光回線のおすすめ4選

DMM光のキャッシュバックを分析!他社と比較してお得でない2つの理由を解説!

有名企業が運営するインターネット回線のDMM光。

 

DMM光は公式キャンペーンを実施しているので、一見お得に申し込めるサービスという印象を受けます。しかし、キャッシュバックの金額を他社と比べると、お得に契約できるサービスとはいえません。

 

ここではDMM光と他社回線のキャッシュバックキャンペーンを比較して、お得に契約できるサービスなのか解説していきます。DMM光はお得なのか知りたい人は、ぜひご覧ください。

DMM光のキャッシュバックの内容

DMM光は魅力的に見える公式キャンペーンを実施しています。しかし、キャッシュバックの金額は他社と比べて劣るので、お得に契約できるとはいえません。

 

DMM光の公式キャンペーン

2019年3月の時点で、DMM光は下記の公式キャンペーンを実施しています。

 

・工事費無料

・新規契約で15,000円キャッシュバック

・フレッツ光からの転用で5,000円キャッシュバック

 

工事費が無料なうえにキャッシュバックがもらえると聞けば、DMM光はお得に契約できる回線だと思いますよね?しかし、キャッシュバックの受け取り方法にはひと癖あるので注意が必要です。

 

キャッシュバックをもらうハードルが高い

工事費無料の特典は自動で適用されますが、キャッシュバックをもらうには11ヶ月後の1日から5日頃に送られてくる案内メールを確認して、メールの指示に従って申請手続きをしなければいけません。

 

メールを受信した翌日から14日以内に申請手続きをしないと、キャッシュバックをもらう権利が消滅するので注意が必要です。キャッシュバックが受け取れる時期は、DMM光が開通してから11ヶ月後とかなり遅めです。

 

他社の光回線では申請手続きをしなくてもキャッシュバックがもらえるうえに、受け取れるタイミングも数ヶ月後です。なので、DMM光を契約してキャッシュバックをもらうハードルは高いと考えるべきでしょう。

 

そもそも、キャッシュバックが最大15,000円というところが難点です。他の光回線を契約すれば、最低でも20,000円以上のキャッシュバックがもらえるからです。

 

DMM光を取り扱う代理店はほとんどない

代理店が運営するサイトでインターネット回線を契約すれば、公式よりも高額なキャッシュバックがもらえたりします。公式よりも簡単な方法でキャッシュバックを受け取れる場合もあります。

 

しかし、DMM光を取り扱う代理店はほとんどなく、公式より高額なキャッシュバックをもらうことはできません。価格.comだけDMM光のキャッシュバックキャンペーンを実施していますが、条件は公式とまったく同じなのでメリットはないと考えるべきでしょう。

 

DMM光のキャッシュバックに関するよくある疑問

DMM光を契約しようと思っても、キャッシュバックキャンペーンに疑問を抱くと申し込むのをためらいますよね。そんな人のために、DMM光のキャッシュバックキャンペーンに関する疑問への答えをまとめました。

 

①新規と乗り換えでキャッシュバック内容は違うのか

DMM光のキャンペーンやキャッシュバックの内容は、新規と乗り換えのどちらで契約しても変わりません。ただ、フレッツ光の転用で契約する場合、受け取れるキャッシュバックは5,000円に下がります。

 

なお、フレッツ光から転用する場合はそもそも工事をする必要がないので、キャンペーンを適用しなくても工事費が0円です。

 

②戸建てとマンションでキャッシュバックの内容は違うのか

戸建てとマンションのどちらに住んでいても、DMM光を申し込んで受けられるキャッシュバックの内容は同じです。

 

厳密には、工事費無料キャンペーンによる還元額が違いますが(戸建てとマンションで工事費が違うからです)、どちらに住んでいても費用が0円になるので気にする必要はありません。

 

③家電量販店のキャッシュバックはネット申し込みと比べてお得なのか

DMM光を取り扱う家電量販店はほとんど見かけないので、契約先の選択肢は公式サイトと価格.comになります。

 

ちなみに、家電量販店で他社のインターネット回線を契約すると、数万円ほどのキャッシュバックや家電製品のプレゼントといった特典が受けられます。同時に購入する家電製品の値段を安くしてくれる店舗も存在します。

 

