光回線のおすすめ4選

ドコモ光のキャッシュバックを比較!手続き方法といつ届くかも最適でお得な申し込み方法を紹介!

ドコモユーザーから人気のドコモ光。

 

ドコモ光は公式キャンペーンが充実しているので、手が出しやすいインターネット回線といえます。代理店で申し込めばキャッシュバックも受けられます。しかし、どの代理店で申し込んでいいわけではないので、自分にあった契約先を選びましょう。

 

ここではさまざまなドコモ光の契約先が実施しているキャッシュバックキャンペーンを紹介して、どの代理店がお得なのか解説していきます。ドコモ光を契約したキャッシュバックをもらいたいと考えている人は、ぜひご覧ください。

キャッシュバックがもっともお得なドコモ光の契約先

ドコモ光を申し込める窓口はいくつかありますが、キャッシュバックがお得な契約先は限られます。良い条件でキャッシュバックをもらいたいのなら、候補となる契約先は1つです。

 

キャッシュバックがお得な契約先はGMOとくとくBB

数あるドコモ光の契約先のなかでも、もっともキャッシュバックがお得なのはGMOとくとくBBです。GMOとくとくBBはキャッシュバックが高額なだけでなく、オプションの無料特典も受けられるからです。確かな信頼性も兼ね備えているので、安心して申し込めます。

 

GMOとくとくBBがお得な理由

GMOとくとくBBをおすすめする理由は以下の3つです。

 

・キャッシュバックが高額

・他の特典も豊富

・代理店としてだけでなくプロバイダとしての信頼度も高い

 

GMOとくとくBBはキャッシュバックが高額なだけでなく、無線ルーターを無料でレンタルできるメリットもあります。訪問設定サポートも無料で利用できるので、初期設定ができるか不安な人でも安心して申し込めます。

 

またドコモ光のGMOとくとくBBは古くからプロバイダとして有名な会社なので、信頼性も申し分ありません。(詳細は以下のボタンリンクからご覧になれます。)

 

ドコモ光のキャッシュバックを比較

ドコモ光を申し込んで受けられるキャッシュバックの内容は、どの契約先を選ぶかで変わります。

 

ドコモ光の公式キャンペーン

最初に、ドコモ光が実施している公式キャンペーンを見ていきましょう。2019年3月の時点でドコモ光は以下2つの公式キャンペーンを実施しています。

 

・新規工事料無料キャンペーン

・dポイント10,000ptプレゼント

 

上記2つの公式キャンペーンはどの契約先を選んでも受けられます。つまり、どこでドコモ光を契約しても、工事費がかからないわけです。ローソンやマクドナルドなどのさまざまお店で使えるdポイントが10,000ptもプレゼントされる点も魅力です。

 

契約先別のキャッシュバック

次に、代理店が実施しているキャッシュバックの内容を見ていきましょう。さまざまな代理店が実施しているキャッシュバックキャンペーンの内容を下記の表にまとめました。

 

「契約先別のキャッシュバックキャンペーン比較表」

契約先キャンペーンの内容
GMOとくとくBB・新規と転用のどちらで契約しても最大20,000円キャッシュバック

・無線ルーターのレンタルと訪問設定サポートが無料で利用できる

株式会社Wiz・新規契約で最大20,000円キャッシュバック

・フレッツ光からの転用契約で10,000円キャッシュバック

・開通するまでモバイルルーターが無料でレンタルできる

株式会社ネットナビ・新規と転用のどちらで契約しても最大20,000円キャッシュバック

・選択したプロバイダによっては無線ルーターのレンタルや訪問設定サポートが無料で利用できる

So-net・新規と転用のどちらで契約しても15,000円キャッシュバック

・無線ルーターレンタルか訪問設定サポートのどちらかが無料で利用できる

DTI・新規と転用のどちらで契約しても15,000円キャッシュバック

・ひかりTV for docomoへ加入すると3,000円追加

・無線ルーター無料レンタル

ブロードバンドナビ・新規と転用のどちらで契約しても15,000円キャッシュバック

 

どの代理店で申し込んでも15,000円から20,000円のキャッシュバックがもらえますが、無線ルーターのレンタルや訪問設定サポートが無料で利用できるかが違います。細かい内容を重視するのなら、無線ルーターのレンタルと訪問設定サポートのどちらも無料で使えるGMOとくとくBBがおすすめです。

 

