光回線のおすすめ4選

ビッグローブ光のIPv6オプションとは?速度は遅い?IPv6オプションライトとの違いまで全て解説!

ビッグローブ光の公式サイトにはIPv6オプションが使えると記載されていますが、どんな機能なのかわからない人が多いのではないでしょうか?

 

IPv6オプションは新しい通信プロトコルを普及させるために展開されているサービスですが、通信速度を安定させられるツールでもあります。通信速度に不満を感じている人がIPv6オプションの仕組みを見れば使ってみないと感じるでしょう。

 

ここではビッグローブ光のIPv6オプションについて詳しく解説していきます。ここでの解説を読むと以下のことがわかります。

 

  • IPv6オプションを使った場合の通信速度
  • IPv6オプションのメリットとデメリット
  • IPv6オプションを使う方法
  • IPv6オプションに対応しているルーター

 

ビッグローブ光のIPv6オプションを使おうか迷っている人はぜひご覧ください。

ビッグローブ光のIPv6オプションとは

ビッグローブ光のIPv6オプションとは名前の通りIPv6が利用できるサービスですが、通信速度を安定させられる機能でもあります。

 

IPv6オプションではIPv6とIPv4が利用できる

IPv6オプションとはIPv6でインターネットに接続できる機能です。ビッグローブ光がIPv6オプションを提供した理由はIPv4のIPアドレス不足問題にあります。

 

以前はインターネット通信のプロトコルはIPv4しかありませんでしたが、発行できるIPアドレスの数に約43億個までの限りがあり、2011年11月31日の時点で(アメリカの国政調査局の推測だと2012年3月12日頃)では世界の人口が70億人に達したことで不足が問題視されるようになりました。

 

IPv6オプションはIPアドレスの不足問題を解消するために展開されているIPv6が利用できる機能です。IPv6で発行できるIPアドレスは約340澗個と膨大なので、ユーザーに浸透すれば不足問題を解決できます。

 

IPv6オプションはIPv4のIPアドレス不足を解消するために展開されたサービスというわけです。

 

IPv6オプションならIPoE接続で通信速度が安定する

IPv6オプションではIPv6が利用できるうえに、以下2つの機能も使えるようになっています。

 

  • IPoE接続
  • IPv6 IPoE +IPv4

 

IPoE接続は名前の通りIPoE方式でインターネットに接続できる機能です。IPoEはプロバイダを通らずにインターネットに接続する方式なので、時間帯に関係なく通信速度が安定する利点があります。

 

IPv4ではプロバイダを通るPPPoE方式が用いられているので、利用者が増える夜に通信速度が安定しないデメリットがありました。IPv4の通信速度に不満を感じてIPv6を使いはじめる人は少なくありません。

ビッグローブ光のIPv6オプションではIPv6だけでなくIPv4を使うときもIPoE方式で接続できます。

 

IPv6ではIPv4だけ用いているサイトやゲームにアクセスできないので、IPv6未対応のサイトやゲームを利用するときに通信速度の低下が懸念されたりします。ビッグローブ光のIPv6オプションならどちらのプロトコルを用いたサイトにアクセスしても通信速度が安定します。

 

ビッグローブ光のIPv6オプションの速度

通信速度を安定させたくてIPv6オプションの申し込みやビッグローブ光の契約を考えている人は多いのではないでしょうか?ビッグローブ光のIPv6オプションは利用者からの評判が良く、口コミを見れば機能の良さがわかります。

 

1Gbpsプランなら100Mbps以上

ビッグローブ光の1Gbpsプランを契約した場合、IPv6オプションを使うと実効速度が100Mbps以上になり抜群の使い心地を実感できます。

 

 

200Mbps近くの測定値が出るのも夢ではありません。

 

 

100Mbps以上の実効速度が出ればウェブサイトの閲覧から動画の視聴まで思いのままなので、通信速度を改善したい人がビッグローブ光のIPv6オプションを使う価値は大いにあります。

 

マンションの100Mbpsプランでの評判も良い

マンションに住んでいて配線方式がVDSLだと最大速度が100Mbpsになるうえに、同じ物件のなかで利用者が増えると通信速度が起きるからIPv6オプションを使っても期待ができないと思いますよね?

