光回線のおすすめ4選

【2019年】ドコモ光の工事は遅いか工事待ちの実態を暴露!早く開通する方法とは?!

ドコモ光を契約したいと思っても、申し込んでから工事が行われるまでの期間がどれだけなのか気になりますよね。

 

ドコモ光の工事が行われるまでの期間は、申し込むタイミングごとに異なります。タイミングごとに工事が行われるまでの期間を把握して、自分がドコモ光を利用したいときに開通できるようにしましょう。

 

ここではドコモ光を申し込んでから工事をしてもらえるまで期間について解説していきます。1日でも早くドコモ光を開通させたい人は、ぜひご覧ください。

ドコモ光の工事待ちの状況

ドコモ光を申し込んで工事は行われる期間は、契約の形式やタイミングで変わります。自宅の構造や立地条件で左右される場合もあります。

 

新規で契約する場合

新規でドコモ光を契約する場合、工事が行われるまでの期間は申し込む時期で異なります。

 

数週間から1ヶ月ほどかかるパターンが多い

市場の繁忙期ではない時期にドコモ光を申し込むと、数週間から1ヶ月ほどで工事が行われます。

 

 

他社の独自回線では1ヶ月以上待たされる場合が多いからか、ドコモ光は工事が行われるのが早いと好評な口コミを目にします。

 

 

上記の口コミを見ると、ドコモ光は申し込んでから工事が行われるまでが早い印象を受けますが、正反対な口コミも見かけるので注意が必要です。

 

引越しシーズンでは1ヶ月以上かかる

引越しシーズンと呼ばれる1月から5月にドコモ光を申し込んだ人からは、工事が入るまで1ヶ月以上かかったとの口コミが挙がっています。

 

 

3月に申し込んで2ヶ月以上待たされたという口コミも見受けられます。


口コミを見る限りでも引越しシーズン、とくに3月に申し込むと工事が入るまで1ヶ月以上はかかると考えるべきでしょう。

 

自宅の構造や立地条件が原因で遅くなるパターンも

あまり見かけませんが、家の構造や立地条件が原因で3ヶ月以上も待たされる場合もあります。

 

 

立地条件が原因で4ヶ月待たされたパターンも存在します。

 

 

3ヶ月以上も待たされるのはレアケースですが、戸建てに住んでいる場合だと可能性は0ではありません。とくに、家が新築だと高い確率で工事が入るまで時間がかかります。

 

工事までの期間は2週間から1ヶ月が目安

ネット上での口コミを見る限り、新規契約でドコモ光を申し込んでから工事が行われるまでの期間は2週間から1ヶ月ほど、引越しシーズンだと1ヶ月以上と考えるべきでしょう。

 

タイミングと運が良ければ1~2週間の早さで工事が行われますが、基本的に最低でも1ヶ月はかかると思ったほうが無難です。

 

引っ越す場合でも工事が入るまでの期間は同じ

すでにドコモ光を利用していて引越し先でも契約をし続ける場合も、申し込んでから工事が入るまでの期間は新規契約する場合と同じでタイミングと状況で変わってきます。

 

市場の繁忙期でなければ2週間から1ヶ月ほどで工事をしてくれますが、引越しシーズンに申し込むと1ヶ月以上待たされる恐れがあります。

 

フレッツ光からの転用なら1~2週間後

フレッツ光からドコモ光へ転用する場合はNTTの局舎でのみ工事が行われるので、申し込んでから1週間から2週間ほどで契約先が切りかわります。工事が1ヶ月以上先になる可能性はほとんどないので、フレッツ光から転用する場合は期間を気にしなくても問題ありません。

 

光電話への加入は工事日を左右する要素ではない

光電話への加入は工事が行われるまでの期間を左右するポイントにはなりません。光電話の工事はネット回線の工事の際に行われるからです。先にネット回線の工事だけすると、後で光電話の工事をしてもらう可能性があるうえに、かえって費用が高くなる危険もあるので面倒です。

 