キャンペーンを適用するためにクリアするべき条件も代理店ごとに違います。

 

「契約先別のキャッシュバックの適用条件」

契約先適用条件
GMOとくとくBB【20,000円キャッシュバックコース】

・ひかりTV for docomoへの加入

・DAZN for docomoへの加入

【18,000円キャッシュバックコース】

ひかりTV for docomoへの加入

【15,000円キャッシュバックコース】

DAZN for docomoへの加入

【5,500円キャッシュバックコース】

なし

株式会社Wiz【新規】

20,000円キャッシュバック:ひかりTV for docomoとDAZN for docomoへの加入

18,000円キャッシュバック:ひかりTV for docomoへの加入

15,000円キャッシュバック:なし

【転用】

なし

株式会社ネットナビ【20,000円キャッシュバックコース】

・ひかりTV for docomoへの加入

・DAZN for docomoへの加入

【18,000円キャッシュバックコース】

ひかりTV for docomoへの加入

【17,000円キャッシュバックコース】

DAZN for docomoへの加入

【15,000円キャッシュバックコース】

なし

So-netなし
DTIなし
ブロードバンドナビなし

 

上記の内容で条件を見比べると、オプションへ加入しなくてもキャッシュバックがもらえる代理店がいいと思いますよね。

 

しかし、加入が条件とされているオプションは人によっては使い道があるので、悪い条件ではありません。オプションに加入しなくてもキャッシュバックがもらえる余地は残されています。

 

ドコモ光を契約してキャッシュバックをもらうには、どの契約先を選んでも申し込んだあとに申請手続きをしなければいけません。申請手続きの流れは代理店ごとに違い、なかには方法が複雑な代理店があります。

 

「契約先別のキャッシュバック申請方法と適用時期」

契約先申請方法適用時期
GMOとくとくBB①開通月を含む4ヶ月目に送信される指定口座確認のご案内メールを確認する

②メールの指示に従って登録手続きをする

開通月を含む5ヶ月目
株式会社Wiz①開通と決済確認が完了してから2ヶ月後に送信されるキャッシュバック申請フォームを確認する

②申請フォームでキャッシュバックの受け取り手続きをする

開通してから2ヶ月後
株式会社ネットナビ①申し込む際にキャッシュバック特典を希望する旨を伝える

②申し込み後に送信されるキャッシュバックの申請を行うサイトのURLと、キャッシュバック申請書がダウンロードできるページのURLが記載されたメールを確認する

③キャッシュバック申請サイトにアクセスして、お客様IDなどの情報と口座情報を登録する

④キャッシュバック申請書をダウンロードして印刷して、必要事項を加入して株式会社ネットナビへ郵送する

開通確認後の翌月末
So-net利用開始月の翌々月15日に送付されるメールの指示に従って申請手続きをする利用開始月の翌々月15日以降
DTI①開通月の翌々月に送付されるキャッシュバックのご案内のメールを確認する

②メールの指示に従って申請手続きをする

未公表(おそらく申請手続きをした翌月以降)
ブロードバンドナビ①申し込むときに特典申請時に必要なパスワードを教えてもらう

②開通後にWebの特典申請ページにアクセスして手続きをする

③手続き完了後に送信されるメールを確認する

④確認したメールの指示に従って利用開始の証明書類をブロードバンドナビへ送信する(FAXかメールで送信可能)

開通月の翌月中旬以降

 

どの代理店を選んでも申し込んでから約6ヶ月以内にキャッシュバックがもらえるので、申請手続きの方法が簡単なのかが契約先を選ぶ大切なポイントといえます。

 

ドコモ光のお得なキャッシュバックの契約先の選び方

キャッシュバックを重視してドコモ光の契約先を選ぶときは、以下の3つをポイントにしましょう。

 

・キャッシュバックの受け取りやすさ

・キャッシュバックの内容

・評判の良し悪し

 

上記のポイントを把握しておけば、お得な契約先を見つけられます。

 

①キャッシュバックの受け取りやすさ

ドコモ光の契約先を選ぶときは、キャッシュバックの適用条件を優先して確認しましょう。

 

キャッシュバックの適用条件は代理店ごとに違い、ひかりTVやDAZNの加入が必要になる場合があります。ひかりTVやDAZNを使うつもりがないのなら、ドコモ光の回線だけ契約してキャッシュバックが付与される代理店を選ぶべきです。

 

