光回線のおすすめ4選

ドコモ光の工事費を徹底解剖!無料キャンペーンはいつまで?分割支払は可能か、いつ払うかまで全て解説!

ドコモ光を契約したいと思っても、工事費が高くないか気になりますよね。

 

ドコモ光の工事費は今いる状況で変わりますが、高額であっても負担を軽減する方法があります。工事費の仕組みやキャンペーンを把握して、負担なくドコモ光を契約できるようにしましょう。

 

ここではドコモ光の工事費を詳しく解説していきます。工事費の負担をなくせるキャンペーンも紹介するので、ドコモ光を契約しようか迷っている人はぜひご覧ください。

ドコモ光の工事費

ドコモ光を契約する際に発生する工事費は、環境ごとに異なります。

 

基本的な工事費

ドコモ光の基本工事費は戸建てで18,000円、マンションで15,000円です。

 

可能性は高くありませんが、すでに宅内設備があれば戸建てとマンションのどちらでも費用は7,600円になります。宅内設備と光ファイバーが導入済みであれば、派遣工事が行われないので費用は2,000円だけで済みます。

 

「ドコモ光 環境別の工事費」

状況戸建てマンション
設備なし18,000円15,000円
屋内配線あり7,600円7,600円
屋外と屋内配線あり2,000円2,000円

 

設備がない場合の工事費は高額だと感じますが、ドコモ光では12ヶ月から60ヶ月での分割支払いができるので、契約するときに多額の出費をする心配がありません。

 

「分割にした場合に月ごとに支払う金額」

戸建て(19,440円)マンション(16,200円)
12回1,620円12回1,350円
24回810円24回675円
36回540円36回450円
48回405円48回337円
60回324円60回270円

※すべて税込みでの値段です。

 

利用料金が2段階式のドコモ光ミニを契約した場合も、同じ金額の工事費が発生します。

 

フレッツ光からの転用なら工事費はかからない

フレッツ光からの転用でドコモ光を契約する場合、工事は行われないので費用はかかりません。ドコモ光はフレッツ光の回線でサービスを提供していて、転用する際に回線環境が変わらないからです。

 

厳密にはNTTの局舎で工事が行われますが、自宅での作業はありません。

 

追加で発生する工事費

先ほど紹介した工事費は、あくまでドコモ光のネット回線だけを契約した場合です。光電話や光テレビに加入すると、追加で費用が発生します。

 

土日祝に工事をしてもらうと3,000円アップ

ドコモ光を契約するときは土日や祝日でも工事をしてもらえますが、平日以外では休日料金として3,000円が加算されます。初期費用を少しでも安くしたいのであれば、平日に工事をしてもらいましょう。

 

光電話に加入する場合の費用

ドコモ光で光電話を利用する場合、ネット回線とは別で工事費がかかります。発生する費用の値段は、利用している電話番号を光電話へ引き継ぐかで変わります。

 

アナログ電話で利用している番号を光電話へ引き継ぐと、合計で4,000円の工事費がかかります。4,000円の内訳は下記の通りです。

 

「アナログ電話の番号を光電話へ移行する費用」

項目費用
交換機等工事1,000円
同番号移行工事費2,000円
加入電話の利用休止工事費1,000円
4合計4,000円

 

光電話に加入するときに番号を発光する場合の工事費は1,000円です。

 

フレッツ光で光電話を利用している状態でドコモ光へ転用する場合は費用がかかりません。フレッツ光からドコモ光に転用する際に光電話に加入して新しい番号を作る場合は1,000円の工事費が発生します。

 

ドコモ光テレビに加入する場合の費用

ドコモ光テレビに加入する場合、テレビの台数がいくつかで別途発生する工事費が変わります。

 

テレビが1台だけでも工事費は9,500円と高額ですが、2台以上あると20,000円を上回るうえに、高い確率でブースターの設置が必要になり10,000円も加算されます。テレビが2台以上あると、30,000円以上の工事費が発生するわけです。

 

「ドコモ光テレビの工事費」

テレビの台数工事費
1台9,500円
2~4台22,800円※1
5台26,100円※1

※1:ブースター設置されて12,000円が加算される場合があります。

 

しかし、同時にスカパーにも加入する場合、テレビが3台までならドコモ光テレビの工事費が無料になります。4台目からは工事費がかかりますが、1台あたり5,000円と少額です。

 

