光回線のおすすめ4選

ホテルのWi-Fiの危険性は高い?!セキュリティ対策を解説!

旅行や出張で宿泊したホテルで無料のWi-Fiを見かけると使いたくないますよね?しかし、ホテルに設置されているWi-Fiにはセキュリティに大きな欠陥があり、何も知らずに使うと大きなトラブルに発展してしまいます。

 

最悪の場合だと多額の金銭トラブルにあう恐れがあるので、ホテルのWi-Fiに潜んでいる危険性を知っておきましょう。

 

ここでは、ホテルに設置されているWi-Fiの危険性について詳しく解説します。ホテルのWi-Fiを使うための対策も紹介するのでぜひご覧ください。

ホテルのWi-Fiを使う危険性

今や、ホテルでは高級やビジネスといったクラスに関係なく、Wi-Fiが無料なうえに簡単に使えるようになりました。

ホテルで無料のWi-Fiが使えると聞くと、スマホのデータ量を節約するために活用したいと思いますよね?しかし、ホテルに設置されているWi-Fiには大きな危険が潜んでいるので、対策なしでの利用はおすすめできません。

 

ホテルのWi-Fiが危険な2つの理由

ホテルのWi-Fiが危険だと考えるべき理由は2つあります。

 

不特定多数の人が利用している

1つめは、ホテルのWi-Fiは不特定多数の人に向けて提供されている点です。

 

ホテルに設置されているWi-Fiは誰でも簡単に使えるメリットがあります。しかし、不特定多数の人間が同じネットワークを使うので、利用者のなかにハッキング能力を持った人間がいると自分の通信情報を盗まれてしまいます。

 

マルウェアDarkhotelの標的となっている

ホテルのWi-Fiには、マルウェアのDarkhotelの標的にされている欠点もあります。

 

Darkhotelとはホテルの経営会社の幹部や従業員が行う通信内容を狙ったマルウェアといわれていますが、宿泊者の通信内容もターゲットにされている可能性も0ではありません。Darkhotelに感染すると、通信内容から自分のあらゆる情報を盗まれてしまいます。

 

自分の情報を盗まれる恐れがある

ハッカーやマルウェアが通信内容をもとに情報を盗むといわれても、どんな情報がターゲットになっているのかわからないですよね?ハッカーやマルウェアに引っかかると、知らない間にインターネットで活用しているツールが悪用されてしまいます。

 

クレジットカードが悪用される

ホテルのWi-Fiを使いときにもっとも懸念されるリスクが、第三者によるクレジットカードの悪用です。

 

ホテルのWi-Fiに接続しているときにオンラインショッピングでクレジットカード決済を利用すると、自分のクレジットカード情報を盗まれてしまう危険があります。さらに、第三者にカードを悪用されて、カード会社から身に覚えのない高額な請求をされて驚くハメになります。

 

カード会社が用意した保険に加入していれば高額な請求をされてもお金を負担する必要がなくなりますが、手続きが面倒なのでホテルのWi-Fiを利用したときのオンラインショッピングはするべきではありません。

 

自分の家が特定される

ホテルのWi-Fiに接続しているときに、オンラインショッピングやサイトの会員登録などで自分の住所を入力すると、知らない人に自宅の住所がバレる恐れがあります。

 

自分の住所が第三者に知られるなんてただでさえ気持ちが悪いですが、女性の人が住所を盗まれるとストーキング被害にまで発展してしまう危険があります。ですので、ホテルのWi-Fiに接続するときは、自宅の住所を入力する手続きを避けましょう。

 

SNSアカウントが乗っ取られる

ホテルのWi-Fiに接続した状態でTwitterやInstagram、LINEなどのSNSを利用すると、ログインIDとパスワードが盗まれて自分のアカウントが乗っ取られる恐れがあります。

 

以前から、ハッカーが他人のLINEアカウントを乗っ取り、勝手にメッセージを操作して友人にiTunesカードやWebMoneyカードを買ってきてコードを写真で送ってほしいと依頼する手口の詐欺が多発しています。

 

 

乗っ取られた友人のLINEアカウントからiTunesカードなどを買ってきてほしいと頼まれ経験がある人は多いのではないでしょうか?

 

Instagramが乗っ取られて、自分が撮影するはずもない不快な写真を投稿された事例も目地らしくありません。

 

 

著名人のなかにも自分のInstagramアカウントが乗っ取られた人がいます。有名な女性格闘家のKINGレイナ氏も、以前にInstagramアカウントを乗っ取られた経験があります。

 

 

さらに、IDとパスワードまでハッカーに変更されてしまうので、自分での操作が一切できなくなります。対策をせずにホテルのWi-Fiを利用する場合、SNSの利用を控えることをおすすめします。

 

ランクが高いホテルはさらに危険

ランクが高い高級なリゾートホテルに設置されているWi-Fiは、ビジネスホテルに比べるとより危険と考えるべきです。ハッカーはクレジットカードの情報を狙っている可能性が高く、限度額が高いと人が多いと予想される高級ホテルは格好の的だからです。