ひかりTVやDAZNを使うつもりがあれば、キャッシュバックの金額に重点を置いて契約先を選びましょう。

 

②キャッシュバックの内容

キャッシュバックの適用条件を基準にして選択肢が絞れたら、キャッシュバックの内容をポイントにして代理店を選んでください。

 

適用条件が同じ代理店はいくつかありますが、それぞれでキャンペーンの内容が異なります。キャッシュバックが高額であるかももちろんですが、無線ルーターのレンタルや訪問設定サポートが無料で使えるかもポイントにして代理店を選びましょう。

 

③評判の良し悪し

キャッシュバックをもらうために代理店でドコモ光を申し込むのなら、窓口の評判もチェックしましょう。評判が良くない代理店で申し込むと、適用条件を満たして申請を行ってもキャッシュバックが受けられないトラブルに遭う恐れがあるからです。

 

利用者から評価されている代理店を選べば、トラブルに遭わずにキャッシュバックがもらえます。

 

ドコモ光のお得なキャッシュバックの契約先ランキング

先ほど挙げた3つのポイントを踏まえて契約先を探すと、選択肢は3つになります。

 

1位 GMOとくとくBB

キャッシュバックやキャンペーンの内容を重視して契約先を選ぶのなら、もっともおすすめなのはGMOとくとくBBです。

 

「GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン概要」

項目条件
キャッシュバック・キャンペーンの内容・新規と転用のどちらで契約しても最大20,000円キャッシュバック

・無線ルーターのレンタルと訪問設定サポートが無料で利用できる

キャンペーン・キャッシュバックの適用条件【20,000円キャッシュバックコース】

・ひかりTV for docomoへの加入

・DAZN for docomoへの加入

【18,000円キャッシュバックコース】

ひかりTV for docomoへの加入

【15,000円キャッシュバックコース】

DAZN for docomoへの加入

【5,500円キャッシュバックコース】

なし

キャンペーン・キャッシュバックの申請方法と申請期限①開通月を含む4ヶ月目に送信される指定口座確認のご案内メールを確認する

②メールの指示に従って登録手続きをする

※メールの送信日から翌月の末日までに手続きをしなければ特典は無効

キャッシュバックの受け取り方法口座振込
キャンペーン・キャッシュバックがもらえる時期開通月を含む5ヶ月目
公式キャンペーンとの併用可否

 

GMOとくとくBBなら最大で20,000円のキャッシュバックがもらえるうえに、無線ルーターのレンタルと訪問設定サポートの無料特典も受けられます。

 

ひかりTVとDAZNに加入しないとキャッシュバックが5,500円になるデメリットはありますが、オプションサービスの無料特典を考慮するとお得度は低くありません。

 

さらに、GMOとくとくBBは昔から有名なプロバイダなので信頼性も抜群です。

 

2位 株式会社Wiz

オプションへ加入せずに高額キャッシュバックがもらいたい人は、株式会社Wizのキャンペーンサイトがおすすめです。

 

「株式会社Wizのキャッシュバックキャンペーン概要」

項目条件
キャッシュバック・キャンペーンの内容・新規契約で最大20,000円キャッシュバック

・フレッツ光からの転用契約で10,000円キャッシュバック

・開通するまでモバイルルーターが無料でレンタルできる

キャンペーン・キャッシュバックの適用条件【新規】

20,000円キャッシュバック:ひかりTV for docomoとDAZN for docomoへの加入

18,000円キャッシュバック:ひかりTV for docomoへの加入

15,000円キャッシュバック:なし

【転用】

なし

キャンペーン・キャッシュバックの申請方法と申請期限①開通と決済確認が完了してから2ヶ月後に送信されるキャッシュバック申請フォームを確認する

②申請フォームでキャッシュバックの受け取り手続きをする

※申請の有効期限の記載なし

キャッシュバックの受け取り方法口座振込
キャンペーン・キャッシュバックがもらえる時期開通してから2ヶ月後
公式キャンペーンとの併用可否

 

Wizのキャンペーンサイトなら、オプションに加入しなくても10,000円から15,000円のキャッシュバックが受けられます。ドコモ光が開通するまでモバイルルーターが無料で利用できる特典もあるので、工事が終わるまでにスマホが速度制限を受ける心配も解消できます。

 

しかし、無線ルーターの無料レンタルがないうえに訪問設定サポートも有料になるので、契約時の設定ができるか不安な人は他の代理店も選択肢に入れておきましょう。

 

