光回線のおすすめ4選

auひかりの引越し時の手続きガイド!解約はお得か工事費用/キャンペーンを踏まえ解説!

auひかりを契約しているなかで引越しの予定が入ると、どのような方法で対処すればいいのか困りますよね。

 

引越し先がauひかりの提供エリア内であれば、解約をせずに契約を続けられます。引越し先がauひかりの提供エリア外だとしても、費用を軽減して他社回線に乗り換える方法があるので安心してください。

 

ここではauひかりの契約中に引越しをする際の手続き方法を解説していきます。引越しを控えているauひかりユーザーの人は、ぜひご覧ください。

目次

auひかりの引越し時の契約の扱い

auひかりを利用している場合、引越し先が提供エリア内であれば解約する必要がなくなります。auひかりでは移転手続きをすれば契約を継続できるからです。

 

auひかりは移転に対応している

引越し先がauひかりの提供エリア内であれば、移転手続きをして契約を維持できます。移転手続きをすれば解約扱いにはならないので、違約金や回線の撤去費用が請求されません。他の費用も基本的にはかからないので、引越し先が提供エリアならauひかりの契約を続けるのが無難です。

 

移転手続きをする場合の費用

移転を申し込むと引越し先で回線の導入工事が行われるので、戸建てで37,500円、マンションで30,000円の費用がかかります。工事費は高額ですが、分割で支払えるうえに月額料金に割引が入り実質無料になるので、気にする必要はありません。

 

なお退去する家で行われる撤去工事の費用は無料です。

 

引越し後も工事費の分割支払いは継続できる

契約した際の工事費を分割で支払っている途中だと、移転を申し込んで残債を一括で請求されないか不安になりますよね。So-net光では移転手続きをしても工事費の分割支払いを続けられるので安心です。

 

auひかりは引越し時に解約するべきか

引越しをするときにauひかりを解約するべきなのかは、提供エリアに左右されます。可能であればauひかりを使い続けるのが理想です。

 

引越し先が提供エリア内なら契約を継続するべき

引越し先がauひかりの提供エリア内であれば、移転手続きをして契約を維持するべきです。auひかりはあらゆる光回線のなかでも品質が高いからです。auスマートバリューを適用していれば他の回線よりも利用料金を安くできるので、他社に乗り換えるメリットはさほどありません。

 

auひかりを再契約するべきなのかは状況による

「auひかりを再契約してキャッシュバックをもらったほうがお得なのでは?」と考える人もいるのではないでしょうか?

 

auひかりを取り扱う代理店は38,000円以上のキャッシュバックを用意しています。しかし、同じ名義で再契約すると特典が適用されない恐れがあるので、一概におすすめできるわけではありません。

 

またauひかりを解約する費用も高額なので、わざわざ再契約してキャッシュバックをもらっても実質の還元額がお得ではないデメリットもあります。

 

auひかりを解約すると、更新月ではない限り7,000円から15,000円の違約金が請求されます。2018年3月以降に契約している場合、28,800円もの撤去工事費もかかります。工事費を分割で支払っている途中だと、残債も一括で精算しなければいけません。

 

なので引越しを機に再契約したいと考えている人は、下記の項目に該当しているか確認してください。

 

・解約費用がキャッシュバックより高くならないか

・家族の名義で再契約できるのか

 

上記のどちらの項目もクリアしていないと、再契約する意味はありません。クリアしているのであれば、代理店を経由して再契約するといいでしょう。

 

引越し先が提供エリア外だったときにおすすめの他社回線

引越し先がauひかりの提供エリア外の場合、解約して他の光回線へ乗り換えなければいけません。

 

auひかりを解約すると違約金をはじめとした高額な費用が発生する恐れがあるので、引越し先が提供エリア外で契約を維持できないのは嫌だと思いますよね。しかし、キャンペーンを実施している他社回線に乗り換えれば、auひかりの解約費用を削減できます。