しかし、家電量販店では不要なオプションに加入させられる恐れがあるので、リスクを避けてキャッシュバックをもらいたい人にはおすすめできません。DMM光に限らず、インターネット回線を契約してキャッシュバックをもらうならネットでの申し込みがおすすめです。

 

④西日本と東日本でキャッシュバックは違うのか

DMM光は西日本と東日本のどちらも同じ会社が運営しているので、どこに住んでいても受けられるキャッシュバックの内容は同じです。つまり、どこに住んでいても、工事費無料キャンペーンと最大15,000円キャッシュバックが適用されるわけです。

 

よりお得にキャッシュバックをもらいたいのなら、どこに住んでいても他社の光回線サービスも検討してみましょう。他社の光回線を検討すれば、よりお得なキャッシュバックを用意しているサービスが見つかります。

 

⑤キャッシュバックはいつまで続くのか

DMM光の工事費無料とキャッシュバックキャンペーンの実施期間が4月30日までされています。ただ、終了してもすぐに新しいキャンペーンが始まるので、実施期間は実質ないと考えていいでしょう。

 

価格.comのキャッシュキャンペーンには実施期間がありますが、終了してもすぐに似たキャンペーンが始まるので、実質的に期限はないと思って問題ありません。

 

⑥申請を忘れて期限が切れるとキャッシュバックはもらえないのか

DMM光を申し込む場合、開通してから決められた期間内に手続きをしないとキャッシュバックの権利が無効になります。期限が過ぎてから窓口に連絡しても、キャッシュバックをもらう権利は復活しません。

 

なので、申請手続きを忘れないか不安な人は、他社の回線を検討してみましょう。代理店で他社の回線を申し込めば開通した後に申請手続きをする必要がなくなるので、確実にキャッシュバックを受けられます。

 

⑦キャッシュバックが届かないのはなぜか

キャッシュバックが届かない原因は、以下のどちらかだと考えられます。

 

・提供事業社側に手違いがある

・申請手続きの内容に誤りがある

 

なので、キャッシュバックが届かない場合は、すぐDMM光の窓口に連絡してみましょう。

 

確実にキャッシュバックを受け取りたいのであれば、評判が良い代理店で他社の回線を申し込みましょう。

 

ただ、評価が高い代理店で他社の回線を申し込んでも、自分が間違った口座番号を伝えてしまう恐れもあります。口座番号を伝えるときは注意してください。

 

DMM光と他社のキャッシュバックを比較

DMM光はキャンペーンの内容が薄いので、お得にキャッシュバックをもらうなら他の光回線サービスも検討するべきです。他の光回線サービスを申し込めば、DMM光よりも高額なキャッシュバックが受けられるからです。

 

下記の表にDMM光の他社回線のキャッシュバックキャンペーンの内容をまとめたので、見比べてみましょう。

 

「他社回線のキャッシュバックキャンペーン内容との比較表」

回線名公式代理店
DMM光・工事費無料

・15,000円キャッシュバック

15,000円キャッシュバック(公式キャッシュバックとの併用不可)
NURO光工事費実質無料・ネット+光電話:35,000円キャッシュバック

・ネットのみ:30,000円キャッシュバック

・ゲーム機プレゼントコースもあり

auひかり・auひかりスタートサポートで他社の違約金をキャッシュバック負担

・工事費実質無料※1

以下のどれかを選択できる。

・最大50,000円キャッシュバック

・最大45,000円キャッシュバック+無線ルーター

・その他、キャッシュバック+家電製品プレゼントコース有り

※マンションに住んでいる場合、キャッシュバックが5,000円減。

ソフトバンク光・乗り換えなら工事費が無料

・他社の違約金をキャッシュバック負担

以下のどれかを選択できる。

・33,000円キャッシュバック

・28,000円キャッシュバック+無線ルーターコース

・ゲーム機プレゼントコース

ドコモ光・工事費無料

・dポイント10,000pt付与

・最大20,000円キャッシュバック

・無線ルーター無料レンタル

※1:auスマートバリューを適用する場合は対象外。

 

DMM光では工事費無料特典と15,000円キャッシュバックしか受けられません。他の光回線サービスを申し込めば、工事費無料特典と20,000円以上のキャッシュバックが受けられます。

 

さらに、他社の違約金に充てるためのキャッシュバックも受けられる場合があるので、乗り換えで契約する場合でも安心です。

 