3位 株式会社ネットナビ

ネットナビのキャンペーンサイトも魅力がある契約先の1つです。

 

「株式会社ネットナビのキャンペーン概要」

項目条件
キャッシュバック・キャンペーンの内容・新規と転用のどちらで契約しても最大20,000円キャッシュバック

・選択したプロバイダによっては無線ルーターのレンタルや訪問設定サポートが無料で利用できる

キャンペーン・キャッシュバックの適用条件【20,000円キャッシュバックコース】

・ひかりTV for docomoへの加入

・DAZN for docomoへの加入

【18,000円キャッシュバックコース】

ひかりTV for docomoへの加入

【17,000円キャッシュバックコース】

DAZN for docomoへの加入

【15,000円キャッシュバックコース】

なし

キャンペーン・キャッシュバックの申請方法と申請期限①申し込む際にキャッシュバック特典を希望する旨を伝える

②申し込み後に送信されるキャッシュバックの申請を行うサイトのURLと、キャッシュバック申請書がダウンロードできるページのURLが記載されたメールを確認する

③キャッシュバック申請サイトにアクセスして、お客様IDなどの情報と口座情報を登録する

④キャッシュバック申請書をダウンロードして印刷して、必要事項を加入して株式会社ネットナビへ郵送する

※開通月の翌月末までに手続きをしないと特典は無効

キャッシュバックの受け取り方法口座振込
キャンペーン・キャッシュバックがもらえる時期開通確認後の翌月末
公式キャンペーンとの併用可否

 

ネットナビで申し込んでひかり電話とひかりTVに加入すれば、20,000円のキャッシュバックがもらえます。オプションに加入しなくても15,000円のキャッシュバックがもらえるところも嬉しいですね。

 

対象のプロバイダを利用すれば、無線ルーターのレンタルや訪問設定サポートも無料で利用できます。

 

「株式会社ネットナビで契約して対象プロバイダを選んだ場合に受けられる付加特典」

選択プロバイダ特典
GMOとくとくBB

OCN

無線ルーターレンタル0円
So-net

plala

訪問設定サポート0円
Tigers-netセキュリティソフト永年無料

 

ただ、キャッシュバックの受け取り方法が複雑で、申し込む際に特典を受けたい旨を伝えないとキャンペーンの対象外になるので注意してください。

 

ドコモ光のキャッシュバックに関するよくある疑問

ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンには細かい条件が設けられている場合があるので、疑問を抱くと申し込むのをためらいますよね。そんな人のために、ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンにまつわる疑問への答えをまとめました。

 

①新規と乗り換えでキャッシュバック内容は違うのか

ドコモ光の公式キャンペーンと代理店独自のキャッシュバックの内容は、新規と乗り換えのどちらで契約しても変わりません。ただ、代理店によっては、フレッツ光から転用だとキャッシュバックが減額される場合があります。

 

フレッツ光からの転用でドコモ光を契約する場合は、キャッシュバックが変動しないネットナビでの申し込みがおすすめです。ひかりTVやDAZNを使うつもりがあるのなら、GMOとくとくBBを選ぶといいでしょう。

 

②戸建てとマンションでキャッシュバックの内容は違うのか

戸建てとマンションのどちらに住んでいても、公式キャンペーンやと代理店のキャッシュバックによる還元額は変わりません。

 

厳密には公式の工事費無料キャンペーンによる還元額は変わりますが、戸建てとマンションのどちらに住んでいても無料になります。

 

③家電量販店のキャッシュバックはネットの代理店と比べてお得なのか

家電量販店でドコモ光を契約すると、数千円から1万円ほどのキャッシュバックや対象の家電製品プレゼントが受けられます。ドコモ光の契約と同時に購入する家電の代金を割り引いてくれるお店もあります。

 

しかし、家電量販店ではひかりTVやDAZN以外の不要なオプションサービスに加入させられるリスクがあるので、ネットの代理店と比べてお得とはいえません。不要なオプションに加入するリスクを避けるのなら、ネット代理店のGMOとくとくBBなどで申し込むべきです。

 

④西日本と東日本でキャッシュバックは違うのか

公式キャンペーンと代理店の独自キャッシュバックは、西日本と東日本のどちらも同じ会社が展開しています。なので、どこに住んでいても特典の内容は変わりません。

 