 

auひかりから乗り換える際におすすめできる他社回線は下記の3種類です。

 

・ビッグローブ光

・So-net光

・nifty光

 

上記3つの光回線サービスを申し込めば、高額キャッシュバックをもらってauひかりの解約費用による負担を軽減できます。

 

さらに、auスマートバリューにも対応しているので、auひかりでセット割を受けているauユーザーに人にもおすすめです。

 

auひかりの引越し時の流れ

移転を申し込んでauひかりの契約を継続する場合は、以下の流れで手続きを行います。

 

①窓口で移転を申し込む

②退去する家で回線の撤去工事をしてもらう

③引越し先で回線の導入工事をしてもらう

④引越し前に利用していたレンタル機器を返却する

 

上記の流れを把握しておけばスムーズに移転手続きを進められますが、申し込むタイミングがレンタル機器の返却に注意が必要です。

 

①窓口で移転を申し込む

移転手続きをしてauひかりの契約を維持するのであれば、最初に移転の申し込みをしてください。

 

移転を申し込む際は、当日か1週間以内に退去する家で行う撤去工事と引越し先で行う導入工事の日程を決めます。

 

撤去工事と導入工事は申し込みをしてから最短で2週間後に行ってくれますが、予約が混雑していると1ヶ月ほど待たされる恐れがあります。引越しシーズンの1月から5月に申し込むと1ヶ月以上待たされる可能性もあるので、移転手続きをする場合は早めに申し込んでおきましょう。

 

②退去する家で回線の撤去工事をしてもらう

移転の申し込みが完了したあとは、指定した日付に退去する家で撤去工事をしてもらいます。撤去工事が行われるときは契約者か家族の立ち会いが必要ですが、1時間ほどで終わります。

 

なお、レンタルしているホームゲートウェイや無線LANルーターは、契約者が引越し先へ持って行ってから返却します。返却方法は後ほど説明します。

 

③引越し先で回線の導入工事をしてもらう

回線の撤去工事が終われば、あとは引越し先で導入工事をしてもらうだけです。導入工事でも契約者か家族が立ち会う必要がありますが、戸建てでは40分から1時間半、マンションでは30分ほどで終わります。

 

導入工事の内容は契約した当時と同じですが、念のためにおさらいしておきましょう。戸建てに住んでいる場合、電柱から自宅へ光ファイバーが引き込まれ、新しいホームゲートウェイや無線LANルーターなどが設置されます。

auひかりの対応マンションではあらかじめ光ファイバーが引き込み済みなので、宅内で壁のなかから通信ケーブルを引き込んで光コンセントを設置するだけで終わります。ただ、一部のマンションでは戸建てと同じ形式で工事を行う場合があります。

 

引越し先での導入工事が終われば、移転の手続きは完了です。

 

④引越し前に利用していたレンタル機器を返却する

移転手続きが完了したあとは、前の家で利用していたONUや無線ルーターといったレンタル機器を返却してください。

 

移転手続きが完了すると、KDDIからレンタル機器を返却するために利用する着払い伝票が送付されます。伝票が送られてきたのを確認すれば、伝票のチェック表をもとに返却するレンタル機器を用意してください。レンタル機器を用意できれば、あとは箱に梱包して発送するだけです。

なお、梱包するときは、契約するときにレンタル機器が入っていた箱を利用するといいでしょう。自分で箱を用意しても大丈夫です。

撤去工事は必要と考えるべき

2018年3月以降にauひかりを契約する場合、引越しをするときは撤去工事が必ず入ります。2018年3月以降に契約した人には、移転や解約するときの回線撤去が義務付けられているからです。といっても、移転手続きをする場合は費用なしで撤去工事が行われるので、問題はありません。

 

2018年3月より以前にauひかりを契約している場合、状況によって撤去工事が入らない可能性があります。しかし、可能性は低いので、基本的に移転をするときは撤去工事が入ると考えておきましょう。

 