戸建てとマンションのどちらに住んでいても工事までの期間は同じ

戸建てとマンションのどちらに住んでいるかは工事の内容を左右する要素ですが、申し込んでから工事が行われるまでの期間に影響が出る要素にはなりません。工事日程はNTTが空いているスケジュールを確認して組み込んでいるだけだからです。

 

集合住宅での工事は30分ほどで終わるので、マンションやアパートに住んでいると工事日が早まる可能性は多少ありますが、さほど影響は出ないと考えていいでしょう。

 

ドコモ光の工事待ちが発生する理由

ドコモ光の工事待ちが起きる原因は、申し込みの状況に尽きます。同じ時期にドコモ光を申し込む人がどれだけいるかで、工事が入るまでの期間が左右されます。光電話に加入する場合や、戸建てとマンションのどちらに住んでいる場合でも原因は共通しています。

 

工事待ちが発生する根本的な原因は予約状況

申し込んでから工事が入るまでの待ち期間が発生する根本的な原因は、ドコモ光の予約状況にあります。

 

同じ時期にドコモ光を申し込む人が多いほど予約状況が混雑して、工事が入るまでの期間が長くなります。同じ時期にドコモ光を申し込む人が少ないと、その分工事が行われるまでの期間が短くなります。

 

引越しシーズンに工事待ちが発生する理由

引越しシーズンに工事待ちが発生する理由は、引越しによる契約や移転手続きの申し込みが急増するところにあります。

 

1月から5月は引越しをする人が多く、ドコモ光に限らずあらゆるインターネット回線の申し込みが殺到して工事の予約が混雑します。ドコモ光の工事業者は他社の光コラボの工事も請け負っているので、引越しシーズンになると予約状況が混雑しがちです。

 

とくに3月は引越しシーズンのなかでもっともネット回線の契約や移転申し込みが殺到するので、工事が入るまで1ヶ月以上かかると考えるべきでしょう。

iPhone商戦期も要注意

ドコモ光を契約する場合、秋のiPhone商戦期にも注意が必要です。ドコモ光に限らず、大手の携帯会社はiPhone商戦期に自社の光回線サービスの契約獲得に力を入れるからです。

 

大手の携帯会社が自社の光回線サービスの契約獲得に力を入れ出すと、自然に申し込みが増えて工事の予約状況が混み合います。混雑の具合は引越しシーズンほどではありませんが、工事が行われるまで最低でも1ヶ月ほどはかかると考えたうえで申し込んだほうがいいでしょう。

 

新築の家だとNTTに住所登録されていないのが原因

新築の家へ引っ越す場合は、高い確率で工事が入るまで1ヶ月以上かかります。建てられて間もない住居は、NTT側での住所登録がされていないからです。

 

自宅がドコモ光の提供エリア内であっても、新築でNTT側での住所登録がされていないと、工事日が決まるまで1~2週間かかります。工事が入るのもNTT側での住所登録がされてから2週間以上は先になるので、最低でも申し込んで1ヶ月はかかると考えるべきです。

 

ドコモ光を早く開通させる方法

1日でも早くドコモ光を開通させる方法は3つあります。光電話に加入する場合や、戸建てとマンションのどちらに住んでいても、3つの方法を知っておけばドコモ光の開通を早められます。

 

とにかく早めに申し込む

ドコモ光を早く開通させたいのであれば、早めに申し込みをするに尽きます。工事が入るまで1ヶ月以上かかると思って早めに申し込みを済ませておけば、自分の利用したいタイミングでドコモ光が開通する可能性を高くできます。

 

ドコモ光では最長で2ヶ月先の日付まで希望工事日として申告できるので、早めに申し込んでおいて損はありません。

 

市場の繁忙期を避ける

市場での繁忙期を避けて申し込むのも、1日でも早くドコモ光を開通させる方法の1つです。

 

ドコモ光を契約する場合、申し込みを避けるべき繁忙期は下記の2つになります。

 

・1月から5月の引越しシーズン

・iPhone商戦期

 

1月から5月は引っ越す人からの契約や移転の申し込みが殺到するので、工事が行われるまで最低でも1ヶ月かかります。とくに3月はもっとも契約と移転の申し込みが増えるので、1ヶ月以上待たされる可能性が高いです。

 