DMM光よりもキャッシュバックが高額だと、オプションの加入といった条件がないか不安になりますよね?しかし、ほとんどの他社回線のキャンペーンには、オプション加入などの条件が設けられていません。

 

オプションに加入しないとキャッシュバックが受けられない光回線サービスも存在しますが、オプションの内容は人によっては使い道があるので検討してみる価値はあります。

 

「他社回線のキャンペーン適用条件との比較表」

回線名公式代理店
DMM光なしなし
NURO光なしなし
auひかり【auスタートサポート】

開通後、他社の違約金が記載された明細書(コピー可)を送付

【工事費実質無料】

ひかり電話への加入

なし
ソフトバンク光開通後、他社の違約金が記載された明細書(コピー可)を送付なし
ドコモ光なし【20,000円キャッシュバック】

以下のサービスへの加入

・ひかりTV for docomo

・DAZN for docomo

【18,000円キャッシュバック】

ひかりTV for docomoへの加入

【5,500円キャッシュバック】

なし

 

他社回線を申し込んだ場合のキャッシュバックの受け取り方法や振込時期も、DMM光も条件が良いです。

 

DMM光を申し込むと15,000円のキャッシュバックが受けられますが、開通してから11ヶ月目に申請手続きをしなければいけません。キャッシュバックがもらえるタイミングも約11ヶ月後という欠点があります。

 

他社回線のほとんどは、申請手続きをしなくてもキャッシュバックを受け取れます。キャッシュバックを受け取れるタイミングも長くて半年なので安心です。

 

「他社キャンペーンの申請方法と適用時期の比較表」

回線名公式代理店
DMM光【工事費無料】

自動適用

【15,000円キャッシュバック】

開通してから11ヶ月目に送付される案内メールの指示に従って申請手続きをする。

適用時期は開通してから11ヶ月後が目安。

※案内メールを受信した翌日から14日以内に手続きをしないと特典は無効

開通してから11ヶ月目に送付される案内メールの指示に従って申請手続きをする。

適用時期は開通してから11ヶ月後が目安。

※案内メールを受信した翌日から14日以内に手続きをしないと特典は無効

NURO光自動適用【キャッシュバック】

申し込むときに振り込み先の口座情報を伝える。

受け取りは開通してから2ヶ月後。

【ゲーム機】

開通してから1週間程度で発送される。

auひかり【auスタートサポート】

条件を満たせば自動適用

【工事費実質無料】

自動適用

【代理店提供分のキャッシュバック】

申し込むときに振り込み先の口座情報を伝える。

受け取りは開通してから2ヶ月後。

【プロバイダ提供分キャッシュバック】

開通してから3~4ヶ月後にプロバイダが定めた方法で申請をする。開通してから3ヶ月から4ヶ月後以降にキャッシュバックがもらえる。

【無線ルーター】

開通してから1週間程度で発送される。

ソフトバンク光条件を満たせば自動適用【キャッシュバック】

申し込むときに振り込み先の口座情報を伝える。

受け取りは開通してから2ヶ月後

【無線ルーター・ゲーム機】

開通してから1週間程度で発送される。

ドコモ光自動適用※1①開通月を含む4ヶ月目に送信される指定口座確認のご案内メールを確認する

②メールの指示に従って登録手続きをする

受け取りは開通月を含む5ヶ月目が目安。

※1:あらかじめdポイントクラブの会員登録をしておく必要がある。

 

一部の他社回線では申請手続きが必要ですが、開通してから3~4ヶ月後に手続きを行えるので申請を忘れる確率をぐんと減らせます。

 

DMM光のキャッシュバックがお得ではない理由

DMM光のキャッシュバックがお得ではない要因は、取り扱い代理店がほとんどないところが大きいです。

 

①DMM光を取り扱う代理店がほとんどない

DMM光のキャッシュバックがお得ではない理由は、取り扱い代理店がないところにあります。

 

インターネット回線を契約して高額キャッシュバックをもらいには、代理店で申し込んで特典の厚みを増すのが基本です。代理店で申し込めば、公式よりも高額のキャッシュバックがもらえるからです。

 

しかし、DMM光を取り扱っている代理店はほとんどなく、公式の工事費無料特典と15,000円キャッシュバックしか受けられません。他の光回線サービスを代理店で申し込めば工事費無料特典と20,000円以上のキャッシュバックがもらえるのを考えると、DMM光のキャンペーンは劣った感があります。