他社へ乗り換える場合も流れは同じ

引越しを機に他社へ乗り換える場合も、基本的な流れは同じです。ただ、最初にほぼ同時

でauひかりの解約と他社回線の申し込みをしておきましょう。そして、引越し日までauひかりの撤去工事を、引越し日の当日以降に導入工事をしてもらえるようにしてください。

 

auひかりの引越し時の手続き方法

auひかりの契約者が引越しする際に行う手続きの方法は、移転をするか他社へ乗り換えるかで少し違います。しかし、基本的な流れは同じです。

 

移転手続きをする場合

移転を申し込んでauひかりの契約を継続するのであれば、以下の流れで手続きを進めます。

 

①窓口で移転を申し込む

②退去する家で回線の撤去工事をしてもらう

③引越し先で回線の導入工事をしてもらう

④引越しする前に利用していたレンタル機器を返却する

 

移転手続きをする際に連絡する窓口は、利用しているプロバイダごとに異なるので下記の表を参照してください。なお、au one netを利用している場合は、オンラインやauショップでの移転申し込みが可能です。

 

「auひかり プロバイダ別の電話窓口一覧」

プロバイダ電話窓口
番号受付時間
@nifty一般:0570-03-2210

携帯・IP電話:03-5860-7600

10時~19時
@TCOM0120-805633平日:10時~20時

土日祝:10時~18時

AsahiNet一般:0120-577-108

携帯・IP電話:03-6631-0856

10時~17時(平日のみ)
au one netau携帯電話:157

その他の電話から: 0077-7-111

9時~20時
BIGLOBE一般・携帯:0120-86-0962

IP電話:03-6385-0962

9時~18時
DTI一般:0120-830-501

携帯:03-5749-8091

10時~17時(平日のみ)
So-net一般・携帯:0120-80-7761

IP電話:0503-383-1414

9時~18時(1月1日、2日、メンテナンス日を除く)

 

移転を申し込むときは、auひかりを契約した当時に送られてきた書類を手もとに置いておきましょう。オンラインで移転を申し込める場合、契約書類に記載されたIDなどが必要だからです。

 

電話窓口では契約書類がなくても移転を申し込めますが、IDがわからないと本人確認に手間取る可能性があります。

 

申し込みができれば、あとは撤去工事と導入工事をしてもらうだけです。ただ、移転手続きが終わったあとに、引っ越す前に利用していたレンタル機器を忘れずに返却してください。レンタル機器を返却しないと弁済金が請求されてしまいます。

 

他社回線に乗り換える場合

引越しを機に他の光回線に乗り換える場合は、以下の流れで手続きをします。

 

①auひかりの解約と乗り換え先回線の契約を申し込む

②auひかりの撤去工事をしてもらう

③引越し先で乗り換え先回線の導入工事をしてもらう

④auひかりのレンタル機器を返却する

 

解約する場合も、最初に契約しているプロバイダの窓口で申し込みます。ほとんどのプロバイダは電話でしか解約を受け付けていません。一部のプロバイダではオンラインでも解約を申し込めますが、基本は電話での手続きと考えてください。

 

解約を申し込むときも、契約したときに送付された書類を置いておきましょう。解約を申し込む際も、契約書類に記載されたIDなどが必要になります。電話窓口で解約を申し込めばIDがなくても解約手続きができますが、本人確認に時間がかかる心積もりをしてください。

 

乗り換え先の回線はオンラインや店舗で契約の申し込みを受け付けていますが、代理店のキャンペーンでの申し込みがおすすめです。代理店のキャンペーンサイトで申し込めばキャッシュバックなどの特典が受けられるので、乗り換える際の費用を大幅に減らせます。

 

auひかりの解約と他社回線の契約を申し込んだあとの流れは、移転手続きをする場合と同じです。

 

auひかりの引越し時の手続きのタイミング

引越しを機に移転や他社へ乗り換える手続きをするときは、早めに申し込みをすませてください。早めに申し込まないと、引越し日までに撤去工事や導入工事が入らないからです。