家の構造によっては追加で費用が発生する場合があるので、これまで説明したドコモ光テレビの工事費はあくまで目安と考えてください。

引っ越す場合の工事費用

ドコモ光を契約している状態で引越し先でも続けて利用する場合、引越し先の場所で工事費が決まります。

 

東日本や西日本エリアのなかで引越しをする場合、工事費は戸建てで9,000円、マンションで7,500円になります。東日本と西日本のエリアをまたぐ場合は、新規契約と同じく戸建てで18,000円、マンションで15,000円の工事費が発生します。

 

「ドコモ光の移転工事費」

工事内容引越し先戸建てマンション
派遣工事有同一エリア内9,000円7,500円
東日本と西日本を跨ぐ18,000円15,000円
派遣工事無同一エリア内2,000円2,000円
東日本と西日本を跨ぐ2,000円2,000円

 

引越し先に光ファイバーと必要設備が導入済みだと、工事費は2,000円だけで済みますが、よほど運が良くない限りは7,500円以上の工事費がかかると考えてください。

 

光テレビを利用している場合も、ネット回線とは別で先ほど紹介した通りの費用がかかります。

 

ドコモ光の工事費にまつわるキャンペーン

フレッツ光からの転用でない限り、ドコモ光を契約すると高額な工事費が発生しますが、タイミングが良ければキャンペーンを受けて負担を減らせます。

 

タイミングが良ければ工事費無料キャンペーンが受けられる

運が良ければ公式キャンペーンを受けて工事費無料特典を受けることが可能です。現時点でドコモ光は5月6日まで工事費無料キャンペーンを実施しています。工事費無料キャンペーンは戸建てとマンションのどちらでも受けられます。

ドコモ光は1月から5月の引越しシーズンやiPhone商戦期などの繁忙期に工事費無料特典を用意しているので、キャンペーンを実施しているかを確認して契約するタイミングを見計らうのも1つの方法です。

 

工事費無料キャンペーンはネット回線の費用だけが対象なので、光電話やドコモ光テレビの加入費用は負担しなければいけませんが、他にもキャンペーンが受けられるので心配する必要はありません。

 

公式キャンペーンでdポイントがもらえる

ドコモ光では工事費無料キャンペーンとは別で最大10,000ptものdポイントももらえます。dポイントのプレゼントはほぼ絶え間なく実施されているので、工事費無料キャンペーンが行われていないときの強い味方になります。

 

フレッツ光から転用する場合でも5,000ptがもらえてお得です。

 

代理店で申し込んでキャッシュバックをもらう方法もあり

代理店やプロバイダでドコモ光を申し込んでキャッシュバックをもらうのも、工事費の負担を減らす1つの方法です。

 

GMOとくとくBBなどのプロバイダや代理店は、ほぼ絶え間なくドコモ光のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

 

公式の工事費無料キャンペーンが実施されていてもキャッシュバックは受けられるので、タイミング次第では光電話や光テレビの工事費対策にもなります。

 

プロバイダや代理店によっては、フレッツ光からの転用でキャッシュバックが受けられない場合があるので注意してください。戸建てとマンションのどちらに住んでいるかでキャッシュバックの金額が異なる窓口もあるので、条件も確認しておきましょう。

 

他社からの乗り換え向けのキャンペーンはない

他の光回線サービス乗り換え費用を抑えるためのキャンペーンを実施していますが、ドコモ光は工事費を抑えることが趣旨のキャンペーンしか実施していません。他社から乗り換える際の違約金などが高額になる場合は、ドコモ光以外の回線が実施しているキャンペーンもチェックしてみましょう。

 

引越しの場合はdポイント還元で工事費が実質無料

契約しているドコモ光を引越し先でも続けて使う場合、dポイントによる還元でネット回線の工事費が実質無料になります。dポイントによる還元は、引越し先が戸建てとマンションのどちらでも受けられます。

移転の事務手数料も実質無料になりますが、光電話やドコモ光テレビを利用する際の費用は負担しなければいけないので気をつけてください。

 

ドコモ光の工事費の支払い方法

ドコモ光の工事費は決して安くありませんが、支払い方法を2種類から選べるので、契約するときの負担を軽減できます。

 

ドコモ光の工事費の支払い方法は2種類

戸建てとマンションのどちらに住んでいても、ドコモ光を契約するときは工事費の支払い方法を以下の2つから選択できます。(回線の引き込みと宅内での工事が行われない場合は初月の利用料金支払い時の一括清算のみになります。)

 

・初回の利用料金の支払い時に一括清算

・12~60月での分割支払い

 

