光回線のおすすめ4選

ドコモ光で工事が不要なパターン2つ!仕組みをわかりやすく解説!

ドコモ光を契約するときは工事をしてもらわなければいけませんが、状況によっては工事が不要になる場合があります。

パターンは限られますが、自宅の環境が工事の不要な環境なのか確認してみる価値はあります。

ここではドコモ光を契約するときに工事が必要のないパターン2つを紹介します。

工事が必要な理由も解説するので、ぜひご覧ください。

ドコモ光で工事が必要な理由

女性の作業員

ドコモ光を契約するときに工事が必要な理由は、光ファイバーの導入にあります。

ドコモ光と同じ回線を利用している場合でも、事業者ごとにシステムが理由で工事が必要になります。

ドコモ光で工事が必要な理由は光ファイバーの利用

ドコモ光を契約するには、電柱から自宅へ光ファイバーを引き込んで、宅内に光コンセントとホームゲートウェイ(ONUになる場合あり)を設置しないといけません。

上記の図を見て勘付いた人もいるかと思いますが、光ファイバーの引き込みから設備や機器の設置は専門の業者じゃなければ行えません。

ドコモ光対応マンションではすでに光ファイバーが導入されていますが、宅内での光コンセントなどの設置は業者じゃなければ不可能です。

フレッツ光以外の回線から乗り換える場合も工事が必要

フレッツ光以外の回線からドコモ光へ乗り換える場合も、先ほど紹介した内容の工事をしてもらわなければいけません。

フレッツ以外の回線はドコモ光の光ファイバーとはまったく別の種類だからです。

 

フレッツ光から乗り換える場合だけは例外で、工事をせずにドコモ光を契約できます。ドコモ光はフレッツ光の回線でサービスを提供する光コラボレーション(以下、光コラボ)で、乗り換える際に回線を入れかえる必要がないからです。

 

光コラボからドコモ光へ乗り換える場合も工事が必須

他の光コラボからドコモ光へ乗り換える場合は、フレッツ光から乗り換える場合と違って工事をしてもらわなければいけません。光コラボは共通してフレッツ光の回線を利用するのに、工事が必要なんて疑問に思いますよね。

 

他の光コラボからドコモ光へ乗り換えるときに工事が必要になる理由は、事業者ごとの顧客上表管理システムにあります。フレッツ光はあらゆる事業者に回線を貸し出しているので、工事をせずに光コラボへ移行できるシステムを構築しています。

 

光コラボでは事業者ごとに顧客情報の管理システムが違うので、他の光コラボからドコモ光へ乗り換える際には回線を撤去して環境をリセットさせる必要があります。

 

再契約する場合でも工事が必要

以前にドコモ光を利用したことがあっても、再び契約する場合は工事をしてもらわなければいけません。ドコモ光を解約するときは、回線や設備が撤去されるからです。

 

解約するときに申告すれば回線や設備を残しておけますが、先ほど説明した顧客情報管理システムがフレッツ光と異なるのが原因で残した回線環境は再利用できません。

 

ドコモ光を契約する際に工事が不要になるパターン

コンセント

状況によっては、ドコモ光を契約するときに工事をする必要がない場合があります。

 

①フレッツ光からドコモ光へ乗り換える

フレッツ光を利用している場合、工事をしなくてもドコモ光を契約できます。ドコモ光はフレッツ光の回線でサービスを提供しているからです。フレッツ光からドコモ光へ乗り換える際は回線を入れかえる必要がないので、工事が行われる簡単に契約手続きができるうえに、費用もかかりません。

 

フレッツ光を利用している場合、ドコモ光の他にもソフトバンク光やビッグローブ光などの光コラボへも工事をせずに乗り換えられます。

 

フレッツ光を利用している場合、光電話に加入していても工事をせずにドコモ光を契約できます。工事が必要ないどころか、利用している電話番号もドコモ光へ引き継げるので安心です。

 

②自宅にフレッツ光の回線設備が残っている

自宅にフレッツ光の光ファイバーと設備が残されている場合も、工事をせずにドコモ光を契約できる可能性があります。自宅に残しているフレッツ光の回線設備は、再利用できる場合があるからです。

 

光ファイバーと設備の劣化具合によっては工事をしてもらう必要はありますが、フレッツ光を使ったことがある人は自宅に回線設備が残っていないか確認してみるといいでしょう。

 

集合住宅では光コンセントがあるかがポイント

ドコモ光対応マンションに住んでいる場合、すでに光ファイバーが導入されているので、宅内に光コンセントが設置されているかで工事の有無が決まります。

 

光コンセントが設置されていれば、高い確率で工事をせずにドコモ光を契約できます。光コンセントの劣化具合で工事が行われる場合もありますが、設置されていればドコモ光を申し込む際にその旨を伝えてみましょう。