 

申し込むタイミングの目安は引っ越しの1ヶ月前

移転や他社への乗り換え手続きをする際は、最低でも引越し日の1ヶ月前までに申し込みを済ませてください。撤去工事や導入工事をしてもらう日にちは、申し込んでから2週間以上も先になるからです。

 

予約状況によっては申し込んでから工事が入るまで2週間以上かかる事例は珍しくないので、余裕を持って引越し日の1ヶ月前に手続きを始めておくのが賢明です。

 

引越しシーズンはより早めの申し込みを

引越しをする人が急増する1月から5月は、より早めに申し込みをしておくべきです。引越しシーズンの1月から5月はauひかりに限らず移転や解約、他社への乗り換えの申し込みが殺到して、工事が入るまで1ヶ月以上待たされる危険があるからです。

 

引越し日までに工事が行われないと後処理が面倒になるので、1月から5月に引越しするなら早めに申し込みを済ませて最低でも引越し日に撤去工事をしてもらえる状態にしておきましょう。

 

引越し先がauひかりの提供エリア外だった場合の対処法

auひかりは提供エリアが限られているので、引越し先で利用できない可能性があります。しかし、引越し先でauひかりが利用できなかったとしても、なんとかする方法はあります。

 

引越し先が提供エリア外でも解約すると違約金がかかる

引越し先がauひかりの提供エリア外の場合、解約せざるを得ません。引越し先が提供エリア外という理由で解約する場合でも、更新月でない限り7,000円から15,000円もの違約金が請求されます。

 

工事費を分割で支払っている途中だと残債を一括で精算しなければいけないうえに、2018年3月以降に契約していると28,800円の撤去工事費も支払わなければいけません。つまり、auひかりを解約すると、高額な費用がかかるわけです。

 

やむを得なく解約するのに高額な費用が請求されるなんて納得できないですよね。しかし、他の光回線へ乗り換えるのであれば、解約費用をなくす方法があります。

 

提供エリア外に引っ越すならキャンペーンがお得な他社への乗り換えを

引越し先がauひかりの提供エリア外でやむを得なく解約するのであれば、キャンペーンを実施している他社回線への乗り換えを検討してみましょう。キャンペーンを行っている他社回線へ乗り換えれば、特典をもらってauひかりの解約費用をなくせます。

 

他社回線にはさまざまな種類がありますが、auひかりから乗り換えるのなら下記の3つがおすすめです。

 

・ビッグローブ光

・So-net光

・nifty光

 

代理店で上記の回線を申し込めば、キャッシュバックをもらってauひかりの解約費用を軽減できます。auスマートバリューに対応した回線でもあるので、auひかりでセット割を受けているauユーザーにもおすすめです。

 

auひかりの引越し時の契約に関するよくある疑問

auひかりの移転や他社への乗り換えを検討するときに疑問が浮かぶと、申し込むのをためらいますよね。そんな人のために、auひかりの契約中に引越しする際の手続きへの疑問に対する答えをまとめました。

 

①引越しするときに手続きをするのが遅れたらどうなるのか

引越しをするときに移転や乗り換えの手続きが遅れてしまうと、引越し日までに撤去工事と導入工事をしてもらえない可能性が生じます。

 

導入工事だけが間にあわないのであればインターネットが使えない期間ができるだけなので大きな被害は受けませんが、引越し日までに撤去工事をしてもらえないと後処理が厄介です。撤去工事が行われるときは、基本的に契約者か家族の立ち会いが必須だからです。

 

引越し日までに撤去工事をしてもらえないと、引越しをした後で撤去工事に立ち会うために退去した家に出向かなければいけない場合があります。

 

②引越し後の工事などが遅い場合、回線がない期間はどうすればいいか

引越し日までに移転や乗り換えの手続きが完了しないと、導入工事が入るまでインターネットが使えなくなります。なので、引越しをするときは、当日に導入工事を完了できるように申し込んでください。