 

自宅の配信方式がVDSLだとしても、IPv6オプションを使えば通信速度が安定するので心配無用です。ビッグローブ光のVDSL方式を契約してIPv6オプションを使って通信速度が向上した口コミがあるからです。

 

 

配線方式がVDSLでもIPv6オプションを使うと実効速度が向上して70Mbps以上の測定値が出ます。良いときだと90Mbpsの測定値が出るので、マンションに住んでいてもIPv6は便利なツールになります。

 

Ping値も低いからオンラインゲームも快適

ビッグローブ光のIPv6オプションを使えばPing値も1ケタになり、快適にオンラインゲームの通信プレイもできるようになります。


ビッグローブ光のIPv6オプションはオンラインゲームを快適にプレイするツールとしても活用できますね。

 

IPv6オプションのメリットとデメリット

ビッグローブ光のIPv6オプションには回線の機能性が抜群になるメリットがあるので、契約して不満を感じる可能性は低いです。対応の通信機器が必要な条件はありますが、簡単にハードルをクリアできるので大きな問題にはなりません。

 

IPオプションのメリット3つ

ビッグローブ光のIPv6オプションには以下3つのメリットがあります。

 

  • 通信速度が安定する
  • どのサイトやゲームにアクセスしても速度が低下しない
  • 簡単に設定ができる

 

上記のメリットを受けると家のネット環境が快適になります。

 

通信速度が安定する

IPv6オプションの最大のメリットは通信速度の安定性が高まる点です。IPv6オプションではプロバイダを通らないIPoE方式が使えるので、朝昼晩に関係なく通信速度が低下せず快適にインターネットを利用できます。

 

どのサイトやゲームにアクセスしても速度が低下しない

他のプロバイダが提供するIPv6サービスのなかにはIPv4ではPPPoE方式でしか接続できないものがあります。IPv4での接続方式がPPPoEになると、IPv6に対応していないサイトやゲームにアクセスしたときの通信速度が遅くなる恐れがあります。

 

ビッグローブ光のIPv6オプションならIPv4でもIPoE接続ができるので、IPv6とIPv4のどちらに対応したサイトやゲームにアクセスしても通信速度が安定します。

 

簡単に設定ができる

IPv6オプションを使いたくても設定が面倒ではないか不安になりますよね?IPv6オプションは対応のルーターを設置するだけで使えるので、面倒な設定は不要です。

 

IPv6オプションのデメリット

IPv6オプションの唯一のデメリットは対応のルーターとデバイスが必要な点です。

 

IPv6オプションではIPv6とIPv4を併用するので、IPv6を利用できるルーターやデバイスがなければいけません。ルーターやデバイスがIPv6に未対応だとIPoE方式での接続ができないので、IPv6オプションを契約しても効果が得られません。

 

とはいえ、対応ルーターは簡単かつ安価に手に入るうえに、ここ数年の間に発売されているほとんどのスマホやパソコンはIPv6に対応しているので大きな問題ではありません。

 

IPv6オプションとIPv6オプションライトの違い

ビッグローブ光にはIPv6オプションとIPv6オプションライトの2つがありますが、断然IPv6オプションがオススメです。IPv6オプションとIPv6オプションライトではIPv4を使うときの接続方式が違うからです。

 

IPv6オプションではIPv6とIPv4のどちらを使うときもIPoE方式でインターネットに接続できるので、どのサイトやゲームにアクセスするときも通信速度が安定します。

 

どちらを選んでも利用料金はかからないので、どんなサイトやゲームを利用するときも通信速度を安定させたいのならIPv6オプションを契約しましょう。

 

ビッグローブ光のIPv6オプションの申し込み方法

IPv6オプションの申し込み方法は今からビッグローブ光を契約するか、すでにビッグローブ光を契約するかで変わってきます。状況別にIPv6オプションを使う方法をご紹介します。

 

これからビッグローブ光を契約する場合

これから新規でビッグローブ光を契約する場合、以下の順番に手続きをすればIPv6オプションが利用できるようになります。

 

  • ビッグローブ光の契約を申し込む
  • 工事をしてもらう
  • 対応ルーターを設置する

 

ビッグローブ光ではIPv6オプションが標準で提供されていますが、念のために契約手続きをするときに利用の申し込みが必要なのか確認してください。

 

フレッツ光からの転用でビッグローブ光を契約する場合、以下の手順で手続きをします。

 

  • 転用承諾番号を発行する
  • ビッグローブ光の契約を申し込む
  • 局舎工事をしてもらう(宅内工事は行われないので立ち会い不要)
  • 対応ルーターを設置する