契約先を選ぶポイントも同じなので、お得にキャッシュバックをもらうなら、どこに住んでいてもGMOとくとくBBやWizでの申し込みがおすすめです。

 

⑤キャッシュバックはいつまで続くのか

代理店のサイトには、キャッシュバックの実施期間が書かれています。しかし、キャッシュバックの実施期間が過ぎても、また似た内容のイベントが実施されるので「代理店のキャッシュバックには実質的な開催期間がない」と考えていいでしょう。

 

2019年3月の時点で実施されている公式の工事費無料キャンペーンは、5月31日までとなっています。工事費無料キャンペーンも定期的に開催されますが、1月から5月の引っ越しシーズンや秋のiPhone商戦期に実施される場合が多いです。

 

なので、工事費無料キャンペーンが実施されているときは、早めの申し込みがおすすめです。申し込むときはGMOとくとくBBなどの契約先を選んで、工事費無料キャンペーンの他にキャッシュバックも受けられるようにしましょう。

 

⑥キャッシュバックは即日でもらえないのか

どの契約先でドコモ光を申し込んでも、即日でキャッシュバックをもらうことはできません。キャッシュバックをもらうには、ドコモ光を申し込んでから開通させなければいけないからです。

 

なかには、6ヶ月以上の継続利用が確認できなければキャッシュバックを付与してくれない代理店もあります。

 

キャッシュバックが振り込まれるタイミングは代理店ごとに違いますが、早くもらいたいのならGMOとくとくBBやWizなどの優良窓口で申し込みましょう。GMOとくとくBBなら開通してから5ヶ月後以降に、Wizなら開通してから2ヶ月後以降にキャッシュバックを振り込んでくれます。

 

⑦dポイントとは

ドコモ光を契約すると、公式キャンペーンの特典として10,000pt分のdポイントがもらえます。

 

dポイントとは対象の飲食店やコンビニでの支払いに利用できるポイントで、1ポイントにつき1円として利用できます。利用できるお店は幅広いので、公式のdポイントプレゼントはお得な特典です。

 

ただ、プレゼントされるdポイントには6ヶ月の有効期限があるので、付与されたら早めに使ってしまいましょう。(従来のdポイントの有効期限は獲得した月から48ヶ月間です)

 

⑧申請を忘れて期限が切れるとキャッシュバックはもらえないのか

開通後に申請をする必要がある代理店で申し込む場合、指定された期限内に手続きをしないとキャッシュバックが無効になります。期限が過ぎたあとに代理店に連絡しても、キャッシュバックをもらう権利は復活しません。

 

なので、申請を忘れないか不安な人は、GMOとくとくBBやWizなどの手続きが簡単な代理店で申し込みましょう。

 

⑨キャッシュバックが届かないのはなぜか

キャッシュバックが届かない理由は、以下のどちらかだと考えられます。

 

・代理店側に手違いが起きている

・申請した内容に誤りがある

 

なので、キャッシュバックが届かない場合はすぐに代理店へ連絡してください。

 

評判が良くない窓口で申し込むと、代理店側のミスでキャッシュバックが届かないトラブルが起きる可能性があります。なので、確実にキャッシュバックをもらいたいのなら、GMOとくとくBBなどの優良な窓口で申し込みましょう。

 

ただ、評判が良い代理店で申し込んでも、間違った口座番号を伝えてしまう危険もあります。口座番号を伝えるときはより一層気をつけてください。

 

まとめ

ドコモ光を申し込んでキャッシュバックをもらうのなら、以下3つのポイントを押さえたうえで契約先を選びましょう。

 

・キャッシュバックの受け取りやすさ

・キャッシュバックの内容

・評判の良し悪し

 

上記のポイントを把握しておけば、自分にあった契約先を選び出せます。とくに重要なのはキャッシュバックの受け取りやすさです。キャッシュバックの適用条件は代理店ごとに違い、オプションの加入が必要な場合があります。

 

加入が求められるオプションは人によって使い道がありますが、必要のない人は加入しなくても高額キャッシュバックがもらえる代理店を選びましょう。

 

ポイントを押さえたうえで契約先を絞ると、候補の代理店は以下の3つになります。

 

・GMOとくとくBB

・株式会社Wiz

・株式会社ネットナビ

 

上記の代理店を選べば、最大で20,000円のキャッシュバックがもらえます。オプションに加入しなくてもキャッシュバックが受けられるので、リスクの日笠を重視したい人にもおすすめです。