高いのか比較したうえで中古販売店に売るかを決めましょう。

 

まとめ

解約してSIMカードがないiPhoneやスマホは、Wi-Fiに接続すればインターネット通信を介す機能が利用できます。

万が一の予備端末としてSIMカードがないiPhoneやスマホを取っておくのも1つの手です。

ただ、Wi-Fiがあっても音声通話は利用できず、LINEもアカウントを別の機種に移行すると利用できないので注意してください。

 

SIMカードがないiPhoneやスマホの使い道が見当たらない場合は、機種変更をする際に下取りに出すか、中古販売店に買い取ってもらいましょう。