 

フレッツ光からの転用でビッグローブ光へ乗り換える場合は、最初に転用承諾番号を発行してください。転用承諾番号を発行せずにビッグローブ光を契約すると新規扱いになり宅内工事が行われてしまいます。転用承諾番号は以下の窓口で発行できます。

 

転用承諾番号発行窓口
エリア東日本西日本
電話0120-140202

受付時間: 午前9時~午後5時

0120-553-104

受付時間:午前9時~午後5時

Webhttps://flets.com/app4/input/index/https://flets-w.com/collabo/

 

発行した転用承諾番号はビッグローブ光を契約するときに必要なのでメモなどに控えておきましょう。フレッツ光からビッグローブ光に乗り換える場合は宅内工事が行われませんが、新規と同様にIPv6を利用するには申し込みが必要なのか確認してください。

 

すでにビッグローブ光を契約している場合

すでにビッグローブ光を契約している場合、サポート窓口に電話してIPv6オプションを使うのに申し込みが必要なのか確認してください。

 

BIGLOBEカスタマーサポートインフォメーションデスク
0120-86-0962

受付時間:9時~18時

 

IPv6オプションを利用するのに申し込みが必要なのかは、いつビッグローブ光を契約したかで変わります。

 

申し込みが必要であれば対応ルーターを設置するだけでIPv6オプションが使えるようになります。申し込みが必要な場合、手続きをしてから数日後にIPv6オプションを契約してから対応ルーターを設置してください。

 

IPv6オプションの対応機器・ルーター

IPv6オプションを利用するには対応ルーターを使わなければいけません。IPv6オプションではIPv6とIPv4を併用するため、IPv6機能が備わったルーターが必要だからです。IPv4しか利用できないルーターを設置している場合、IPv6オプションを契約してもIPv4しか利用できず、PPPoE方式での接続になるので効果が出ません。

 

対応ルーターはレンタルより購入がオススメ

対応ルーターはビッグローブ光から有料でレンタルできますが、市販品を買うのがオススメです。市販のルーターは意外と安く売られていて、レンタルするよりも負担するコストがおトクだからです。

 

ビッグローブ光ではルーターのレンタル料金が1年間無料となっていますが、2年目以降は月額500円かかるので、2年目以降から1年間レンタルすると1年間に5,000円を負担しなければいけません。

 

市販のルーターは5,000円ほどからの値段で買えるので、レンタルするよりもおトクです。

 

オススメのIPv6オプション対応ルーター3つ

市販のルーターにはさまざまな機種があるのでどれを選べばいいか迷いますよね。迷ったときは選択肢を下記の3つに絞るといいでしょう。

 

  • NECのWG1200HP3
  • ELECOMのWRC-1750GSV
  • BuffaloのWXR-2533DHP2

 

上記の3機種は高性能ルーターなので、IPv6オプションの性能をフルに活かせます。無線LAN機能が備わっているので、Wi-Fi環境を作りたい人にもオススメです。

 

ビッグローブからの信頼が厚いNECのWG1200HP3

もっともオススメしやすいIPv6オプション対応ルーターはNEC製のWG1200HP3です。WG1200HP3は5,979円で販売されているので購入しやすく、最大速度が867Mbpsと性能も文句なしです。

 

同時接続台数も15台までとなっていて、家族で使いたい場合でも安心です。WG1200HP3はビッグローブ光が有料でレンタルしている機種なので、IPv6オプションで使うには打って付けのルーターといえるでしょう。

 

コスパが良いELECOMのWRC-1750GSV

 

コストパフォーマンスが良いルーターが欲しい人にはELECOM製のWRC-1750GSVがオススメです。

 

WRC-1750GSVの販売価格は5,403円と安いにもかかわらず、最大速度が1300Mbpsなので性能も抜群です。3階建ての戸建てや4LDKのマンションでもWi-Fiが行き届かせられるルーターなので、広い住居でWi-Fi環境を作りたい人にも向いています。

 

高性能ルーターが欲しい人向けのBuffaloのWXR-2533DHP2

 

より高性能なルーターが欲しいのであれば、BuffaloのWXR-2533DHP2を検討してみましょう。

 

WXR-2533DHP2の販売価格は15,497円と高めですが、最大速度が1733MbpsなのでIPv6オプションの良さを最大限発揮できます。可動式アンテナが装備されているので、広い住居でも強いWi-Fiを飛ばせます。