 

贅沢をしてリゾートホテルに泊まるときは、なおさら対策をせずにWi-Fiに使うべきではありません。もちろん、ビジネスホテルに設置されているWi-Fiを使う場合もクレジットカードや自宅の情報が盗まれる危険があるので、使う場合は対策をしておきましょう。

 

そもそも通信速度に期待できない

機能性の話になりますが、ホテルに設置されているWi-Fiは通信速度が期待できないので、わざわざ利用する価値があるとはいえません。

 

ホテルに限らずカフェやショッピングモールに設置されているWi-Fiは通信速度が速くなく、出たとしても10Mbps前後が良いところです。場所によっては、5Mbpsを下回ってホームページの読み込みすら遅く感じるので、危険をおかしてまでホテルのWi-Fiを使う必要はないと思っていいでしょう。

 

ホテルのWi-Fiを使うためのセキュリティ対策は2つ

すでにスマホの通信制限がかかっていて、どうしてもホテルのWi-Fiを使いたい場合は、今から紹介する対策をしておきましょう。対策をしておけば、ホテルのWi-Fiも安全に利用できます。

 

デバイスにセキュリティソフトを入れる

もっとも手っ取り早くできるホテルのWi-Fiを使うときに対策は、デバイスにセキュリティソフトを入れる方法です。

 

セキュリティソフトを入れておけば、デバイスとホテルに設置されているWi-Fiの間での通信を暗号化できるので、同じネットワークを利用している人から情報を盗まれるリスクがなくなります。

 

マルウェアへの対策にもなるので、何もしない状態に比べると安全性は段違いです。ただ、無料のセキュリティソフトを入れるとデバイスの動作が重くなるので、有料で評判の良いソフトを利用してください。

 

無線LAN中継器を挟む

ホテルに無線LAN中継器を持ち込むのも1つの方法です。無線LAN中継器をホテルのWi-Fiに接続すると、ホテルのWi-Fiに暗号化を施した異なる電波を発信してくれるので、セキュリティの安全性が高くなります。

 

しかし、無線LAN中継器を利用すると、通信速度が遅くなるデメリットがあります。ただでさえ通信速度が遅いホテルのWi-Fiに中継器を挟むと、ホームページの読み込みすら遅くなるかもしれないのでおすすめできません。

 

ホテルのWi-Fiを使わない方法3つ

わざわざホテルのWi-Fiを使わなくても、いつも利用している回線さえあれば旅行や出張先でもインターネットは利用できます。また、有線接続が利用できるホテルに宿泊する場合、自分で通信を暗号化できる方法もあります。

 

自前の4G回線を使う

もっとも簡単にホテルのWi-Fiを使わずに済ませる方法は、スマホで使っている4G回線を代用することです。

 

4G回線を利用すればホテルのWi-Fiを使っている第三者や、ホテルのネットワークにマルウェアを仕かけるハッカーから自分の情報を盗まれる危険がなくなります。また、スマホのテザリング機能を使えば、4G回線を使ってパソコンやタブレットをインターネットに接続できます。

 

ただ、海外へ旅行や出張に行く場合、渡航先によっては4G回線を使うとスマホ代が高くなってしまいます。海外へ渡航する場合は、契約しているキャリアに確認して通信料金がいくらになるのか確認しておきましょう。

 

モバイルルーターを使う

WiMAXやY!mobileのモバイルルーターを持っている場合、ホテルに宿泊するときもそのまま利用することをおすすめします。ホテルのモバイルルーターを使えば、4G回線を代用する場合と同じように自分の情報を盗まれるリスクがなくなるからです。

 

WiMAXやY!mobileのモバイルルーターは日本でしか利用できませんが、海外用モバイルルーターのレンタルサービスを使えば海外に渡航する場合でもホテルのWi-Fiを使う必要がなくなります。

 

海外用モバイルルーターのレンタルサービスは、4G回線を利用した場合の料金が高い国で活用できるツールにもなってくれるので知っておいて損はないでしょう。

 

ホテル用の無線LANルーターを持って行く

ホテル用の無線LANルーターを用意しておくのも1つの方法です。

ホテル用の無線LANルーターを用意しておけば、宿泊先のLANポートに接続してWi-Fiが利用できます。無線LANルーターが発信するWi-Fiは暗号化がされてセキュリティが守られているので、ホテルに設置されているWi-Fiよりも安全です。

 

ただ、上記の方法は有線接続にも対応したホテルでしか使えないので気をつけてください。

 

まとめ

今や、ホテルでは無料でWi-Fiが利用できるようになりましたが、セキュリティ面に欠点があるので無防備な状態で使うべきではありません。対策もせずにホテルのWi-Fiを使うと、クレジットカードや住所などの情報が盗まれる危険があるからです。

 

ですので、ホテルのWi-Fiを使うときは、前もってデバイスにセキュリティソフトを入れておきましょう。セキュリティソフトを入れたくない場合は、4G回線かモバイルルーターを使いましょう。