 

引越しの当日に導入工事をしてもらえない場合は、スマホのテザリング機能を活用して対処しましょう。スマホのテザリング機能を使えば、自宅に回線がなくてもパソコンやスマホをインターネットに接続できます。

 

しかし、スマホのインターネット回線ではプランごとに利用量の上限が設けられているので、使い過ぎに注意しましょう。

 

③アパート、マンション、戸建てで契約や工事の違いはあるのか

アパートやマンションから戸建て、戸建てからアパートやマンションに引っ越す場合、月額料金が変わる可能性があります。戸建てから戸建て、マンションからマンションに引っ越す場合でも月額料金が変わる場合があります。

 

auひかりの戸建てタイプの月額料金は下記の通りになっています。

 

「auひかりホームV5ギガ・auひかりホームX10ギガ 月額料金」

サービス1年目2年目3年目4年目以降
auひかり ずっとギガ得プラン5,100円5,000円4,900円4,900円
auひかりホームV5ギガ5,100円5,000円4,900円5,400円
auひかりホームX10ギガ5,880円5,780円5,680円6,180円

 

マンションの月額料金は、物件の配線方式や契約戸数によって月額料金が変わります。

 

「auひかりマンションタイプ 月額料金」

契約タイプ月額料金
タイプV16契約以上3,800円
8契約以上4,100円
都市機構デラックス東日本/西日本3,800円
タイプE16契約以上3,400円
8契約以上3,700円
マンション ギガ4,050円
マンションミニ ギガ5,000円
タイプF3,900円

 

要約すると、戸建てからマンションへ引っ越すと月額料金が安く、マンションから戸建てに引っ越すと月額料金が高くなる可能性があります。

 

戸建てから戸建てに引っ越す場合でも、5ギガや10ギガプランに変更すると月額料金が高くなる可能性があります。マンションからマンションに引っ越す場合も、移転先の配線方式や契約戸数次第では月額料金が変わります。

 

なお、アパートやマンションに引っ越す場合、戸建てと同じ形式のサービスしか利用できない場合があるので注意してください。

 

引越し先が戸建てと集合住宅のどちらかであるかは、導入工事の内容も左右します。戸建てでは必ず契約者の立ち会いが必要な工事が行われ、40分から1時間半ほどの時間がかかります。

 

アパートやマンションへ引っ越す場合も、基本的に契約者の立ち会いが必要な工事が行われます。しかし、すでに回線が導入済みの物件では30分以内に工事が終わります。引越し先が回線と宅内設備がある物件であれば、立ち会いが必要な工事は行われません。

 

なお、引越し先が戸建てと集合住宅のどちらであっても、キャンペーンが適用されるので費用は実質無料になります。

 

まとめ

引越し先がauひかりの提供エリアであれば、移転手続きをして契約を維持できます。移転手続きをする際は回線の撤去工事と導入工事が行われますが、費用はかかりません。

 

ただ、auひかりの提供エリアには限りがあるので、引越し先で利用できない可能性もあります。引越し先でauひかりを利用できないのであれば、キャンペーンを実施している他社回線へ乗り換えましょう。

 

移転を申し込んでauひかりの契約を続ける場合は、以下の流れで手続きを進めます。

 

①窓口で移転を申し込む

②退去する家で回線の撤去工事をしてもらう

③引越し先で回線の導入工事をしてもらう

④引越し前に利用していたレンタル機器を返却する

 

 

撤去工事と導入工事は申し込んでから2週間以上も先に行われます。なので、最悪でも引越し日までに撤去工事をしてもらうために、1ヶ月前には申し込みをしておきましょう。引越し日までに撤去工事をしてもらえないと、後々の処理が面倒になります。

 

引越しシーズンの1月から5月は移転や解約の申し込みが殺到するので、より早めに移転や乗り換えの手続きをはじめましょう。