引越しシーズンを避けられないのであれば、最悪でも3月までに申し込みを済ませておきましょう。1月や2月のうちに申し込んでおけば、1ヶ月ほどで工事を終わる可能性が高くなります。

 

携帯会社が躍起になるiPhone商戦期も注意するべきタイミングです。引越しシーズンほどではないとはいえ、iPhone商戦期になると携帯会社が自社の光回線サービスの契約獲得に力を入れるので、申し込みが混み合って工事が入るまでの期間が長引く恐れがあります。

 

iPhone商戦期は毎年微妙に違うのでタイミングを計りづらいですが、最低でも9月の中旬に入るまでには申し込みを済ませておきましょう。

 

平日を希望工事日にする

工事日を土日や祝日にしないのもドコモ光の回線を早めるポイントの1つです。

 

土日や祝日にインターネット回線の工事を希望する人は多いので、平日を工事の希望日にしないと開通が遅れやすいです。1日でも早くドコモ光を開通させたい人は、平日を工事の希望日として申告しましょう。

 

ドコモ光の工事では契約者の立ち会いが必要なので土日や祝日を選びがちですが、家族の立ち会いも可能なので平日の工事も検討してみるといいでしょう。

 

引越しをする場合も方法は同じ

契約しているドコモ光を引越し先でも使い続ける場合も、申し込むべきタイミングは同じなので、引越しシーズンとiPhone商戦期を避けましょう。引越しをする場合でも、申し込みの混雑状況で工事が入るまでの期間が左右されます。

 

引越しシーズンに突入している場合は3月になるまでに、秋のiPhone商戦期が近い場合は9月の中旬になるまでに移転の申し込みをしておきましょう。可能であれば、希望工事日を平日にすることもおすすめします。

 

インターネットをできる限り早く開通させる方法

インターネット回線をできるだけ早く開通させる方法は、フレッツ光を利用しているかで決まります。光電話に加入する場合や、戸建てとマンションのどちらに住んでいても方法は変わりません。

 

フレッツ光からの乗り換えなら光コラボを選ぶ

フレッツ光を利用している場合、ドコモ光をはじめとした光コラボレーション(以下、光コラボ)へ乗り換えれば開通するまでの期間を短縮できます。

 

光コラボではフレッツ光の利用をするので、フレッツ光から乗り換えるとNTT局舎で工事をしてもらうだけで済み、申し込みをしてから1週間から2週間ほどで回線が開通します。

 

自宅での工事が必要ないところもメリットなので、フレッツ光から他の回線へ乗り換える場合はドコモ光をはじめとした光コラボの申し込みを検討してみましょう。光コラボにはドコモ光の他に、ソフトバンク光やビッグローブ光があります。

 

フレッツ光以外の回線を利用している、光コラボ以外の回線を契約する場合

フレッツ光以外のネット回線を利用しているか、光コラボ以外の回線を契約する場合は、先ほど紹介した下記2つのタイミングを避けて申し込むのが無難です。

 

・1月から5月の引越しシーズン

・iPhone商戦期

 

上記の期間を避けて申し込めば早めに回線が開通します。しかし、契約する回線の種類によっては、開通するまで1ヶ月以上もの時間がかかる場合があるので注意してください。NURO光やauひかりといったフレッツ光の回線を使わないサービスでは、申し込んでから開通するまで1ヶ月以上かかる事例をよく見かけます。

 

モバイルルーターやSoftBank Airを契約する方法もある

WiMAXのモバイルルーターやSoftBank Airを契約するのも1つの方法です。モバイルルーターとSoftBank Airは端末を受け取った日から回線が開通するので、工事を待つ手間がありません。

 

ウェブサイトや動画を見るぐらいなら十分な速度が出るので使い心地も悪くありませんが、Ping値が安定しないのでオンラインゲームには不向きです。モバイルルーターは3日間で10GB消費すると速度制限がかかるデメリットがあるので、1人暮らしの人でなければおすすめしにくいです。

 

モバイルルーターとSoftBank Airはネットサーフィンをメインにネット回線を使う人向けで、モバイルルーターは1人暮らし向けと考えてください。