 

ドコモ光で工事が不要なパターンだったときの対処法

対処法

工事が不要なパターンに相当する環境がある場合、従来とは異なる方法での申し込みが必要です。自宅にフレッツ光の回線設備がある場合は申告するだけですが、フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合は事前準備が必要なので気をつけましょう。

 

自宅にフレッツ光の回線設備がある場合

自宅にフレッツ光の回線や光コンセントが残っている場合は、ドコモ光を申し込むときに回線設備が残っている旨を伝えてください。回線設備が残っている旨を伝えると、NTT側が工事の必要性を判断したうえで後日連絡をしてくれます。

 

工事が必要ないかを確認するための宅内調査が行われる場合もあるので、業者の訪問がある可能性を踏まえてうえでドコモ光の申し込みをしてください。

 

工事が必要なければ、NTTから送られてくるホームゲートウェイを光コンセントに接続するだけです。ドコモ光の開通日は工事有無の連絡がくるときに確認できます。

 

フレッツ光を利用している場合

フレッツ光を利用している場合は、以下の流れに沿って手続きをしてください。

 

①転用承諾番号を発行する

②ドコモ光を申し込む

③NTTでの局舎工事をしてもらう

 

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合は、必ず転用承諾番号を発行してください。転用承諾番号はフレッツ光からドコモ光への乗り換えを申し込むときに必要になります。

 

転用承諾番号はフレッツ光の電話窓口か公式サイトで発行できますが、東日本と西日本で利用する窓口が異なるので気をつけてください。

 

「転用承諾番号発行窓口」

エリア東日本西日本
電話0120-140202

受付時間: 午前9時~午後5時

0120-553-104

受付時間:午前9時~午後5時

Webhttps://flets.com/app4/input/index/https://flets-w.com/collabo/

 

発行された転用承諾番号はドコモ光を申し込むときに伝えなければいけないので、メモなどに控えておきましょう。

 

転用承諾番号を発行してからドコモ光を申し込めば、あとはNTTでの局舎工事を待つだけです。フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合、1週間から2週間ほどでNTTでの局舎工事を行ってくれます。

 

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合の工事は不要ですが、利用しているプロバイダが変わると設定をやり直さなければいけないので注意してください。

 

ドコモ光以外で工事が不要な回線

OKサインをしてパソコンを扱う女性

光回線を契約する場合は基本的に工事が必要ですが、フレッツ光を利用しているなら工事をせずに契約できる回線があります。ネット回線を利用する目的がネットサーフィンぐらいであれば、光回線以外も検討してみましょう。

 

フレッツ光を利用しているなら光コラボ

フレッツ光を利用しているのであれば、光コラボへ乗り換えると工事をする手間を省けます。光コラボはフレッツ光の回線でサービスを提供しているので、フレッツ光からの乗り換えなら工事をせずに乗り換えられます。

 

厳密にはNTTの局舎で工事が行われますが、自宅での工事は不要なので安心です。申し込みをしてから開通するまでの期間も1週間から2週間なので、フレッツ光から他社への乗り換えを検討しているなら光コラボを検討してみるといいでしょう。

 

光コラボにはさまざまな種類がありますが、ドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光がおすすめです。ドコモ光ではドコモの、ソフトバンク光ではソフトバンク、ビッグローブ光ではauのスマホ代が安くなるセット割が受けられるのでおすすめです。

 

フレッツ光を利用していないならWiMAXかSoftBank Air

WiMAXのモバイルルーターやSoftBank Airを契約するのも1つの方法です。モバイルルーターとSoftBank Airは端末を受け取った日から回線が開通するので、工事を待つ手間がありません。

 

ウェブサイトや動画を見るぐらいなら十分な速度が出るので使い心地も悪くありませんが、Ping値が安定しないのでオンラインゲームには不向きです。モバイルルーターは3日間で10GB消費すると速度制限がかかるデメリットがあるので、1人暮らしの人でなければおすすめしにくいです。

 

モバイルルーターとSoftBank Airはネットサーフィンをメインにネット回線を使う人向けで、モバイルルーターは1人暮らし向けと考えてください。

 

マンションに完備されている回線

まれに住んでいるマンションに特定のインターネット回線が完備されている場合があります。住んでいる物件に特定の回線が完備されていると、工事をせずにインターネットに接続できるので便利です。

 

利用料金を管理費用で賄って物件や、契約するときに手続きをする必要がない物件もあるので、住んでいるマンションやアパートに特定の回線が完備されていれば使ってみるといいでしょう。しかし、マンションに完備されている回線の通信速度は賛否が分かれているので、引っ越す際にネット回線完備の物件を選ぶかは慎重に考えてください。

 

マンションに完備されている回線の種類はフレッツ光であることが多いですが、UCOM光が導入されている場合もあります。