 

DMM光を取り扱う代理店がない理由は、以下のどちらかだと考えられます。

 

・DMMが代理店への委託をしたがらない

・代理店側が納得できる条件での取り扱いができない

 

代理店に委託して公式よりも高額のキャッシュバックキャンペーンを実施すると、回線の運営事業者側は代理店へ多額の販売奨励金を支払わなければいけません。

 

DMM光を取り扱う代理店がない原因は、DMMが代理店への販売奨励金の支払いを渋っているか、代理店側が納得できる販売奨励金が支給されないことが考えられます。

 

②スマホとのセット割が乏しい

スマホとのセット割が乏しい点も、DMM光がお得ではない原因の1つです。

 

キャッシュバックが高額な他社の光回線では、対象の携帯会社とのセット割に対応しています。セット割に対応している他社回線は、携帯会社と提携しているから手厚いキャッシュバックキャンペーンを行える節があります。

 

DMM光でも格安SIMのDMM mobileを利用すればセット割が受けられますが、大手の携帯会社とは提携していません。だからなのか、キャッシュバックを捻出できないのかもしれません。

 

キャッシュバックが充実したおすすめの他社回線の契約先

高額なキャッシュバックをもらいたいのなら、DMM光よりも他社の光回線サービスを検討してみましょう。他社の光回線サービスにはあらゆる種類がありますが、選択肢は多くありません。

 

おすすめの他社回線4つ

お得なキャッシュバックをもらえる他社の光回線サービスは、基本的に下記の4つです。

 

・NURO光

・auひかり

・ソフトバンク光

・ドコモ光

 

上記の光回線サービスを申し込めば、20,000円以上のキャッシュバックがもらえます。15,000円までのキャッシュバックしかもらえないDMM光と比べてお得なのは明白ですよね。

 

工事費無料特典も受けられるので、初期費用を心配する必要もありません。対象の携帯会社でスマホを利用していれば、セット割引も受けられます。

 

NURO光とソフトバンク光ではソフトバンクのスマホ代が安くなるおうち割セットが、auひかりではauのスマホ代が安くなるauスマートバリューが受けられます。ドコモ光では光セット割を受けてドコモのスマホ代を安くできます。

 

割引金額は高く、スマホ1台あたりの利用料金が500円以上安くなり、ソフトバンクとauユーザーなら最大10人まで割引が受けられるので無視できません。

 

ちなみに、auひかりは提供エリアに限りがあるので、地域によっては申し込めない場合があります。auひかりを申し込めない場合は、ビッグローブ光を検討してみましょう。ビッグローブ光はKDDIと提携しているサービスなのでauスマートバリューを適用でき、代理店で申し込めば高額キャッシュバックが受けられます。

 

おすすめの他社回線の契約先

他社の回線を契約するのなら、公式サイトより高額キャッシュバックがもらえる代理店での申し込みがおすすめです。しかし、どの代理店で申し込めばいいかわからないですよね。

 

そんな人のために、他社の回線を契約するときに選ぶべき代理店を下記の表にまとめました。

 

「他社回線のおすすめの契約先一覧」

回線名おすすめの契約先
NURO光株式会社アウンカンパニー
auひかり株式会社NEXT
ソフトバンク光株式会社NEXT
ドコモ光GMOとくとくBB
ビッグローブ光株式会社NEXT

 

選ぶべき代理店は契約する回線の種類ごとに違います。上記の表の通りに代理店を選べば、高額なキャッシュバックを受けられます。キャッシュバックの受け取り方法もシンプルなので、特典の権利を失いリスクも軽減できます。

 

まとめ

DMM光は規模が大きい企業が運営する回線ですが、他社と比べてキャッシュバックの金額が低めです。取り扱っている代理店もほとんどないので、お得に申し込めるサービスとはいえません。

 

なので、高額なキャッシュバックをもらいたいのなら、下記の他社回線を検討してみましょう。

 

・NURO光

・auひかり

・ソフトバンク光

・ドコモ光

 

上記の回線を申し込めば、DMM光よりも高額なキャッシュバックがもらえます。工事費無料特典も受けられるので、初期費用もかかりません。さらに、携帯会社にあわせて種類を選べばセット割を適用でき、毎月支払う費用まで安くできます。