分割支払いを選択すれば、ドコモ光を契約するときに高額な出費をする必要がなくなります。光電話とドコモ光テレビの工事費も分割で支払えるので安心です。

 

引越し先でドコモ光の契約を続ける場合も分割支払いが可能です。

 

分割で支払う場合は解約時に残債を要確認

工事費を分割で支払う場合、ドコモ光を解約するときに残債がないか注意してください。工事費を分割で支払っている途中にドコモ光を解約すると、残債を一括で精算しなければならないからです。

 

たとえば、戸建てに住んでいる人が24ヵ月の分割支払いを選択して、12ヶ月目に解約すると9,720円の残債を一括で支払わなければいけません。

 

ドコモ光の工事費残債がある状態で他社への乗り換えを検討する場合は、キャンペーンを実施している光回線サービスに移行しましょう。キャンペーンを実施している光回線サービスに乗り換えれば、キャッシュバックなどの特典をもらってドコモ光の工事費残債を相殺できます。

 

ドコモ光の工事費に関するよくある疑問

ドコモ光を検討するときは、工事費の細かな点に疑問を抱いて申し込むべきか迷うものです。そんな悩みを解消するために、ドコモ光の工事費にまつわる疑問への答えをまとめました。

 

①オプションなどでスカパーに入る場合、工事は別に必要なのか

スカパーに入るにはドコモ光テレビに加入する必要があるので、ネット回線とは別の工事をしてもらわなければいけません。テレビ工事の内容は、テレビの台数が1つか複数なのかが少し違います。

 

テレビが1台だけの場合、ネット回線の工事が終わってから回線終端装置とテレビの接続作業が行われます。

テレビが2台以上ある場合は、さらに壁のなかや屋根裏などで分配器の設置が行われます。テレビを2台以上利用する場合は、高い確率でブースターの設置作業も行われるので注意しましょう。

ドコモ光テレビの工事にかかる時間は一概には断言できず、数時間ほどかかると考えるべきです。

 

家に地デジやBSテレビのアンテナがあり、ドコモ光テレビを使う必要がない場合は、スカパーではなくひかりTVの利用を検討してみましょう。ひかりTVはドコモ光テレビに加入しなくても利用できるので、ネット回線とは別で工事をしてもらう必要がありません。

 

≪②東日本と西日本で工事費に違いはあるのか≫

今からドコモ光を契約する場合、東日本と西日本のどちらに住んでいても工事費は変わりません。光電話とドコモ光テレビの工事費も同じです。

 

引っ越す際にドコモ光の契約を続ける場合、東日本と西日本のエリアをまたぐかでネット回線の工事費の値段が変わります。

 

東日本や西日本のエリア内で引っ越す場合の工事費は戸建てで9,000円、マンションで7,500円です。東日本と西日本のエリアをまたいで引っ越す場合、工事費は戸建てで18,000円、マンションで15,000円になります。

 

「ドコモ光の移転工事費」

工事内容引越し先戸建てマンション
派遣工事有同一エリア内9,000円7,500円
東日本と西日本を跨ぐ18,000円15,000円
派遣工事無同一エリア内2,000円2,000円
東日本と西日本を跨ぐ2,000円2,000円

 

引越し先でフレッツ光の回線と設備が導入されていれば費用は2,000円で済みますが、可能性は低いので期待しないほうがいいでしょう。

 

どちらにしても引っ越す際のドコモ光の工事費は高額ですが、今ならキャンペーンでdポイントによる還元を受けて実質無料になります。

 

ドコモ光電話とドコモ光テレビの工事費はどこに引っ越しても変わりませんが、キャンペーンの対象外なので契約者の負担になります。

 

③工事費に関して起きやすいトラブルはあるのか

優良な窓口でドコモ光を申し込めば工事費にまつわるトラブルは起きませんが、評判が良くない窓口で契約すると工事費についてのトラブルに遭う恐れがあります。

 

ネット回線だけを契約する場合はトラブルが起きる可能性が限りなく低いですが、「光電話やドコモ光テレビの工事費が聞いていた額と違う」なんてトラブルは珍しくありません。

 

評価が良くない窓口でドコモ光を申し込んで、スタッフが誤った光電話やドコモ光テレビの工事費を伝えるパターンはよく見かけます。光電話の工事費に関するトラブルは前もって調べておけば避けられますが、ドコモ光のテレビ工事費は家の構造で変わる場合があるので注意してください。